原点回帰(何度目?)、元祖「大人のロック」はジェフ・ベックのこのアルバムだ!

%A5%D6%A5%ED%A5%A6.jpg
今夜のBGM・・・ JEFF BECK / BLOW BY BLOW

最近、このブログ界隈でちょくちょく見られる現象。


それは「疲れ」


わたしがリンクさせていただいている方々、あえてぷくちゃん風に「お友達」と呼ばせてもらいますが・・・・



南の方では、当ブログの一番古い常連さま、Junkさんが、ご自身のブログで「このブログももはやこれまで」なんて物騒なことをおっしゃっているし・・・

関西方面では名盤!さんが、ダークサイドに堕ちて、触れるもの全て切り捨てる「鋭利なナイフ」のようになっているし・・・

同じく関西では和登さんに、「誰も可哀想に思ってくれない」のでぼやき漫才の達人を目指す、というコメントをお寄せいただきました。(みなさん和登さんをはげましてあげましょう!ブログ初心者のとっても可愛いロックお姉さまです。)

北の方ではわが同級生、だいまつさんが、「このごろへたれ」ぎみにもかかわらず励ましてくれたり、うっ、うっ、(涙)。



まあ、世の中こんなんで暗い話題ばかりだし、会社でもやな事あるし、わたしもちょっと煮詰り気味だったんですが、そんなお友達に気を遣っていただいて、ああブログやっててよかったなあ、と改めて感じている次第です。


ところで、これまたリンクさせていただいているヨーさんのブログで、お酒によく似合う音楽、ということでドクター・フィールグッドについて取り上げられてたんですが、それを読んで、この「音楽酒場」をはじめた時のコンセプトを思い出してしまいました。(ちなみにわたしヨーさんの文章のファンです。面白い!)

記念すべき「音楽酒場」第1回目の記事はコチラ!

そう、最初は「お酒によく合う音楽」を紹介していくつもりで始めたんだよなあ。当初は自分も「音楽酒場」の常連客の1人という設定だったんですが、いつの間にかマスターになってるし(笑)。まあ、マスターは病気で引退して、途中で常連客だったわたしが店を引き継いだ、ということで・・・。

ちなみに、最初に取り上げたアルバムは、エリック・クラプトン「安息の地を求めて」でした。それが、前回ではスロッビング・グリッスルですからね。そんなもん流れてる酒場はないっちゅーねん!

実は、当初イメージとして頭の中にあった、「音楽酒場」でよくかかるアルバムの代表が、英ロックではジェフ・ベック「ブロウ・バイ・ブロウ」、米ロックではリトル・フィート「ディキシー・チキン」、という設定でした。
ところが、どっちも今まで取り上げてないんですよね。(長~い前ふり)

というわけで、原点回帰、ジェフ・ベック 「ブロウ・バイ・ブロウ(邦題:ギター殺人者の凱旋)」 必要ないと思うけど一応、試聴はコチラ!

これ、お酒のBGMにはスリリングすぎる?いや、わたしは結構、ピッタリはまります。ボトムが低いし、リズムがファンク寄りだから馴染むよね~。やっぱり、ジョージ・マーティン卿のプロデュースというのも大きい。なんか上品で格調高いんですよね。中身は濃いのに一聴してイージーリスニング風でもある。正しく「大人のロック」してます。わたしは文句なくベックの諸作の中では一番好き。スコッチをロックでちびちび飲みながら聴きたいですね。

これが「ワイアード」までいっちゃうと、スリリング過ぎてお酒のBGMにはちょっと。ヤン・ハマーのキーボードが聴こえてきた瞬間、下品になります(笑)。(そこがまたいいんだけどね。)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

和登さん
2006年02月02日 10:10
音楽酒場のヒストリーは知りませんでした。そんな由緒ある酒場に 迷いこんだんですね。J・ベックは嫌いだったんですが メル友君の影響で改宗しました。「ブロウ・バイ・ブロウ」はLPではあるんですがね。昨年は ベッコロジーを買って ハマっちゃいましたよ。ぼやきシリーズ一 「フランダースの犬」の ネロ少年のイマワノキワの 独り言「同情するならカノをくれ~」
どセンスに同情する??
2006年02月02日 18:43
カナさん、こんばんは。
お疲れ様です。お互いに、マイペースで更新を楽しみましょう。

