万博でアフリカ疑似体験。BGMはもちろんこれ。

B00000DR6I.01.LZZZZZZZ.jpg
今夜のBGM・・・ YOUSSOU N’DOUR / SET

9月3日(土)夜、わたしは、愛・地球博会場にいました。

万博に来るのは3度目ですが、夜に来たのは初めて。

今まで知らなかったんですが、入場チケット1枚は、夕方5時からの夜間割引チケット2枚に交換してもらえるんですね。

知人からチケットが1枚だけ回ってきたので、妻と相談したあげく、もう1枚買って暑い中並ぶよりも、夕方から行って、涼しい会場でビールでも飲もう、ということになったのです。

娘2人は、じいさんちにお泊りで預けてきました。

ところが、この日の万博の入場者数は、最高記録更新の25万人。あわや、入場制限か、というところでしたが、なんとか会場入りには成功しました。しかし、会場内は縁日の境内状態。どこに入るにも、何を買うにも行列、行列・・・。

並ばずに入れるところはほとんど無かったのですが、それでもカナダ館、キューバ館、エジプト館、アフリカ共同館なんかを見て来ました。トルコの売店でトルコビールを飲み、シシケバブを食い、キューバ館のバーでラム酒のカクテルを飲み、締めに南アフリカのビールとアフリカの串焼きを食って帰ってきました。

今回、一番面白かったのはアフリカ共同館でした。アフリカって、知らない国がいっぱいあるなー。
ナイジェリア、カメルーン、ケニアなんてメジャー所(?)以外は、??の連続。ベナン?ガボン?エリトリア?ブルキナファソ?ブルンジ?サントメ・ブリンシベ?・・・オリンピックの入場行進で聞いたことがあるような。

パビリオンで働くアフリカのスタッフの方々、何故かファミリーで来られてる率が非常に高い。じいさんから子供まで。パビリオンの外では、日本人そっちのけで、アフリカン・ファミリーの方々が宴会やってますがな。
アフリカン・マーケットと化した館内では、売り子のお兄さんが、女性客の手を握って、今にも口説き落とさんかの勢い。しかもあちこちで。おまいら、何やっとんじゃ(笑)!

そんな擬似アフリカ体験を楽しみながら、広大なアフリカ共同館内を歩いていると、セネガル共和国のコーナーにでっかいディスプレイがあり、そこで当然のように、ユッスー・ンドゥールのライブ映像が流れていたので、思わず見入ってしまいました。

ユッスー・ンドゥール、このセネガル出身のスーパースター、ロック・ファンにもその名が知られるようになったのは、ピーター・ガブリエルのアルバム「So」にゲストで参加したあたりからだったでしょうか。

折からのワールド・ミュージックのブームに乗って90年、91年に連続して来日。一番勢いに乗っていた頃に出たアルバムがこの「SET」

当時大学生で、ロックしか聴いていなかったわたしも、「何だかよくわからないけど、今ワールド・ミュージックが凄いことになっているらしい」と、このアルバムを購入するほど、当時のユッスーの勢いは凄いものがありました。

当時も今も、このアルバムを聴いた印象は同じ。とにかく、しなやかなリズムが凄い!

1曲目のタイトル曲「SET」のイントロを聴いたときの衝撃は、今でも忘れられません。彼のバックバンド、スーパー・エトワールによる、この爆発するパーカッション。ファンクやロックの影響を受けてはいますが、これが紛れもないアフロ・ビート。細かく変則カッティングを刻んでいくギターも凄い。そこに乗っかる変幻自在のユッスーのヴォーカル。

いやあ、3分ちょっとで終わってしまうのがもったいない、ずっと聴いていたい演奏です。

同じアフリカでも、ナイジェリアの闘志、フェラ・クティのゴツゴツしたファンクとはまた違う、しなやかで綿密に練り上げられたサウンド。久々に聴きなおしましたが、改めて凄いアルバムです。

何年か前、ホンダのステップ・ワゴンのCMで、のん気に「オブラ・ディ・オブラ・ダ」なんぞ歌っていたユッスー。最近のアルバムは聴いていませんが、またちょっと気になりだしてしまいました。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

だいまつ
2005年09月06日 06:09
わたし、、ガイドの7セカンズが大好きでした。
買った当時はそればかり聞いていましたね。
ピーターガブリエルの関連で買いましたが、参加しているのと、自らのアルバムではやはり全然違いました。
ほんとにいいアーティストだと思います。
k-hiko
2005年09月06日 16:11
はじめまして。
アムネスティ・コンサートに参加しているのを見て彼を知りました。で、初体験がこのアルバム。カセットでよく聴きました。ロックを聞き始めたころだったのに、こういう音楽にも出会えて、今のように色々な音楽が素直に耳に入ってくるようになったのかな、とも思います。
今は手元にないので、改めて買いなおしたい1枚ですね。
カナ
2005年09月07日 01:08
>だいまつさん
わたしも偉そうなこと言ってるわりには、「SET」と「THE LION」しか持ってないので、「ガイド」聴いてません。しかし、「7セカンズ」は彼のベスト盤のタイトルにもなっているので、名曲であろうことは想像できます。
このモードが醒めないうちに、「SET」以降のアルバムも聴いておきたいですが、他にも色々聴きたいものがあるのでどうか・・・。ああ、もっと時間と金があれば。
カナ
2005年09月07日 01:15
>k-hikoさん
こんばんは。はじめまして。
コメントありがとうございます。

ロックの聴き始めの頃に聴いたアーティストって、刷り込みのようにその後の趣味に反映されていくものなんですよね。
それがユッスーとは、とってもいいチョイスでしたね。さぞかし、聴く音楽の選択肢が豊かになったことでしょう。
よろしければまた遊びに来てくださいね。

この記事へのトラックバック