英国ロックの深い森の入り口にたたずんで


今夜のBGM・・・ Fairport Convention / Liege & Lief

フェアポート・コンヴェンションの音楽を聴くと、いつも背筋がピンと伸びる思いがする。CDをながした瞬間、部屋の雰囲気がキリリと引き締まる。たとえ真夏でも、空気は凛として冷たくなる。こんな緊張感が味わいたいときに、わたしはフェアポートのCDによく手を伸ばす。

以前、オンの音楽、オフの音楽というハナシを書いたことがある。ブリティッシュ・トラッド系の音楽というのは、総体的にいってわたしの中では、聴いてまったりするような、オフの音楽、ということになるのだが、フェアポートを聴いてまったりしている暇などない。うかうかしていると、スローなバラッドが突然速くなるし、だいたいリチャード・トンプソンの弾くギターのフレーズがスリリングすぎて耳が離せない。

特に、ヴォーカルのサンディ・デニーが在籍した最後のアルバムになる、この「リージ・アンド・リーフ」に至っては、その凛とした歌声と一分の隙もない完璧な演奏が相まって、緊張感はマックスである。こちらもその緊張を少しでも和らげようと、ついもう一杯スコッチのロックを注ぎ足してしまう、という図式。ホロ酔い状態になって、緊張もほぐれてきた頃、耳に入ってくる彼らの演奏の気持ちよさといったら!夜中に一人で飲むにゃ最高のアルバムだね。

サンディ脱退後の、「フルハウス」もすごいアルバムだが、リチャード・トンプソンの朴訥とした、のほほんヴォーカルのせいで、「リージ・アンド・リーフ」よりもリラックスムードが漂う。(リチャードのソロ・アルバムについてはまた後日取り上げます。)同じブリティッシュ・フォーク・ロックでも、ペンタングルのファーストになると、あまりに演奏のテンションが高すぎて息が詰まってしまうのが難点。凄いんだけどね。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2017年08月19日 22:26
You've made some really good points there. I checked on the internet for more info
about the issue and found most individuals will go along with your views on this
site.
2019年05月07日 05:38
This is my first time visit at here and i am truly
impressed to read everthing at one place.
2019年05月08日 01:23
Greetings! Very useful advice within this article!

It is the little changes that produce the biggest changes.
Thanks for sharing!
2019年05月13日 20:00
Oh my goodness! Incredible article dude! Thanks, However I am encountering difficulties with your RSS.
I don't understand why I am unable to join it. Is there anybody having similar RSS problems?
Anyone who knows the solution can you kindly respond?
Thanks!!
2019年05月17日 11:25
Everyone loves it when people come together and share opinions.
Great site, continue the good work!
2019年06月29日 09:07
I really like what you guys are up too. Such clever work and coverage!
Keep up the fantastic works guys I've included you guys
to blogroll.

この記事へのトラックバック

  • Richard Thompson

    Excerpt: LAシーンから地球を半周してロンドンか Weblog: 美響乱 racked: 2005-06-20 19:30
  • LIEGE & LIEF / FAIRPORT CONVENTION

    Excerpt:   1. カム・オール・イエ   2. レイナーディン   3. マティ・グローヴズ   4. フェアウェル・フェアウェル   5. 逃亡者   6. メドレー:朝のひばり/アイルランドの放.. Weblog: 「英国ロックの深い森」の入り口 racked: 2005-11-29 21:21
  • Fairport Convention

    Excerpt:  ロックの系譜を漁っているとよくフェアポート・コンベンションの名が挙がることがあるが、往々にしてそれはサンディ・デニーに焦点を当てた紹介のされ方が多いので誤解しているちょ Weblog: ロック好きの行き着く先は… racked: 2005-12-01 23:16