歯に響かないハード・ロック

B00074CBFG.01.LZZZZZZZ.jpg
今朝のBGM・・・ Miles Davis / A Tribute To Jack Johnson

昨日左下親知らずを抜歯。1時間以上診察台上で苦悶。先生に「今年一番の大物」と言われてしまった。さすがに昨日は酒抜き、おかげでこんなに早起きしちまったぜ。

今朝起きたら痛みはそれほどなく、思ったほど頬も腫れていない。調子試しに、何か豪快なドラムス&ギターサウンドを聴いてみよう。でも歯に響くからギャアギャアうるさいヴォーカルは聴きたくないなあ。

というわけで、はい、「ジャック・ジョンソン」です。

このアルバムの主役は、ギターのジョン・枕不倫、もといマクラフリン。天才的かつ変態的なカッティング。御大マイルスの逆鱗に触れぬよう、ソロはあまり弾きまくらず、バッキングに徹しているところがよい。
わたしは彼のマハヴィシュヌ・オーケストラなどを聴くと、「おいおいそんなに弾きまくるなよー!」とつっこみを入れたくなるタイプなので、彼のベストワークはこのアルバムではないかと思っています。

ドラムのビリー・コブハムも同じく、叩きまくらずいい感じ。ベースのファンキーなマイケル・変だー損、もといヘンダーソンは、いつも外れなし。イントロの二人のからみ、尻がムズムズしてきます。うーんロックしてるねえ。

そして御大マイルスのトランペットの一発目が入るところ、わたしはいつもここでイってしまいます。後は心地よい演奏に身をゆだねるだけ。なんともカッコいいロック・アルバム。

ちなみにジャケは、こちらのU.S.盤のほうがカッコいいと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • Kind of Blue/MILES DAVIS

    Excerpt: Kind of BlueMiles Davis by G-Tools [ジャケットの写真をクリックするとリンク先のAmazonで試聴できます。]  ハード・バップ・スタイルで頂点を極め.. Weblog: Rock! ALBUM SELECTION racked: 2005-05-28 16:10
  • Relaxin' with the Miles Davis Quintet/MILES DAVIS

    Excerpt: Relaxin' with the Miles Davis QuintetMILES DAVIS by G-Tools [ジャケットの写真をクリックするとリンク先のAmazonで試聴できます.. Weblog: Rock! ALBUM SELECTION racked: 2005-05-28 16:11