プライマル・スクリームの新作を熱く語る。

画像
今夜のBGM・・・ PRIMAL SCREAM / BEAUTIFUL FUTURE

カナ「・・・・・いーね!プライマル・スクリームの新作!」

タク「うわっ、なんだ突然!?横山剣か?」

カナ「いや~、なんていうか、毎回毎回よくもガラッとサウンドを変えて、しかも攻撃的でクオリティーの高い作品を送り続けてくれるなあと思って。なんか聴いてて途中で嬉しくなって感極まっちゃいました。」

タク「前作はわりとルーツ回帰なロックンロールサウンドだったからね。」

カナ「今回は1曲目から何かキラキラしてますよ。ダンスナンバーも基本的にバンドスタイルでやってるし、ロックンロールとダンスナンバーのバランスも絶妙。」

タク「確かに全体的に明るい感じはするよね。」

カナ「タイトルからして『ビューティフル・フューチャー』ですからね。でも歌詞読んだらやっぱり、十分な皮肉が込めてあって。相変わらず社会に対して怒りまくってるわけですよ。やっぱりボビー・ギレスピーは根っからのパンクだなあと。単純に『VIVA LA VIDA』じゃないわけです。『美しき生命』なんて言ってる場合じゃないぞ、と(笑)。」

タク「今日はやけに毒舌じゃん(笑)。」

カナ「先行シングルの『キャント・ゴー・バック』がまたカッコイイんだ。ホントに過去には戻れないんだから突き進むしかないっすよ。彼らのテーマソングみたいな名曲。この、サウンドを変化させながらサヴァイブしていく姿勢に毎回勇気づけられるんですよ。クラッシュもそうでしたよね。まあ、本人たちにしてみりゃ飽きるからコロコロ変わるだけなのかも知れないけど、軸はぶれないからね。今一番信頼できるアーティストです。」

タク「大絶賛だね~。」

カナ「いや、マジで、90年代からずっと聴き続けてきて、アルバム出す度に1回も期待を裏切られたことがないのは、もうプライマル・スクリームだけ。その中でも今回のは特にいい!」


ビューティフル・フューチャービューティフル・フューチャー
プライマル・スクリーム

Warner Music Japan =music= 2008-07-16
売り上げランキング : 82
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック