わたしの「キメ」の1曲。アンブロージア「ハウ・マッチ・アイ・フィール」

画像
今夜のBGM・・・ AMBROSIA / LIFE BEYOND L.A.

玉砕覚悟のAOR記事2本目ですが、何か?(←2ちゃん風開き直り)


さて、AORというのは実用的な音楽です。いろんなシーンで使われてナンボです。ドライブのBGM、女の子を口説く時、映画やドラマ、もしくは志村けんのコントの一番盛り上がるシーンなど・・・。


そういう時に使われる、定番中の定番というか、「キメ」のナンバーというのがあります。

例えば、シカゴの「素直になれなくて」やボズ・スキャッグスの「ウィー・アー・オール・アローン」、クリストファー・クロスの「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」など・・・ベタですね~(笑)。名曲なのは事実ですが、ベタ過ぎて実際にこんな曲かけて女口説いてるヤツがいたらそれこそコントの世界です。



で、わたしにとって本当に使える曲というのがいくつかあって、その中でも最高に気分が盛り上がるのがアンブロージア「ハウ・マッチ・アイ・フィール」という曲。試聴はコチラ!


いやもう、この曲には何度救われたことか・・・。ロマンティックで、かつ男の哀愁をたっぷり表現してて・・・胸にグッと迫る切ないメロディとヴォーカル。仕事に疲れた時に、恋愛で悩んでいる時に、夕暮れ時に、孤独な夜に・・・・ほんと泣けます。イントロのピアノが聴こえた瞬間からメロメロです。もう何年もの間、心底この曲に惚れこんでます。


上に挙げた、ほとんど定番化して一歩間違うとギャグ化してしまうような曲群ではなく、こういった埋もれた本当に使えるいい曲を伝えていくのがAOR解放同盟の使命なのです。



ちなみに、このアンブロージアというグループ、アメリカン・プログレバンドとしてスタートしましたがパッとせず、POP化してそこそこ売れたというありがちなグループです。そんな大したバンドではない(爆)ですが、わたしの中ではこの曲ともう1つの名曲「ビッゲスト・パート・オブ・ミー」だけで永遠に心に刻まれています。



ホントにいい曲だからみんな聴いてちょ!

Life Beyond L.A.Life Beyond L.A.
Ambrosia

Wea International 2000-02-01
売り上げランキング : 97657
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


One EightyOne Eighty
Ambrosia

Warner Bros. 2000-02-01
売り上げランキング : 67823
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

本部長
2006年12月17日 08:37
支部長、どうも。

アンブロージア!素敵。最高!

>こういった埋もれた本当に使えるいい曲を伝えていくのがAOR解放同盟の使命なのです。

おお!泣かせるこの言葉!私の選ぶ彼らの一曲は「Biggest Part of Me」これが私は大のお気に入りで、よくカセットに「AOR BEST」と題して入れていました。(恥&馬鹿)

これからも精進するように・・・
V.J.
2006年12月17日 10:36
カナさんって守備範囲広いなぁ~
パブエネの次に…
キライな音楽って無いの?
マジで、結構、羨望のまなざしで見ちゃいます(笑)
やっぱ、酒場のオーナーになるには、ここまで幅広く深く聴いてなきゃダメなのかなぁ~

僕ですか?
前の記事も含め、1ミクロンも知りませんし、今後も聴く可能性はゼロのような気がします…(苦笑)
だって今更、決めるぜ今夜!なシーンもなさそうだし(爆)
jerry
2006年12月17日 23:58
キメのアルバム・・・ありますね、DR.ジョンの『In A Sentimental Mood』最高です。いつも、装備していました(?)夜景にはもちろん、静かな部屋にもはまりますぜぇ~。お勧めです。

キメのテープ(ふるっ)作りましたよね?デート用サントラですよ。のちに、あのときの思い出の写真と一緒にプレゼントもしましたよね?
また、逢うための口実のプロでした・・・
うなづいて頂けたと信じております(笑)
shintan
2006年12月19日 00:14
こんばんは!
これは聴いたことないですね。早速チェックしようかな。
キメのテープを作ったのは生涯で1回だけなんですが、初デートのドライブ用にと思い、事前に彼女の音楽趣味をリサーチしたところ長渕好きでした・・・ レンタルして一生懸命に作ったんですが、チンピラのように運転がワイルドになっただけでロマンティックには一切なりませんでしたね(笑)今から15年も前の話です。
2006年12月19日 23:38
本部長!ようこそ、むさ苦しい名古屋支部へ!

「ビッゲスト・パート・オブ・ミー」、美しいです。本文で書き忘れたのですがハーモニーが素晴らしいです。
アンブロージア、この曲と「ハウ・マッチ・アイ・・フィール」だけはもっと万人に聴かれるべき名曲だと思います。
2006年12月19日 23:52
>V.J.さん

どもども~。

パブエネの次にAORってのも狙いすぎ?振幅の激しさを自ら楽しんでる所もありますけどね~。

キライな音楽、っていうかキライなアーティストはいますよ。あえていうならB’zが嫌いかな(笑)。最近はオアシスもあんまり好きじゃないですね。昔からEL&Pが嫌いだし。嫌いっていうか合わないというか。

でもオアシスにも好きな曲はありますし(「ドント・ルック・バック・イン・アンガー」とか「リヴ・フォーエバー」とか)

全ての音楽はこの世に生み出された瞬間から、偏見なしに平等に聴かれる権利を有していると思ってます。「人を憎んで音を憎まず」ってスタンスですかね。
2006年12月22日 00:20
>jerryさん

ドライヴデート用のオリジナル・カセットテープ、Vol.3まで作りましたよ(汗)。実際に活躍したかどうかは神のみぞ知る・・・。

実は今でも、カセットからCDに姿を変え、いざ!というときに備えていつも車に装備しています。使う機会は全くありません・・・。
2006年12月22日 00:24
>shintanさん

「泣いてチンピラ」をBGMに素敵なドライヴ・・・痛い思い出をご紹介ありがとうございます(笑)。
しかし涙ぐましい努力!長渕ベスト作り、さぞ苦痛だったでしょう。よほど素敵な彼女だったんでしょうね。

といいつつ、自分は高校時代フォークギター部で、ステージで長渕弾き語りしたことあります。(大爆発)。

この記事へのトラックバック

  • オークリー メガネ

    Excerpt: わたしの「キメ」の1曲。アンブロージア「ハウ・マッチ・アイ・フィール」 音楽酒場 since 2005/ウェブリブログ Weblog: オークリー メガネ racked: 2013-07-05 17:33