音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS パワー・ポップ・フェスティバル最終回は、掟破りの・・・

<<   作成日時 : 2005/12/04 02:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

画像THE PLIMSOULS / THE PLIMSOULS

パワー・ポップ・フェスティバル最終回は、番外編です。

「音楽酒場」史上初、自分がこのアルバムを持ってないのに紹介します(笑)。

プリムソウルズの1stアルバム、「ザ・プリムソウルズ試聴はコチラ!

このアルバム、欲しくて探してるんですけど、見つからないんですよね。

amazonにもあるんですが、2005年12月4日現在、¥27,800というふざけた値段がついてます。たっ、高すぎる。手が出ん。

中古盤屋をマメに回ってればアナログ盤で見つかるのかも知れませんが、そんな時間もないし。

なんでそんなに欲しいのか、というと、まずこのジャケに一目惚れしてしまったんですよね。
カッコイイ・・・。

内容も、どうか試聴してみて下さい。モロ、わたし好みの、ガレージっぽくもポップでガッツ溢れるナンバーの目白押し。

このプリムソウルズ、元ナーヴスのピーター・ケイスを中心にしたLA出身のバンドで、このデビュー盤が出たのは1981年。この70年代後半〜80年代初頭は、カーズ、ナック、チープ・トリックなどのメジャーで成功したバンドをはじめ、このプリムソウルズやフレイミング・グルーヴィーズ、ペズバンド、レコーズ、シューズ、20/20など、パワー・ポップ・バンドが続々と出現した黄金期と呼ばれています。しかし前述のメジャー系バンド以外の作品は、現在入手困難なものが多くて・・・。

というわけで、このアルバムを見かけた!という方、どうか情報をお寄せ下さい。

そして、もしこのアルバムを持っている!という方がいらっしゃいましたら、安く譲ってください(笑)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
7年越しの出会い、ザ・プリムソウルズ。
今夜のBGM・・・ THE PLIMSOULS / THE PLIMSOULS ...続きを見る
音楽酒場 since 2005
2013/01/05 03:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
このAlbumの存在すら全然知りませんでした。
アナログで宜しければ、V.J.コネクション(爆)総動員して探しましょう!
もしも、結構安値で見つけられたら、価格の20%の手数料で・・・(激爆)
嘘嘘(笑)、某所で失礼の数々をかましておりますので売価でお知らせしまーす。
V.J.
URL
2005/12/04 10:34
>V.Jさん

おお!ヴィニール・マニアV.Jさんからの力強いお言葉!期待いたしております。手数料の件も考えておきます(笑)。
カナ
2005/12/05 03:04
>¥27,800というふざけた値段

どちらかというと、その考え方のほうがふざけていると思います。
大勢が欲しがって数が少ないものは価値があがる、すなわち値段が高くなる。
これは当然の市場原理です。
現に、あなたも、みなさんに情報提供を求めるほど欲しがっているわけです。

それなのに、悔し紛れに「ふざけた値段」などと言ってしまうのは、営業妨害にもなりえます。
もちろんあなたは冗談半分で言ったのかもしれませんが、これを読んで間違った考え方(多分に共産主義的な思考)を持ち間違った主張をする人が増えてしまっても問題だと思います。
(実際、このCDのAmazonのレビュー欄にもそのような内容を書き込んでいる人がいますね)

こちらのブログでは、非常に内容の濃い充実した記事をたくさんお書きになっているだけに、このような軽々な表現はもったいないと思いますがいかがでしょうか。
ルービン
2006/12/22 04:27
>ルービンさん

まさか「ふざけた値段」という一言だけでふざけた考えとまで言われるとは思ってませんでした。人格を疑われてるみたいで非常に不愉快ですね。
中古レコード業界の方でしょうか?もしこの記事が「営業妨害」になったとしたのなら素直に謝ります。

>大勢が欲しがって数が少ないものは価値があがる、すなわち値段が高くなる。

えー、それは当然わかっているつもりですが。共産主義的な考えの持ち主でもないです。一応、これでも商売人ですから。

自分が持っているレアなものに高い値段がつくのは嬉しくて、持っていないものが高くて手が出ないから悔しい、というのは自然な表現なのではないかと思います。それを見てそのレアなものを持っている人はほくそ笑むというのが自然なのではないかと思いますが、いかがでしょう。

自分がレアものを持っていて嬉しい!という内容も、他の記事などで書いてます。

軽々しい表現が気に触ったということかもしれませんが、このような誤解を生んでしまうとはつくづく自分の文章力のなさが嫌になります。

でも軽々しい表現はわたしの個性だと思ってますので変えません。
カナ
2006/12/22 23:39
Very nice article, just what I needed.
Demi
URL
2017/08/20 04:08
Superb blog you have here but I was curious if you knew of any forums that cover the same topics discussed here?
I'd really love to be a part of group where I can get feedback
from other knowledgeable individuals that share the same interest.

If you have any suggestions, please let me know. Cheers!
Karla
URL
2019/04/11 09:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
パワー・ポップ・フェスティバル最終回は、掟破りの・・・ 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる