悲しいリフレイン

画像
今夜のBGM・・・ MARVIN GAYE / HERE, MY DEAR

マーヴィン・ゲイは、「私が音楽に求めるのは、悲しいリフレインだけだ」って言ったんだって。最近それがもの凄くよくわかる。基本的に切なくて悲しいものに魅かれる。音楽にも映画にも文章にも。表面上は明るさを装っていても、どっかにその感覚が無いモノには本当の魅力を感じない。


人間的にも・・・マーヴィンってビジネスの世界だとプライヴェートの色恋ザタに仕事が引きずられるダメ野郎なんだろうけど、そこに凄い魅力感じる。このアルバムも元妻との出会いから別離、離婚裁判までがテーマっていう、なんとも情けないアルバムなんだけど、この歌声のよさは一体何なんだ。


「WHAT'S GOIN' ON」が聖愛の名作、「LET'S GET IT ON」が性愛の名作、「I WANT YOU」が愛欲の名作だとしたら、この「HERE, MY DEAR」は愛憎の名作。忘れちゃいけない作品だと思う。


Here, My DearHere, My Dear
Marvin Gaye

Hip-O Select 2008-01-15
売り上げランキング : 106072

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

面白い
ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

2009年02月20日 08:17
切なくて悲しいものに魅かれるのはカナさんだけじゃないですよ!
逆にそういったテイストがないものは薄っぺらく飽きてしまうものなんです。

私なんかうじうじ未練の塊です。
ぜんぜん、あっさりしてまへん。
人間臭いマーヴィン、また聴いてみますね
2009年02月21日 03:44
>まりさん

なんか不思議なことに自分が年取るほど、落ち込めば落ち込むほどマーヴィンのことが好きになります。

>私なんかうじうじ未練の塊です。

同じく(笑)。
ぜん
2009年02月21日 08:44
こんにちは。また書き込みさせていただきます。

コレ、アナログ盤を持っていました。当時高校3年くらいだったかな?マーヴィンのベスト盤を聴いて「カッコイーッ!」と思い、勇んで買った新譜がコレでありまして・・・。それはもう、驚きました。このあと悲しい最期を迎えてしまうんですよね。今ならマーヴィンの苦悩がより深くわかります。奥さん大事にしようっと。
2009年02月22日 01:12
>ぜんさん

こんばんは!高3の時にこれ聴いてたなんて凄いですね!わたしが高3の時だったらワケわかんなかったろうと思います。マーヴィンの良さわかってきたの30過ぎからです。まだまだ本当の良さはわかってないのかも知れないけれど・・・一生かけて付き合っていく音楽であることには違いありません。
奥さん大事にしてあげて下さい!

この記事へのトラックバック