J・ベックのこのアルバム、プロデューサーに導かれて聴いた思い出があります。そんなに派手さがなくて聴きやすく、正に「大人のロック」ですね、このアルバム。
今夜あたり、久しぶりに聴いてみます♪

私も最新の記事でカナさんの名前を使わせてもらいました。こちらこそ事後承諾ですみません。
2006年02月02日 23:23
1曲目が朝!
6曲目が寝る前
リリース当時、生意気な小学生のヘビー・ローテの曲でした!(音楽バカの兄貴の影響で!)
懐かしいっす!
記事読んで、引っ張り出して聴いてしまいました!
今聴いても、いい!
いやあ、思い出さしていただいて、ありがとうです。
それでは!
だいまつ
2006年02月02日 23:38
なんだか、ワイアード聞きたくなりましたね。
わたしはそっちしか持っていないんで、、。
きょうはちょっと持ち直したわたしです。
雪も積もったし、単純に雪かきしたら気分すこしかわりましたね。
2006年02月03日 00:57
>和登さん

そんな由緒ある酒場ではありません。オープンしてまだ1年足らずです。
しかしベック嫌いから一転していきなりベッコロジー購入ですか!一気にマニアじゃないですか!いやーそのメル友の影響力凄いですね。

フランダースの犬のラストシーンは思い出すだけで泣けてくるので言わないで~。

2006年02月03日 01:10
>Junkさん

ビートルズ以外のジョージ・マーティンの仕事で真っ先に思い出すのが、このアルバムです。やっぱりストリングスのアレンジとか素晴らしいですね。

ジェフ・ベックはわがままなので、彼が文句言えないような巨匠と仕事をした時は、エゴを押さえたまとまりのあるアルバムになる、というのが定説です(笑)。(通称「オレンジ・アルバム」のスティーヴ・クロッパーとか)
2006年02月03日 01:14
>リュウさん

どうもです。
ジェフ・ベックをへヴィー・ローテにする小学生・・・早熟ですね(笑)。「恐るべき子供達」ですねこりゃ。しかも⑥はまだ子供でもなんとなく良さは判りそうですが、①とは朝からファンキーな小学生ですね(爆笑)。
なんか想像すると凄く笑えます。
2006年02月03日 01:17
>だいまつさん

ストレスのたまっている時は、単純に体動かすとスッキリすることありますよね。
雪かきか~今シーズンは久々にやりました。岐阜県に住んでたころはちょくちょくやってましたが、久々だったので全身筋肉バリバリになりました(笑)。
2006年02月03日 05:44
このアルバム、スコッチを飲みながらギターを抱え「スキャッターブレイン」のコピーをすると、先生になった気分になります(笑)
最近は、練習サボってるんで、指の動きもいまいち(爆)
2006年02月03日 06:24
こんな時間でも眠れない僕は、まだダークサイドの真っ只中です。
最初に名前を覚えたギタリストはマイケル・シェンカーでしたが、次に覚えたのがジェフ・ベックでした。
2006年02月03日 21:20
ブログの紹介&TB、ありがとうございます!

実は自分、ギターを弾く人間でありながら今までまともにジェフベックを聴いたことありません。
高校のときに試しに聴いた「ギターショップ」があまり合わなかったので...。

でもカナさんのブログを読んだ感じだとこれはよさそうなので聴いてみます、ジェフのギター聴くのはヤードバーズ以来(汗)

ちなみに自分もカナさん同様みなさんのブログを読みつつ「皆お疲れだなぁ(汗)」と思ってました(笑)。
2006年02月04日 01:45
>エディさん

こんばんは。
ベックといえば第一人者はエディさんです!
「スキャッターブレイン」がコピーできるエディさんを心の底から尊敬します。しかもスコッチ飲みながら・・・カッコ良すぎです!
わたしの中ではエディさんのルックスもベックに似てるんだろうなと勝手に想像してます。(ということはコージー・パウエルにも似てますね?)
2006年02月04日 01:50
>名盤!さん

大丈夫ですよ、たとえダークサイドに堕ちても、善の心が残っている限り、肉体が滅びた後も青い光に包まれて戻って来れますから。(←勝手に肉体を滅ぼすな)

マイケル・シェンカー、そういえばこの間久々に「アームド・アンド・レディ」のリフを弾いてみようと思ったら・・・弾けませんでした(泣)。
2006年02月04日 01:53
>ヨーさん

