グラムでパンクでロックン・ロールなニューヨーク・ドールズ登場!

B000001FMX.09.LZZZZZZZ.jpg
今夜のBGM・・・ NEW YORK DOLLS / NEW YORK DOLLS

最近パンクづいてるなあ。今日は、純粋なパンク・ロックではないけど、「セックス・ピストルズが手本にしたバンド」、ニューヨーク・ドールズの1stアルバムを紹介します。

このニューヨーク・ドールズ、なんとも不思議なバンドであります。
T・レックスやゲイリー・グリッターなんかと一緒に、「グラム・ロック」のくくりに入れられることもあります。まあ、この化粧だから当然ですね。

また、ストーンズから、エアロスミスやキッス、80’sのモトリー・クルーやガンズ&ローゼズなんかにつながるB・ボーイズ系ハード・ロックへの橋渡し的な存在とも言われています。なんつってもこのアルバム、73年ですからね。エアロやキッスはドールズの前座ですよ前座。

さらに、彼らのマネージャーをやっていたマルコム・マクラレンが、後にロンドンに渡ってセックス・ピストルズを売り出す時に、メンバーにドールズのアルバムを聴かせて勉強させたっていうのは結構有名な話です。つまりパンクの元祖でもあるわけですね。

さらにさらに、このアルバムのプロデューサーが、トッド・ラングレンというのもわけがわからない人選。トッドはお得意のモコモコ・ミックス(笑)で、角の無いまーるい音に録ってしまっているので、残念ながらドールズの攻撃性をアルバムに刻み付けるのは失敗しているような気がします。

しかしながら、ここに収められた曲の輝きは現在でもちっとも色褪せていません。「パーソナリティ・クライシス」、「ルッキン・フォー・ア・キス」、「トラッシュ」、「バッド・ガール」、「ピルズ」、「ジェット・ボーイ」・・・・どの曲もすでにロックン・ロールの古典です。

一時期わたしのアイドルだった(今でもですが)、ギターのジョニー・サンダースは、最高にシンプルでカッコいいギターを全編で聴かせてくれます。ジョニーは後年、キース・リチャーズと並んで、弾かずギターの達人(笑)になりますが、このアルバムでは結構真面目に弾いてます。(まあ彼にとってもデビュー作だからあたりまえか。)

実は最初は、ジョニーとドラムのジェリー・ノーランが後に結成した、ハートブレイカーズの大名盤、「L.A.M.F.」を取り上げようと思ってたんですが、途中で気が変わってドールズについて書いてます。そちらについてはまた後日。

また、ヴォーカルのデヴィッド・ヨハンセンは、後に「バスター・ポインデクスター」と名を変えて、ジャズやソウル、カリプソなどを取り入れたエンターテイメント音楽をやってます。また俳優としてもそれなりに活躍している模様。リチャード・ドレイファス主演の「のるかそるか」という競馬映画に出てたのを発見したときは、びっくりしたなあ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2005年08月02日 02:08
カナさん、こんばんわ!
ハートブレイカーズ関連で、今渋谷でリチャードヘルの映画上映してるの知ってますか?「BLANK GENERATION」って題名だったかな?8/19まで上映しています。会場には
存続の危機にあるCBGBサポートするために署名ブースもあるそうです。
カナ
2005年08月03日 03:13
>所長さん
観たい!ですがわたしは愛知県の人間なので、渋谷まで気軽にでかけることはできません。残念。
「CBGB'S and the birth of U.S.PUNK」というコンピレーションを持ってます。ヴェルヴェッツ、ストゥージズ、ドールズ、テレヴィジョン、ラモーンズ、デッド・ケネディーズ・・・最高のコンピです。CBGB、なくしちゃいけませんよね。
チュチュ姫
2006年10月17日 22:13
これがそもそもの始まりだったんですよ、NYパンクさかのぼりの・・・・
2006年10月20日 23:11
>チュチュさん

この有名なジャケ、デヴィッド・ヨハンセンは醜悪だけど。ジョニーとジェリー・ノーランはなかなか美しいと思いません?
チュチュ姫
2006年10月21日 01:51
かなさん、いきなりツボに入れないでくださいよ。ワタクシはですね、普段のええ兄ちゃん風のジェリーを愛しとるのですが、この少女漫画風のジェリーも好きです。でも、いっちゃん最初にこのジャケ見たとき、インパクト強かったのはアーサーだなー。新宿二丁目風で。デビッドJoは、もはや嫌いではないのですが、「おばさん」イメージが強いです。
チュチュ姫
2006年10月29日 21:14
カナさん。
デヴィッドJo の『イン・スタイル』というレコードを聴きましたが、キョーレツでした。TBさせていただきますので、お暇なときに遊びに来てください。
2006年10月31日 01:38
>チュチュさん

ヨハンセンのアルバムは、タイトル忘れましたが、マティーニのグラス持ってニカッて笑ってるジャケのを聴いた事があります。いわゆるキャバレー・ミュージックというか、エンターテイメント・ショーみたいなのを意識してやってたみたいです。後から遊びに行きます。
チュチュ姫
2006年10月31日 02:45
それはデヴィッド・ヨハンセンじゃなくって、すでにバスター・ポインデクスターに変身した後ではありませぬか!?
ミステリー・ガール
2009年04月09日 20:07
(#+_+)ディビッド・ヨハンセンを悪く言うのは止めて。男の趣味が違うってだけでしょ?ディビッドを実際に観た事あるのかな?あんなにかっこいい男を観たのは初めてでしたよ。ミックよりもステキでフェロモン出まくりでしたから。

この記事へのトラックバック