「マイルスを聴く?」④・・・ 黄金メンバーによる「マイ・ファニー・バレンタイン」にむせび泣く。

画像
今夜のBGM・・・ THE MILES DAVIS QUINTET / COOKIN’

ハード・バップ期のマイルスの活動を支えた黄金のメンバーといえば、レッド・ガーランド(p)、ポール・チェンバース(b)、フィリー・ジョー・ジョーンズ(ds)、そしてジョン・コルトレーン(ts)。
60年代の第2期黄金クインテット(ハービー・ハンコック、ロン・カーター、トニー・ウィリアムス、ウェイン・ショーター)に対し、第1期黄金クインテットと呼ばれます。

その黄金メンバーによる代表的な仕事が、いわゆるプレスティッジに残した「マラソン・セッション」です。

すでにギャラのいいCBSと契約を交わしていたマイルスが、プレスティッジとの契約をとっとと切るために、2日間でアルバム計4枚分のレコーディングを一気にしてしまったという、ロックではとても考えられない(笑)ムチャというか豪快なセッションのことです。

このセッションから生まれた4枚のアルバムが、「ワーキン」「スティーミン」「リラクシン」、そして「クッキン」。すべてタイトルに「~ing」と付くことから「ing4部作」と呼ばれることもあります。


その中でも人気を2分するのが、「リラクシン」と「クッキン」。前者は「イフ・アイ・ワー・ア・ベル」、後者は「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」という、人気のスタンダード・ナンバーを含んでいることもありますが、「リラクシン」は、そのタイトルどおり、レコーディング中の会話なども含めたリラックスした雰囲気が魅力、「クッキン」は全体のバラエティの豊かさと完成度の高さが魅力、といったところでしょうか。

で、どっち取り上げようか迷ったのですが、①「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」の曲の魅力で「クッキン」を取りました。試聴はコチラ!


このあまりにも有名な、アコースティック時代のマイルスのテーマともいえるバラード・ナンバー、60年代の同名アルバム収録のライヴも有名ですが、このスタジオ盤の方が原曲に近くて聴きやすいかな?

レッド・ガーランドの、あまりにも美しいピアノのイントロから心がスッと持っていかれる。そのピアノに導かれて、例えようも無く繊細で、深~い悲しみを背負ったようなマイルスのミュート・トランペット・ソロが素晴らし過ぎる。
中山康樹氏も書いてますが、この曲はコルトレーンのイメージではないので、彼のソロが無いのは正解でしょう。
マイルスのソロの後を受けたガーランドのピアノ・ソロがまたいい。音の粒が立ってキラキラ光っている。


③ソニー・ロリンズ作曲の「エアジン」、イントロのフィリー・ジョーのシンバルがかっちょえ~。
コルトレーンのテナーは、当時の流れるようなロリンズに比べるとモッサリしていて、この時点では、まだぎこちない。コルトレーンの才能が開花するのは、もうちょっと後。それに比べるとマイルスのソロは、やっぱり堂々としている。


ジャズが最もジャズらしかった時代??のマイルス名盤。「マイルスはじめの1枚」としてもオススメです。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年03月21日 20:53
早く秋がこないかなぁ。
そしたら,ing4部作聴くんですけど。
ing4部作に間違えられそうな(?)
「WALKIN'」も好きです。
WALKIN' だけに素通りカナ?
2006年03月22日 00:31
やっぱり秋向きですね、この辺のアルバム。

桜の開花宣言とか、春めいてきてるのに、マイルスのアルバムばかり取り上げてると自分の周りだけいつまでも春がやってこないような(笑)。

ま、このシリーズぼちぼちやっていきます。

「ウォーキン」も好きです。「ディグ」じゃなくて「ウォーキン」取り上げればよかったですね。
2006年03月22日 00:51
4部作は繰り返し、繰り返し聴きました。
私みたいな人でも分かりやすいですもの。
あっ「分かりやすい」と言ったらマニアに怒られるかな(笑)
ジャズへのコメントは下手なこと書けないですからね(笑)
2006年03月22日 06:31
所長さんと同じく、下手なコメントが自分の存在を危うくすると考えているぷくちゃんと言います。

4部作!ELP?(←馬鹿)これは本当にお勧めですよね。(これ以上詳細に触れると怖いので・・・)あっ!バスだ。じゃあねえ・・・(ストーンズのチケット握り締めて)
2006年03月23日 04:47
>所長さん

分かりやすいのはいい事ですよね。この辺のアルバムは楽器ごとの音が分離してて聴き分けやすいので、ジャズ入門にピッタリだと思います。

混沌とした後期のアルバムは、何が鳴ってるのかいまだによーわからん(笑)とうのもありますので。
2006年03月23日 04:52
>ぷくさん

そんな~。当たり障りのないコメントを~。
いやこのあたりにはそんなにジャズ詳しい人こないので大丈夫ですよ。つーか、ぷくさんジャズ詳しいですよ。

この記事へのトラックバック