アイク&ティナ・ターナーのド迫力ソウル・レヴュー!

画像
IKE & TINA TURNER / WHAT YOU HERE IS WHAT YOU GET - Live At Carnegie Hall

「マイルス祭り」開催中ですが、ある人のリクエストが入りましたので、今日はコレ、かけさせていただきます。


あ、ちなみに「音楽酒場」は、随時リクエスト受け付けていますので。ご存知でした?

曲単位でも、アルバム単位でも結構です。ロック、ソウル、R&B、ジャズ、歌謡曲、アニソン、なんでもOKです。ただし、今まで取り上げたことのないものであること、わたしが所有している(あるいはかつて所有していた)ものであること、というのが条件ですが。


で、このアルバムです。


アイク&ティナ・ターナー 「カーネギーホールのアイク&ティナ・ターナー」だ!試聴はナイヨ!


1971年、全盛期のアイク&ティナの超絶ステージを真空パックした奇跡の1枚です。


ちょうどストーンズ来日中ですので、ストーンズがらみのネタから。

1966年からアイク&ティナはストーンズのイギリス・ツアーの前座をやってました。

「ミックがステージで端から端までアクティヴに動くようになったのはティナのステージを見てからさ。俺も何回も彼女のステージをミックと見ていたけど、本当にすごいと思ったネ。」
(キース談:ライナーノーツより)



イントロダクション
ピース・オブ・マイ・ハート(ジャニス・ジョプリンでお馴染みのあの曲ね)
エヴリデイ・ピープル(スライのあの曲ね)

ここまでは、バックコーラス隊の「ジ・アイケッツ」だけによるもの。徐々に観衆をあおっておいて・・・

イントロダクション・トゥー・ティナ
ドゥーイン・ザ・ティナ・ターナー

ここでやっとティナ登場!スローなインストナンバーが一気にアップテンポになって、登場するやいなや(多分)踊りまくるティナ!

スィート・ソウル・ミュージック
ウー・プー・パー・ドゥー

やっと炸裂するティナのシャウト!コール&レスポンスも熱い!

ホンキー・トンク・ウィメン

ここでまたストーンズネタ。
「このナンバーをミック以外で歌ってさまになるのはティナ・ターナーだけだ。」(ロニー談:ライナーノーツより)
アイクのギターがえらくカッコ良し。

ラヴ・ライク・ユアーズ(ホランド/ドジャー/ホランドの手によるグッとくるバラード)

そしてこのアルバムの、というより当時のアイク&ティナ・ターナー・レヴューの目玉・・・

プラウド・メアリー
プラウド・メアリー(アンコール)
プラウド・メアリー(コンティニュー)

必殺の「プラウド・メアリー」これでもか!攻撃だ(笑)。
CCRの原曲は割りとあっさりめの演奏ですが、やはり根底にはソウル・フィーリングが流れていたということなんでしょう。その曲を題材に、濃密な空間を作り出していくアイク&ティナはやはり凄い。

アイ・スメル・トラブル
アイクス・チューン

ここでの主役はアイクのギター。ブルーズ・ギタリストとしても天下一品のアイク。ティナとのギターを使ったおしゃべり(笑)は、スティーヴ・ヴァイを20年先取りしてるぞ!

ただの暴力亭主ではない。

アイ・ウォント・トゥー・テイク・ユー・ハイヤー(再びスライ)
愛しすぎて(オーティスね)
リスペクト(またオーティスね)

最後は(他人の)大ヒット曲3連発で締め!
まさにソウル・レヴューというにふさわしいアイク・&ティナのショーが堪能できる貴重なCD。
こんな名盤が今、なぜ廃盤なのか?解せん。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年03月23日 23:56
マイルスから、イキナリ熱いところに飛びましたね~!
そのユラギがたまらないです。
この頃のTina姉さんのPower、スゴイですね!
でも最近はIkeのGに不思議と耳が行ってしまいます。
それだけ大人になったのかなあ?(笑)
それでは!
あゅあゅ(*^_^*)
2006年03月24日 03:41
お邪魔します☆彡
わあ!ティナだあ(^o^)丿すごおい!!!
あたしは、エド・サリヴァン・ショーのDVDで
ダイナミックなプラウド・メアリーに魅せられて
しまいました。
廃盤なんですね(~_~;)探してもないはずですぽ。。
では②


2006年03月24日 07:19
>リュウさん

マイルス続きで、ちょっと飽きてしまいました(笑)。
でも続けますけどね。ちょっと休憩です。

いや~アイクのギター、カッコいいっす。
実は影のブルーズ・ギター重要人物ですね。
2006年03月24日 07:22
>あゅあゅさん

こんばんは。あ、もうおはようか!

こっちは初めてでしたね?エド・サリヴァン・ショーには他にもいろんなスターが出てて、見てて飽きないですよね。

またのご来店お待ちしてます!
和登さん
2006年03月24日 20:40
徹夜ご苦労様です。「proud mary the best of ike and tina turner」誰かが 記事にしてくれるのを 待って本日聞いてます。ビデオで見て パワーに圧倒されました。なぜか<暴力亭主だけじゃない>のフレーズに
大うけしゃいました(笑)
2006年03月25日 12:55
>和登さん

和登ちん、どうもです。

>なぜか「ただの暴力亭主じゃない」のフレーズに大うけ

何故?(笑)
まさか身に覚えが?あっ、失言でした。スミマセン。

映画「ティナ」観ましたか?
和登さん
2006年03月25日 14:32
映画「ティナ」のビデオ買ったまま見てないです。忘れてました。今度見ます。暴力亭主は暴力亭主が好きみたいですよ、。(アイク好き)東京のダンナのワンルーム1回もいってないです。電話は月2回程度。ヘンですかね。ウチの夫婦(>_<)
2006年03月26日 07:22
>和登さん

>暴力亭主は暴力亭主が好き

笑うに笑えません。いろいろありますよね。(お茶を濁す)
夫婦の形にもいろいろあるので、ヘンとは言えません。どこの夫婦だってある程度はヘンだと思うし。

サザエさんとマスオさんのような夫婦がホントにいたらかなり気持ち悪いと思う。

この記事へのトラックバック