娘二人はスティル・イル

画像
今朝のBGM・・・ The Smiths / The Smiths

娘二人が風邪で熱を出して2日前からダウン。下の娘が幼稚園に入ったばかりのこの時期、免疫のできてない体に色んな菌をもらってくるんだな。夜中に二人が交互に咳き込んでゲロはくので、こちらは酒も飲めないし寝かしてさえもらえやしない。

しかしブログを2日更新しないとストレスのたまる今日この頃、早起きして無理やり書いてます。というわけで、娘二人はまだ病気、スティル・イルということでスミスのファースト。これで勘弁してください!

スミスのアルバムどれか一枚、ということなら迷わずベスト「ザ・スミス・ヒストリー」を選びますが、オリジナルアルバムではこれ。

おだやかにはじまる1曲目から淡々と進んでいきますが、6曲目「スティル・イル」から「ハンド・イン・グローブ」、「ホワット・ディファレンス・ダズ・イット・メイク?」と続く怒涛の展開(アナログでB面部分ね)が凄すぎる。ジョニー・マーのギターも斬れまくってるし、モリッシーの歌も歌詞も、鬼気迫るほど「病的」です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

chikazo
2005年07月14日 00:46
TBありがとう。
chikazoです。
ザ・スミス、かっこいいですよねえ。当時、よく聴きました。
ご紹介されているアルバムも強烈ですね!
確かに6曲目~の並びはすごすぎます!
カナ
2005年07月16日 03:09
>chikazoさんへ
「ザ・ワールド・ウォント・トゥ・リッスン」の、「パニック」「アスク」「ロンドン」の流れは最高ですね。まったく同感です!
2017年07月30日 05:45
I would like to thank you for the efforts you've put in penning this website.
I'm hoping to check out the same high-grade content by you later on as well.

In fact, your creative writing abilities has
encouraged me to get my very own site now ;)
2019年04月06日 00:57
I am sure this article has touched all the internet people, its really really pleasant piece of writing on building up new blog.
2019年04月06日 14:46
I just couldn't depart your website prior to suggesting that I actually loved
the standard information a person provide in your guests?
Is gonna be again often in order to inspect new posts
2019年05月01日 23:58
I am no longer certain the place you are getting your information, but
great topic. I needs to spend a while finding out much
more or figuring out more. Thanks for great information I was looking for this info for my
mission.
2019年05月03日 21:09
You've made some really good points there. I looked on the net to find out more about the issue
and found most individuals will go along with your views on this site.

この記事へのトラックバック

  • 一曲しか知りません モリッシー

    Excerpt: 一曲しか知らないで、ブログの記事にするのもなんですが、、。 友達にもらったCD Weblog: 東方見聞人 racked: 2005-06-24 06:59
  • 偶然、ザ・スミスを、聴く♪

    Excerpt:  1987年に発売のザ・スミスのアルバム 「ザ・ワールド・ウォント・リッスン」 です。  これが、ザ・スミスとの出逢いのアルバムとなりました。  chikazoが、発売当時、深夜のレン.. Weblog: chikazoのページ racked: 2005-07-14 00:43