このモミアゲがロックの証!ボズ&デュアン・オールマンの奇跡のデビュー作!

B000002I9D.01.LZZZZZZZ.jpg
今夜のBGM・・・ BOZ SCAGGS / BOZ SCAGGS

2、3日前からリトル・フィートを聴きまくっているので、すっかりスライド・モードに突入しています。

昨日のリトル・フィートに関する記事で、ロック界のスライド・ギター御三家として、まあ元々そんな言葉はないですが(笑)、ライ・クーダーデュアン・オールマンローウェル・ジョージの3人を挙げました。

ライ・クーダーのアルバムでは、先日「チキン・スキン・ミュージック」をとりあげました。(しかし、純粋にライのスライドを存分に味わいたいのなら、サントラですが「パリ・テキサス」をオススメします。)
リトル・フィート&ローウェル・ジョージは、昨日取り上げたばかりなので、しばし保留。

問題はデュアン・オールマンであります。彼が全面的に参加した、デレク&ザ・ドミノスの「レイラ」はすでに取り上げましたが、あれはクラプトン扱い。

オールマン・ブラザーズ・バンドの名盤中の名盤フィルモア・イースト・ライヴでも良いんですが、音楽酒場的には、ちょっとヒネリが無いような気もします。それよりも、面白いアルバムがあるのを思い出したので、そちらをご紹介します。

それが、このボズ・スキャッグス&デュアン・オールマン(1969年)。それまでスティーヴ・ミラー・バンドにいたボズ・スキャッグスの、実質的初ソロ・アルバムです。

ボズといえば、なんといってもシルク・ディグリーズ(1976年)の大成功によって、AORブームの立役者となり、おしゃれでダンディなおじさん、といったイメージが日本ではすっかり定着しましたが、この頃はまだ泥臭さを残したシンガーで、その証が、このジャケットの、モミアゲ姿(笑)。尾崎紀世彦もびっくり。

スティーヴ・ミラー・バンドを辞め、サンフランシスコからアラバマ州の田舎町に降り立ったボズが向かったのは、「マッスル・ショールズ・スタジオ」。当時はまだ、ストーンズなどがここでレコーディングする前で、アレサ・フランクリンやクラレンス・カーターなどのサザン・ソウル系シンガー達が好んで使用していた、知る人ぞ知るスタジオでした。

その当時、マッスル・ショールズでハウス・ギタリストをやっていたのがデュアンでした。このアルバムでも、随所に彼のスライド・プレイが聴けます。しかし、主役はあくまでもボズなので、全体的にバッキングに徹した渋いプレイではあります。

しかし、ただ1曲、「ローン・ミー・ア・ダイム」、この曲においては完全に主役が逆転。12分を越える長尺のブルーズ・ナンバーで、デュアンのノン・スライド!による、ストレートで凄まじいソロが延々と繰り広げられます。バンドとともにジワジワと燃え上がっていき、最後は大炎上!ロックの神様が降りてきたかのような圧巻の演奏です。

演奏だけでなく、内ジャケットでも目立っています。ボズや、マッスル・ショールズのミュージシャン達のポートレイトが並ぶ中、何故かデュアンの写真だけが全裸!なぜ全裸?
さすが、「ナチュラル・ファイヤー」、「スカイ・ドッグ」などさまざまな異名を取る男。短くも豪快な生き様には男も惚れる。

こんなことを言っては失礼ですが、ローウェル・ジョージが亡くなったのには、総合的ミュージシャンとして、これからも色んな音楽を作り出せる可能性があったと思うので、非常に勿体ない、という思いが強いんですが、天然の天才ギタリスト・デュアンは完全燃焼、真っ白に燃え尽きた、というイメージがすごくあるのです。

そもそもこのアルバムの原題は「BOZ SCAGGS」なのに、邦題は何故か「ボズ・スキャッグス&デュアン・オールマン」(笑)。ボズのファンだけでなく、硬派のロック・ファンにもアピールしようとするレコード会社の魂胆が見えますが、そうじゃなきゃこのアルバム買わなかっただろうから、よかったよかった。

ボズのヴォーカルは、もともと甘いテイストを持った人なので、好き嫌いが分かれると思いますが、この時代はまだ甘さ控えめ、といったところか。わたしは「シルク・ディグリーズ」も嫌いじゃありません。やっぱり、夜にラジオから「ロウダウン」とかが流れてくると、グッとくるものがありますからね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

ぷくちゃん
2005年09月17日 20:44
うーん、この頃のボズ、泥臭さいっぱい!やはり、このもみ上げですね。私このアルバム好きですよ。

>夜にラジオから「ロウダウン」とかが流れてくると、グッとくるものがありますからね。

何度カーステレオから流したことか・・・・

>硬派のロック・ファンにもアピールしようとするレコード会社の魂胆が見えますが、

一曲しかゲスト出演していないのにタイトルに堂々と出してしまう場合もありますよね。それに比べれば良心的?
カナ
2005年09月17日 23:17
>ぷくさん
こんばんは。
最新の記事で、クラプトンのニュー・アルバムについて結構厳しいことを書かれてますね。
わたしにとっては、最近のクラプトンのアルバムは「シルク・ディグリーズ」と同じような楽しみ方をしているんですけどね。
rollins1581
2005年09月18日 04:00
「ローン・ミー・ア・ダイム」は最初デュアンの「アンソロジー」で聴きました。凄まじい曲ですよね。こんなのをボズがやっていたというのがまず驚きでした。
内ジャケを確認したんですけど、デュアンは全裸なのに帽子かぶってますね。デュアンのこと何も知らなかったら「変なおじさん」にしか見えないでしょうに(笑)。
カナ
2005年09月19日 05:09
>rollins1581さん
そうそう。全裸に帽子(笑)。ある意味マニアックですよね?さすがに股間だけは隠してますが・・・。
ルックス的にはまさに「変なおじさん」。でもこの時まだ22~3歳ぐらいのはずで、それを考えると、演奏といい、ルックスといい、空恐ろしいものがあります。
2005年11月08日 21:00
ボズ&デュアン 知らんかった。
タイムリーに 教えたもらって
ありがと。もっと いろいろ おせ~て!!
カナ
2005年11月09日 02:04
>さ さん

・・・さ さんでいいんですか?(笑)
あなたのこともよければもっと教えてください。

この記事へのトラックバック

  • プラダ メンズ

    Excerpt: このモミアゲがロックの証!ボズ&デュアン・オールマンの奇跡のデビュー作! 音楽酒場 since 2005/ウェブリブログ Weblog: プラダ メンズ racked: 2013-07-10 02:46