プリンスよ、キャンディだけは渡せない。

B0001XTRCI.09.LZZZZZZZ.jpg
今夜のBGM・・・ Prince / Musicology

プリさま、本ブログ初登場である。

わたしにとっての80’sとは、プリンスのニューアルバムをわくわくして待っていた時代、そう言い換えることもできる。

リアルタイムはアルバム「パープル・レイン」の頃から。「ビートに抱かれて」がラジオから流れてきたときの衝撃は、昨日のことのように覚えているし、今でも「ラズベリー・ベレー」を聴くとあのころの甘酸っぱい記憶が蘇ってくる。当時はプリンスの新曲をラジオで初めて聴く、ということが多かったなあ。

「KISS」のちょっとエッチなプロモにドキドキしたり、「サイン・オブ・ザ・タイムス」は、ウォークマンを学校にもっていって、クラスメイトに聴かせまくってたけど、いい迷惑だったろうなあ。

アルバムをさかのぼって、「1999」では「リトル・レッド・コルベット」を聴いて涙し、「戦慄の貴公子」では「ドゥー・ミー・ベイビー」を親兄弟に聴こえないようヘッドホンでこそこそ聴いてた。

実は90年代に入ってからは、プリンス(当時は元プリンス)のニュー・アルバムを買わなくなってしまっていた。しかし、ベックのライブで「デブラ」(プリンスへのオマージュのような曲・「ミッドナイト・ヴァルチャーズ」収録)を聴いてから、再びプリンスモードに突入。90年代のアルバムを揃え直したら、驚くべきことに、低迷していたと思っていたこの時期のアルバムにも、駄作は全く無かったのである。

名前をプリンスに戻して、やや難解な「レインボウ・チルドレン」、「N・E・W・S」を経て、いよいよこの「ミュージコロジー」である。1曲めと2曲目の間、ラジオのチューナーを回すと、プリンスの懐かしいヒット曲が次から次へとカットインしてくる、という演出が。うーん、ここまで吹っ切れたか。
内容的にも、’80のアルバム群のような実験性こそないが、ブラック・ミュージックの王道を歩む大傑作。ここにきてプリンスは、スライやカーティス、スティーヴィーといった偉大な先達と肩を並べ、安定期に入ったのではないのでしょうか。

それにしてもこのアルバム、スリーブの写真を見て2度びっくり。
プリさまの左側でサックスを手に腰掛けている凛々しい女性、わが愛しのキャンディ・ダルファーちゃんではないか!あんたいつからプリンスの女になったんじゃ!
さらにこれまたプリさまの右側で、同じくサックスを手に立つイカツイ用心棒風の男、あんたメイシオ・パーカーではないか!そうか、プリンスはJBになったのだ。ケンシロウがラオウから黒王号を譲り受けたように。(なんのこっちゃ)





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Junk
2005年05月14日 11:31
カナさん、こんにちは。
プリンスの記事、楽しく読ませてもらいました。
プリンスは、それほど好きというわけでもないのでコメントするのもどうか・・・と思いましたが、懐かしくなりコメントさせてもらいました。
自分もリアルタイムで聴いたのは『パープルレイン』の時で、あのちょっと不気味?な「ビートに抱かれて」に衝撃を受けました。
そして自分は「ラズベリー・ベレー」が大好きなんです。あのイントロを聴くと、パッと思い出が浮かび上がり、あの頃にタイムトリップしてしまいます(苦笑)。「キッス」も好きです。
ダラダラとつまらないコメントしてすみません。
またお邪魔させてもらいますね。
失礼しました。
カナ
2005年05月14日 23:19
Junkさん、コメントありがとうございます。
「ラズベリー・べレー」いいですよね!
他のヒット曲と比べても、ブラック色が希薄で、カラフルなプリンス流POPワールド全開、といった感じです。もうこんな曲は2度と作らないと思うので、より思い入れも深いです。プロモーションビデオの印象も、強烈に残ってます。
夜響
2005年05月15日 15:18
プリンス TBさせていただきました。
プログレって聴いただけで逃げ出す輩もおりもうす。もしかしたら”死語”かも・・
「アート・ロック」で攻めてはいかがでしょう。
よかったらそれがしの初めの頃のバック・ナンバーを見て下され、プログレ三昧でござる。
きっと誰も見てはおらんじゃろ・・アハハ
2005年05月18日 00:21
キャンディ・ダルファーは「パーティーマン」以来ですね。彼女、今いくつなんだろう?一緒に来日してくれたりしたら最高なんだが。
TBさせてもらいました。よろしくです。
2005年05月18日 23:11
名盤!さん、こんばんは。
キャンディー・ダルファーは1969年生まれらしいので、思ったより若い?「Sax-a-Go-Go」ジャケ買いして以来のアイドルです。ちなみにこの6月に単独で来日公演があるそうです。行きてー!
海外移住希望
2005年09月02日 19:40
初めまして。
リアルタイムアルバム私も「パープルレイン」からです。私も「When doves cry」のあのイントロの雄たけびを聞いたとき衝撃が走りました。

「KISS」も「リトル・レッド・コルベット」も「ドゥー・ミー・ベイビー」も最高。あ、そういえば昨日3年ぶりぐらいに「POP LIFE」聞きました。今聞いてもかっこいいぜ!
カナ
2005年09月03日 02:16
>海外移住希望さん
はじめまて、こんばんは。
コメント&トラバありがとうございました。
「POP LIFE」もいいですねえ。

英語のダメな洋楽好きにとって、英語が話せる人には憧れてしまいます。35歳から勉強しようと思われるその姿勢が素晴らしいです!見習いたいです。
よろしければまた遊びにいらして下さい。

この記事へのトラックバック

  • Prince

    Excerpt:                                1984年のプリン Weblog: 美響乱 racked: 2005-05-15 15:09
  • プリンス

    Excerpt: 一昨年前くらいから80年代の音楽が少し注目を集めたりしています。一部では、ヒップ・ホップの出現以外は何もなかった暗黒の時代とも言われている80年代、しかし現代38歳の僕にとってこの時代はかけがえのない.. Weblog: 名盤!@WebryBlog racked: 2005-05-18 00:17
  • アマゾンって便利ですね、、

    Excerpt: ブログを初めて、いろいろ本の紹介やCDの紹介をしています。 イメージを出したくて Weblog: 東方見聞人 racked: 2005-05-28 06:44
  • ラズベリー・ベレー/プリンス

    Excerpt: 今日、知り合いの車に同乗させてもらった際に、「気に入ったのがあれば、好きなCD流 Weblog: バックシートに座って racked: 2005-06-28 10:24
  • PRINCEが全く通じない・・・

    Excerpt: 先日の楽しい『EXTRA GEOS』の席で、私の発音の悪さが浮き彫りになりました。特別悪いとは思っていなかったのだけど。同席していたのは4名の、外人さん(people from abroad)カナダの.. Weblog: 35歳から英語勉強して良いかな? racked: 2005-09-02 19:41