寝苦しい真夏の夜を涼しく過ごすためのアルバム・・・その①カーラ・ブルーニ

画像
今夜のBGM・・・ CARLA BRUNI / NO PROMISES


真夏の夜10時過ぎだというのに、グランド・ファンク・レイルロードがガンガンかかっている、暑苦しいここ「音楽酒場」です。


魔子「(ギィ)・・・マスター、こんばんわ!」

カナ「おっ!マコちゃん、久しぶり!!」

魔子「あっついですね~。ここまで歩いてくるのに汗かいちゃった。ビール下さい!」

カナ「はいよっ。それにしても毎日、蒸し暑いねぇ。はい、ビール。せっかく遠くまで来てくれたのに、こんな暑苦しいロックかけてちゃ悪いね(笑)。何か涼しげな音楽でもかけようか?」

魔子「気にしなくてもいいのに。」

カナ「いいっていいって。(ガサゴソ)」



カーラ・ブルーニ「ノー・プロミセズ」が流れる~



魔子「(ジャケットを見て)・・・きれいな女の人ですね。」

カナ「でしょ?これ、カーラ・ブルーニ。フランスのサルコジ大統領の奥さん。」

魔子「すごーい!!超セレブじゃないですか!」

カナ「このアルバムを出した時はまだ付き合ってなかったと思うけどね。フランスの元トップ・モデルで、ミック・ジャガークラプトンとも噂があったんだって。」

魔子「でも、確かマスター、前にサルコジ大統領嫌いって言ってませんでしたっけ?(笑)」

カナ「・・・まぁ政治的主張と音楽の話は別だから。セレブっぽいのは好きじゃないけどね。それは置いといてもこのアルバムはよくできてるから。」

魔子「ウィスパー・ヴォイスが素敵ですね。」

カナ「必ずしも美声とは言えないけど、魅力的な声だよね。フランス語なまりの英語の発音がまた、アンニュイな感じをよく出してて。③「LADY WEEPING AT THE CROSSROADS」のけだるさなんて、ただごとじゃないよ。こんな蒸し暑い夏の夜にはピッタリだよね。」

魔子「避暑地みたいなさわやかな涼しさじゃなくって、蒸し暑い夜をなんとか涼しく過ごすために色々工夫してる感じ?」

カナ「そうそう。この英語の発音だけど、なんでもマリアンヌ・フェイスフルが指導したんだって。2人ともミック・ジャガーでつながってる(笑)。あと日本盤のボーナス・トラックには、ルー・リードがポエトリー・リーディングで参加してる。元トップ・モデルだけあって交友関係が広いね。」

魔子「ふ~ん。でも、アコースティックで、どこかノスタルジックで、ホントにいいアルバムですね。気に入っちゃった。こんな素敵なアルバムどうやって知ったんですか?」

カナ「それがジャケ買いで(笑)。最初、サルコジの恋人だなんてことは全然知らなくって。この寝苦しそうな夜に正座して本読んでるきれいな女の人に、もう一目惚れ。その後でサルコジと結婚したってニュースが流れてエエ~ッみたいな(笑)。」

魔子「・・・(なんだかんだいって結局ルックスなんじゃない。)」



ノー・プロミセズノー・プロミセズ
カーラ・ブルーニ

ポニーキャニオン 2007-05-16
売り上げランキング : 21612
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

JT
2008年07月25日 23:04
この人、モデルだけかと思っていました。CD出してたんですね。

>フランス語なまりの英語の発音がまた、アンニュイな感じをよく出してて。

バネッサ・パラディみたいなんですかねぇ。

カメラマンの指定かと思いますが、なぜドブロが置いてあるのか、不思議です。

2008年07月27日 00:38
>JTさん

バネッサ・パラディのようなロリ声ではないんですが、なかなかよいです。音的にはどちらかというとノラ・ジョーンズに近いようなジャジーなかん時です。
一応、ご本人もギター弾けるみたいです。作曲も全部本人だし。ドブロ弾きこなせるかどうかはわかりません。

この記事へのトラックバック