裏「クリムゾン・キングの宮殿」、マクドナルド&ジャイルズ。

画像
今夜のBGM・・・ McDONALD AND GILES / McDONALD AND GILES


遅まきながら、レココレ4月号のアイランド・レコード特集読んで思ったこと。


アイランドって、ボブ・マーリーとかのレゲエやスカのイメージが強かったけど、こうやって改めて見るとやっぱり英国ロックの歴史上で欠かすことのできない名作をメチャメチャたくさん送り出してるな~。


わたしなんかの世代だと、CDの再々々・・・発売なんかで聴いてることが多いから、権利関係が移ってて、オリジナルがアイランドから出たってことを意識しないで聴いてることが多い。だから読んでて、オッ、これもアイランドだったのか!これもかよ!って目からウロコをボロボロ落としてました。


ジャマイカ出身の創始者クリス・ブラックウェルが、初期のスカ/レゲエのレコード中心からロックへとシフトチェンジしたのがスティーヴ・ウィンウッドとの出会いから。スペンサー・デイヴィス・グループトラフィック・・・そしてデカかったのがやっぱりキング・クリムゾンの1st。これでプログレに強いレーベルってイメージできた。あとELPもか。フェアポート・コンベンションとかトラッド系にも強い。ロキシー・ミュージックの1stからつながってるブライアン・イーノのソロ関連もみんなアイランドだね。イーノつながりってわけじゃないと思うけど80年代はU2の存在がやっぱりでかい。でもやっぱボブ・マーリーだよなー。うちにあるレゲエ/スカのCDもほとんどヤシの木マーク(笑)。

こうやって見ると常に時代に新しい風を吹き込んでるアーティストを発掘して契約してる。先見の明があるんだろうね。クリス・ブラックウェル、偉大な人だ。ちなみに最近だとUtadaの全米での配給元がアイランドだったりする。まあ今はブラックウェルの手元を離れて、デフ・ジャム・グループ内の1レーベルに過ぎないので、昔の威光はないけど。


そんな偉大なアイランド・レコードのカタログの中から、今日はマクドナルド&ジャイルズのファースト・アルバムを紹介します。キング・クリムゾンのオリジナルメンバーだったイアン・マクドナルドとマイケル・ジャイルズが、「宮殿」の発表後に脱退して出したこの名義での唯一のアルバム。

このアルバムはまずなんといってもジャケが大好き。「ガハハ」という笑い声が聞こえてきそうな、表面のジャイルズのスケベそうな笑顔に対して、裏面のマクドナルドのイケメン&伊達男っぷりが凄い。あえて表がこっちかよ!俺のようなオッサンでも、ロック・スターになればこんないい女が抱けるんだぞ、ということが言いたかったのか?

そしてこの色合い。ピンクというか紫というか独特の色使い。プログレ系によく見るので、こういう色に撮る撮影方法があるのかな?ブラック・サバスの1stもそうだし。不気味で不安感を募らせるような色使いです。

クリムゾンが売れたので、このアルバムも相当な期待を持って、お金をかけて作られたらしい。しかしスケベそうなオッサンが女といちゃついてるジャケットの作品を誰が買うのか?という素人でも抱く疑問を持ち出すまでもなく、コマーシャル性に欠けてセールス的には大コケ。しかしながら内容は素晴らしい。クリムゾンの極度の緊張感から解き放たれた2人が、自由を謳歌するように伸び伸びとした演奏を繰り広げています。牧歌的なプログレ?フルートや管楽器のアレンジがカンタベリー系ジャズロックに近い匂いで、まったりと楽しめます。決してゆるいわけではなく、激しい展開もあるし演奏は引き締まってるから聴き応えは十分あり。特にジャイルズのドラムはクリムゾンの1st好きな人なら必聴です。




ちなみに、この後マクドナルドはなぜか全然音楽性の違うフォリナーを結成しまっす。



Mcdonald & Giles [HDCD]Mcdonald & Giles [HDCD]
McDonald & Giles

Virgin 2002-08-19
売り上げランキング : 4671
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


セットで聴いてちょ!
In the Court of the Crimson KingIn the Court of the Crimson King
King Crimson

WHD 2005-02-22
売り上げランキング : 1982
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2009年03月29日 10:27
ソフトロック、プログレ系は縁がないけど
「宮殿」は好きでした。
このジャケは私好みですよ
スケベそうでも知的ムードは漂ってます。
この曲もいい具合に脱力系


アイランドレコードのCDはわんさかあります!!
yoiko
2009年03月29日 20:38
これ愛聴盤ですよ。
そしてこのジャケ…色ド真ん中、お洋服もすてき!
スケベそうじゃねーよっ(笑)。
偉大なるジャイルズに…。どっちもかっこいいじゃないですかー。クリムゾン1stは、ほぼこの2人が握ってるものね。フリップ大師匠はまだそんな主張してこないし。サバス1stジャケはキーフの大傑作!
2009年03月30日 02:17
>まりさん

>スケベそうでも知的ムードは漂ってます。

なる程。知的なスケベか。スケベでも知的ならアリなんですね。勉強になります(笑)。

うちのレゲエコーナーは背表紙がほとんど同じ色。緑、黄、赤のアイランドカラーです。
2009年03月30日 02:27
>yoikoさん

これは好きだろうと思ったよ。色も。このピンクは真ん中だよね。

大丈夫、スケベそうでも偉大なことには変わりないから(笑)。スケベでも知的だから。つか、yoikoさんのイケメン基準がますますわからん…少なくとも鈴木トオルとジャイルズの共通点が見つからん(笑)。

>サバス1stジャケ

あのジャケマジで怖いです…
ルドルフ
2009年03月30日 06:47
宮殿大好き、フォリナーの1stも好き。
てことは、このアルバムも逝っとかなければいけないということか?
2009年04月01日 03:00
>ルドルフさん

のんびりとした「宮殿」って感じのアルバムです(笑)。あの緊張感はないですが、宮殿好きでしたら損はないかと思います。フォリナーとはあんまり共通点あがないなあ。
2017年08月19日 01:42
Wow, that's what I was exploring for, what a information! present
here at this blog, thanks admin of this site.
2017年08月26日 00:05
After checking out a number of the blog articles on your website,
I really like your technique of blogging. I bookmarked it to my bookmark webpage list and will be checking back in the near future.
Please visit my website as well and let me know what you think.
2019年05月07日 09:00
It's an remarkable piece of writing designed for all the internet users; they will take advantage from it I am sure.
2019年05月31日 04:05
It's very simple to find out any topic on web as compared to books, as I found this
piece of writing at this web site.
2019年05月31日 05:12
I could not resist commenting. Perfectly written!
2019年06月02日 06:39
Hey very interesting blog!
2019年06月03日 16:03
Thanks , I've just been searching for information about this subject for
a while and yours is the greatest I've discovered so far.

However, what about the conclusion? Are you certain in regards to the source?
2019年06月22日 10:13
Generally I don't learn article on blogs, but I would like to say that this write-up very pressured me to try and do so!

Your writing taste has been amazed me. Thanks, very nice article.

この記事へのトラックバック