バターフィールド・ブルース・バンドの、もの凄い勢いで炸裂するホワイト・ブルース!!

B000002GZ1.01.LZZZZZZZ.jpg
今夜のBGM・・・ THE PAUL BUTTERFIELD BLUES BAND / THE PAUL BUTTERFIELD BLUES BAND

車に、この「ポール・バターフィールド・ブルース・バンド」のCDを積み込み、サングラスをかける。

エンジンを始動させ、ゆっくりと車を滑り出させる。1曲目、「BORN IN CHICAGO」が流れ始める。映画「ブルース・ブラザーズ2000」のオープニングでかかった、あの曲だ。

一瞬、ここはシカゴなのか?という錯覚に襲われる。

・・・いや、思いっきり名古屋なんですけど。しかも、シカゴ、行ったこともないんですけど・・・



そーんな妄想が浮かんでもしょうがないほど、大好きなアルバム。どんなに、黒人ブルースが好きで、クラプトン?ジミー・ペイジ?ケッ、と言っている様な怖いおじさんでも、このアルバムをスッと差し出せば、黙る。

明らかに、英国産ブルース・ロックとは、ブルースの血肉度合いが違う。島国イギリスで、数少ない輸入盤レコードやラジオでの限られた情報から、遠くアメリカのブルースマン達に思いを馳せていた若き日のクラプトンやストーンズ達。しかし同世代のポール・バターフィールドやマイク・ブルームフィールドは、10代の頃からモノホンの黒人ブルースマンと毎夜のようにガンガンとセッションを繰り広げていたのだ。

もちろん、だからこそ英国のブルース・ロックが独自の多様性をもって発展していったというのが当然あるんだけども・・・。

それにしても、このアルバムの勢いは凄すぎる。ピーター・バラカン氏いわく、「僕の人生を決定的に変えたアルバム」ということなのだそうだが、それまでイギリスのビート・グループを聴いてきた耳にいきなりこの音が飛び込んできたら、そりゃあびっくりするわなあ。

リーダーでヴォーカル&ハープのポール・バターフィールド。彼のリトル・ウォルターばりのアンプリファイドされたブルース・ハープに、マイク・ブルームフィールドが狂ったように弾きまくるリード(時にスライド)・ギターが絡む。名手エルヴィン・ビショップは手堅くリズム・ギターを刻む。リズム隊の2人は黒人コンビ。特にサム・レイのドラムはド迫力で目の前の木々をなぎ倒す勢いで突き進む。

なんせこの勢いはパンク的でもある。ブルース・ベースだからパブ・ロック的か?それにしちゃ上手すぎるけど。Dr.フィールグッドは、彼らのペラペラ・スカスカ・ヴァージョンといえるかも。(フィールグッド、その安酒場的感覚がたまらない魅力ではあります。)

バターフィールド・ブルース・バンド、2枚目の「イースト・ウェスト」では、さらにサイケな感覚も入って、すんごいことになってしまってますが、ピュアなブルース色は後退。必聴盤ではありますが、ロックンロール、パンク、パブ・ロックのファンはまずはファーストを聴くべし!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2005年08月19日 12:43
こんにちは。大阪の新星堂で,セカンド・アルバムを見かけ買いなおそうか思案中です。。。
ロックから聴き始めて,ホワイトブルースも
聴くようになったのですが,そっから先って
足止め状況でした。
マニアな友人がブルーズのテープを15本程度,
送ってくれて,ちょっとだけ本場ブルーズを
聴くようになりました。
カナさんはどういった経緯で,黒人ブルーズを
聴くようになったのですか?


カナ
2005年08月19日 22:52
>NAKAさん
こんばんは~。
わたしが黒人ブルーズ聴くようになったキッカケは月並みですがストーンズとクラプトンですね。
P・ヴァインから出てる「ストーンズ・クラシックス」や「クラプトン・クラシックス」というアルバムに、彼らがカヴァーしてるブルーズのオリジナル音源がズラリと並んでまして、それを買ったのが最初でしょうか。
当然、3大キングはもとよりマディ・ウォーターズ、ハウリン・ウルフ、ジミー・リードにオーティス・ラッシュまで入って、お得なコンピレーションでした。それから徐々にオリジナル盤を買うようになりました。
あと、やっぱりギター好きなので、小出斉さんの「ブルース・ギター~バトル・オブ・ザ・マスターズ」(レコード・コレクターズ増刊)という本が非常に役立ってます。
moonlightdrive
2005年08月20日 00:06
うわーどうしよう、コレすごい聴きたい!今の私の興味、こっち方面へラッシュしまくってるんですよー。で、でも資金には限りがあるしぃ…。しばらく悩みつつ過ごします。でもいずれ買うだろうなあ…。欲しいもの多すぎです、えーん(泣)。
2005年08月20日 06:50
うーん・・・私このバンド全然知らないんですがカナさんのパンク的な勢いという言葉、このジャケからニオイをプンプン感じます。バターフィールド・ブルース・バンドって言う名前もカッコイイし黒人がいることもカッコイイ、なんといってもメンバーの立ち姿が一番カッコイイ!
NAKA > カナさん
2005年08月20日 07:14
なるほどストーンズ,クラプトンを経由し,ギター絡みで聴いて行けば,ブルーズに辿りつけたのですね。ありがとうございます。先月,ロックバーへライブをみにいったところ,大学生二人組みが,「サニー・ボーイ・ウイリアムソンⅠ世」「ビッグ・ビル・ブルンジー」の曲に,日本語をつけて演ってました。面白かったです。彼らのブルーズへの道もカナさんが辿った道なのかな。
カナ
2005年08月21日 00:59
>moonlightdriveさん
おばんどす~
欲しいCDがいっぱいあって、悶々としているのもまた楽しいもんですよね。
わたしは、欲しいCDはノートに付けといて、買ったら消し込む、ということをやっていて、できるだけ衝動買いしないよう、気をつけてます。特に子供が生まれて、我が家で小遣い制が導入されてからはなおさらです(泣)。
でもやっぱり衝動買い、しちゃいますねえ。月末ピンチの時は昼飯代削ってます(泣泣)。
カナ
2005年08月21日 01:10
>所長
こんばんは。
所長さん、とさん付けにすると、二重敬語になってしまうことに気付いたので、今日から所長と呼ばせていただきます。

