UKダブ・ポエット、LKJでクールに踊り、考える。

画像
今夜のBGM・・・ Linton Kwesi Johnson / Bass Culture

わたしにとって、レゲエの世界への扉を開いてくれたのはボブ・マーリーだった。しかし、さらにその奥の「ダブ」という得体の知れない世界に引きずり込まれたのは、もちろんそれ以前に聴いていたクラッシュの「サンディニスタ!」で免疫が付いていたのも大きかったと思うが、決定的には、次の3枚のアルバムが強烈に心に引っかかりを残したからだ。

それが、リー・ペリーの「リターン・オブ・ザ・スーパー・エイプ」、オーガスタ・パブロの「キング・タビー・ミーツ・ロッカーズ・アップタウン」、そしてこのリントン・クウェシ・ジョンソン(以下LKJ)の「バス・カルチャー」の3枚。かってに「ダブ3大名盤」と呼ばせてもらうことにしよう。

その3枚の中でも、英国産のLKJのアルバムは比較的洗練されたダブを聴かせる。(逆にドヨドヨなのがリー・ペリー。)サウンド面で大きく関わっているのが、ポップ・グループの「Y」やスリッツの「Cut」のプロデューサーとしても知られる、デニス・ボーヴェル。ということで、ロックファンにとってはとっつきやすい。プライマル・スクリームのファンは、「ヴァニシング・ポイント」~「エコー・デック」~エイドリアン・シャーウッド~ニューエイジ・ステッパーズとたどっていくと、80年前後のこのUKダブ・シーンに辿り着く。

比較的洗練された~とはいっても、LKJの超低音でつぶやくようなヴォーカルを含めて、渦巻くグルーヴは漆黒そのもの。名古屋弁で言えば、真っ黒けっけだ。彼はまた、詩人でもあり、黒人解放運動家でもある。メッセージも強烈で、歯に絹着せない。曲名が「イングラン・イズ・ア・ビッチ」である。これは在英ジャマイカンにとってのパンク・ミュージックである。その点で、わたしの大好きな米国のファンク・ポエット、ギル・スコット・ヘロンと共通するところも多い。(ギル・スコット・ヘロンのアルバムはそのうち登場させます。)

ラストの曲「トゥー・サイズ・オブ・サイレンス」では、レゲエの肝、ベースまで廃して、フリーなサックスソロと電子音をバックに語る。カッコよすぎる!

きのう、ちょっと脳みそを解放しすぎて、アホになりすぎたと思ったら、今日は反動でちょっと考える音楽が聴きたくなる。その振幅が自分でも結構好きだったりして・・・







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2017年07月31日 11:44
Hello there! I could have sworn I've been to this website before but after
browsing through some of the post I realized it's new to me.
Nonetheless, I'm definitely delighted I found it and I'll be bookmarking and checking back often!
2018年09月22日 15:37
whoah this weblog is wonderful i really like reading your posts.
Stay up the good work! You understand, a lot of persons
are hunting around for this info, you can aid them greatly.
2018年09月24日 03:49
Whats up this is somewhat of off topic but I was wondering if blogs use
WYSIWYG editors or if you have to manually code with HTML.
I'm starting a blog soon but have no coding experience so I wanted to get guidance from someone with experience.
Any help would be greatly appreciated!
2018年10月01日 17:09
Pretty portion of content. I just stumbled upon your weblog and in accession capital to say that I get in fact loved account your weblog posts.
Any way I will be subscribing to your augment and even I success you get admission to persistently rapidly.
2019年04月06日 22:06
I am regular visitor, how are you everybody?

This article posted at this site is truly pleasant.
2019年04月07日 14:34
You could definitely see your expertise in the work you write.

The world hopes for even more passionate writers like you who are not afraid
to say how they believe. At all times go after your heart.
2019年04月08日 00:29
Great blog you've got here.. It's difficult to find high quality writing like yours nowadays.
I really appreciate people like you! Take care!!
2019年04月09日 02:32
This paragraph provides clear idea for the new people of blogging, that
genuinely how to do blogging and site-building.
2019年05月08日 22:41
Aw, this was a really good post. Taking a few minutes and actual effort to create a
top notch article_ but what can I say_ I hesitate a whole lot and don't seem to
get anything done.
2019年05月20日 20:57
Nice post. I learn something totally new and challenging
on websites I stumbleupon everyday. It will always be exciting to
read through articles from other authors and practice a little something from other web sites.
2019年06月10日 20:13
This post presents clear idea for the new visitors of blogging, that
in fact how to do blogging and site-building.

この記事へのトラックバック

  • ジャマイカの思い出と帰ってきたスーパー・エイプ

    Excerpt: 今夜のBGM・・・ Lee ”Scrach” Perry & The Upsetters / Return Of The Super Ape Weblog: 音楽酒場@WebryBlog racked: 2005-05-21 00:05
  • クラッシュ版「ホワイト・アルバム」なんです。

    Excerpt: 今夜のBGM・・・ The Clash  /  Sandinista! Weblog: 音楽酒場@WebryBlog racked: 2005-05-21 00:06
  • レゲエ貴重映像

    Excerpt: DREAD BEAT AN' BLOOD/LINTON KWESI JOHNSON 今、パリでのライブの映像も出ていますが恐らく動く彼が見れるのはそんなにないと思います。しかも若いね! 元々ジャマ.. Weblog: 高橋クリステルのNEWSじゃポン racked: 2006-09-15 00:57