「ブロウ・バイ・ブロウ」は「ギターショップ」とは全く音楽性が違います。リズムがファンク寄りなので、ヨーさんきっと気に入ると思いますよ。ぜひコピーにチャレンジしてみてください。(わたしはギター全然弾けないのでよく解りませんが、ベックのギターはクセがあってコピー難しいとよく言われますね。)
2006年02月07日 23:54
カナさん、どうもご無沙汰でした。
いつも某Pちゃんブログでスレちがってましたが、檀家周りは大変デスヨネ。
コメント強制も来るし、、(笑
たまにトラバさせていただきます。
あっダブったので修正ヨロシクデス~
カナ
2006年02月08日 15:34
〉Paulさん ごぶさたしてます。P氏のブログはいつもお疲れさまです。わたしですか?ちっとも苦痛じゃありませんよ。(顔が引きつる) リンク先が増えてなかなか書き込みできませんが、ちょくちょくお邪魔してます。どこかですれ違うこともあると思いますが、どうかよろしくお願いします!
夜響
2006年03月12日 11:54
カナさん
マイペース マイペース
ブログ始めて、初めてTBしたのは音楽酒場でした。
疲れたら休めばいいんです。
1年もブログやれば そりゃ疲れます
あっしですか?
”走らずに歩け、転んだら起きろ”
ですかね
もう少しおつきあいくださいな。
2006年03月13日 02:59
>夜響さん

お久しぶりです。このごろすっかりご無沙汰しちゃってスミマセン。
お気遣いありがとうございます。そういえば、こちらで最初にTBをいただいたのも夜響さんでしたよ。凄く嬉しかったのを覚えてます。

マイペース、そうですね。元気な時はドンドン更新して、疲れたときは無理しない。このスタンスでやっていきたいと思います。ありがとうございました。
2006年04月03日 09:27
はじめまして。
というか、あちこちみてしまって、先に豆腐やジョニーにコメント入れてしまいました。
ナオミさんのところから何気にきました。

そして並んだカテゴリー♪♪
プログレ、ソウル、ジャズ、私の好きなものばかりで嬉しくなってしまいました。
またゆっくりおじゃまして全部読みたいと思います。
私は今は70年代ロックほどんど聴くことはありませんが、ハードロック全盛期をリアルタイムですごし、ロック、ソウル、フュージョン、ジャズという順番できました。
特にジェフベック、ジミーペイジなど、大好きなギタリストだったので、コメント入れさせていただきますね。

ゆっくり全部読ませていただきたいとおもいました。
またおじゃまいたします。
2006年04月04日 01:40
>blueroseさんへ

はじめまして。

>ゆっくり全部読ませていただきたいとおもいました。

そういっていただけるのが何より嬉しいです。
ネコ可愛いですね。こちらこそまた遊びにいかせていただきます。

この記事へのトラックバック

  • Blow By Blow / Jeff Beck やった手に入れました、、、。

    Excerpt: 「Blow By Blow」 Jeff Beck の4チャンネル USA盤です!(アナログ・レコードです!) やっと手に入れました~! 4chミックスが施されていますので、各楽器のレベル・バ.. Weblog: One Of These Nights with favorite music ! racked: 2006-02-07 23:50
  • Blow by Blow/JEFF BECK (ジェフ・ベック)

    Excerpt: Blow by BlowJeff Beck[ジャケットの写真をクリックするとリンク先のAmazonで試聴できます。]  1975年に発表されたJeff Beck(ジェフ・ベック)のギター・インス.. Weblog: OOH LA LA - my favorite songs racked: 2006-02-08 00:11
  • Excerpt: フー、ジャム、クリーム、ツェッペリンetc....。 Weblog: BLOGってハニー racked: 2006-02-11 01:29
  • Excerpt: フー、ジャム、クリーム、ツェッペリンetc....。 Weblog: BLOGってハニー racked: 2006-02-11 01:29
  • ジェフ・ベック

    Excerpt: NO.00128 ジェフ・ベック・グループのアルバム『ジェフ・ベック・グループ』 遂にジェフ・ベックです。 と言っても熱く語れる程ではありません。 ジェフ・ベックは3大ギタリストの中で.. Weblog: まい・ふぇいばりっと・あるばむ racked: 2006-08-25 01:47