このいかにも悪そうな立ち姿(笑)、最高です。
メンバーの立ち姿ジャケにはハズレがない、という説もありますが、最近のバンドって、そういうジャケないですよね。
所長のおっしゃるように、エルヴィス・プレスリーもパンク的という考え方でいけば、これも十分パンク的と言っていいと思います。
カナ
2005年08月21日 01:12
>NAKAさん
>大学生二人組みが,「サニー・ボーイ・ウイリアムソンⅠ世」「ビッグ・ビル・ブルンジー」の曲に,日本語をつけて演ってました。

いまだにそんな大学生がいるんですね!さすが関西。
こっちじゃどこ探してもそんなのいませんよー。ゆずとかそんなんばっか。
波野井露楠
2006年02月22日 23:34
こんばんは(^^)。お仕事の方はいかがですか(^^)?今TBさせてもらいました。それから、やっとリンクの貼り方が分かったので、貼らせていただきました(^^;)。これからも、どうぞよろしくお願いします(^^)。
和登さん
2006年02月23日 21:07
なんとか ポール・バターフィールド・ブルース・バンド/ロスト・エレクトラ・セッションズのブログを書きましたので、見てチョ。「ナット・ポッパー#1」、「イット・ハーツ・ミー・ツー」「メロウ・ダウン・イージー」「スプーンフィル」←クリームが演ってたかなあ?「ラヴ・ハー・ウィズ・ア・フィーリング」なんかが 好きですね~。初い初いしいが すでに完成されてるところが ポール・バターフィールド・ブルース・バンドなんですよね(#^.^#)
カナ
2006年02月24日 02:30
>波野井露楠さん

リンクありがとうございます。TB飛ばしましたが何か今日は調子悪く飛ばないのです。しばしお待ちを。
2006年02月24日 02:31
>和登さん

ども。

>初い初いしいが すでに完成されてる
う~ん名言ですね。まさに。
「ロスト・エレクトラ・セッションズ」は持ってないなあ。
波野井露楠
2006年02月24日 02:51
こんばんは(^^)。TB、いったん保留にしてある設定なのですみません(^^;)。今、公開させて頂きました!カナさんもまだ起きているのですか?私もまだ仕事が終わらず寝られないのです(^^;)。頑張ります(^^)!
2006年02月27日 04:37
>波野井露楠さん

毎日遅くまでお疲れ様です。
こちらは1つ大きな山を越えました。
あと1つ無事に終われば、3月9日頃から再開する予定です。すでに色々考えているので、またよろしくお願いしますね!

この記事へのトラックバック

  • THE PAUL BUTTERFIELD BLUES BAND:AN ANTHOLOGY-THE ELEKTRA YEARS

    Excerpt: 60年代半ばのブルース・リヴァイヴァル時 Weblog: 美響乱 racked: 2005-08-19 19:58
  • THE BUTTERFIELD BLUES BAND / East West

    Excerpt: 今日、ふらっと入ったレコード屋でクラプトンの新譜が流れていたけど、「これは、反則技」だと思った。結論から言うと、思わず、買ってしまった。思いっきり70年代してるからです。どの曲も「スローハンド」の中に.. Weblog: 趣味のロックバンド・・・ racked: 2005-09-03 17:43
  • Paul Butterfield Blues Band

    Excerpt:  「ブルースロック」という言葉を聴くとどんなバンドを思い出すだろう?人によって様々なバンド名がアタマの中をよぎるに違いない。自分にとってのブルースロックはと言えばポール・ Weblog: ロック好きの行き着く先は… racked: 2005-11-20 23:42
  • 「最初のブルース・バンド」 THE PAUL BUTTERFIELD BLUES BAND

    Excerpt:  前回のリトル・ウォルターの記事への和登さんからのコメントを読み、ポール・バターフィールド・ブルース・バンドが聴きたくなった。このファーストアルバムとセカンドの「イースト・ウェスト」のどちらを聴こうか.. Weblog: 波野井露楠の徒然日記 ~ROCK&BOOK~ racked: 2006-02-22 23:31