イギリス発、オーセンティックなスカ・バンド。「ザ・ビート」

画像
今夜のBGM・・・ THE BEAT / I JUST CAN’T STOP IT


誰が呼んだが知らないが、スカ四天王といえばスペシャルズマッドネスセレクター、そしてザ・ビート

面白いことに、メンバーの黒人比率が高くなるほど音も黒っぽくなっていく・・・というのは以前このブログにも書いたことがあるのだけれど・・・ちなみにマッドネスは全員白人、スペシャルズは7人中2人、セレクターは7人中3人が黒人メンバー。


そして最も黒人比率が高い、メンバー6人中3人が黒人というザ・ビートは、ネオ・スカ・ムーヴメントの嵐が吹き荒れた1980年前後のイギリスの中でも一番ジャマイカのオーセンティックなスカに近い手触りの音を出していました。その分音のパンク度は低いのだけれど、俺たちが一番ホンモノだぜ、という気概こそがパンク精神なのだ。



その白黒メンバーが交互に並んだ様子をデザイン化したファースト・アルバムのジャケットがとにかくカッコイイ。オリジナル発売時は赤の部分がシルバーになってて、そちらの方がさらにカッコイイのだけど。


さらに、このザ・ビートというバンド名、アメリカにも同じ名前のバンドがいたので、区別するために後にレコード会社によってイングリッシュ・ビートと改名されてしまいました。× JAPANみたいなもんか。

しかし、イングリッシュ・ビートなんてカッコつかないし、粋じゃないよね~。このバンドはスタイリッシュさやカッコよさが命なのに、断固シンプルなTHE BEAT表記に戻すべき!

ついでに、アメリカのザ・ビートはリーダーの名前をくっつけて、ポール・コリンズ・ビートと改名しました。こちらのザ・ビートはスカじゃなくてシンプルなパワー・ポップ寄りのロック・バンドだけど、こちらも実にカッコよい!



ザ・ビートと付くバンドにハズレはないよね。例えばザ・ビートルズとか(爆)。


Just Can't Stop ItJust Can't Stop It
English Beat

Rhino / Wea 2010-09-28
売り上げランキング : 95240

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


BeatBeat
Beat

Wagon Wheel Records 1994-05-19
売り上げランキング : 550251

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ジャム
2011年11月13日 07:57
あ、そうだったんですね。私はザ・ビート、セレクター、スペシャルズ、マッドネスの順で好きで、たまにしか聴かないのにザ・ビートだけはiPodに入れて年中聴いているのが納得できました。ふーむ、アメリカのザ・ビートってこんなんだったんですね。
2011年11月14日 01:14
スカ四天王、このザ・ビートだけ知りませんでした…(汗)
他の3つは知ってたのに、そこまで行きついてなんでこの人たちだけ知らなかったんだろうか(笑)

ザ・ビートとつくバンド、私が思いついたのは「ザ・ビートニクス」かなぁ。
鈴木慶一さんと高橋幸宏さんのやつ。
今年の「World Happiness」という野外イベントで友人が観たそうで、すごく良かったと言っていました。
あ、でもバンドじゃなくてユニットっぽい感じかも…。
2011年11月15日 03:40
>ジャムさん

そういえばニルヴァーナというバンドも英・米にありますが、あれは別にイングリッシュ・ニルヴァーナとか言わないですね。米の方が圧倒的に有名だからか・・・。英のニルヴァーナも好みなんですが。
2011年11月15日 03:55
>煌砂さん

鈴木慶一さんといえば、ムーンライダーズが無期限活動中止宣言をしましたね。

スカ四天王・・・スカという遠いカリブ海で生まれた音楽に、四天王という仏教的表現をくっつけてしまう所になんともいえない可笑しさを感じてしまう言葉です。

というか日本人て何でも四天王にしたがりますよね。モノマネ四天王とか、ラーメン四天王とか。

本来の四天王は、持国天、増長天、広目天、多聞天!
テンダネス
2013年07月06日 12:11
ジェネラルパブリックのテンダテスをYouTubeで見掛けてから、色んなサイトを渡り歩き、こちらに辿り着きました。
2013年07月07日 18:24
こんにちは!ジェネラルパブリック、80年代からリアルタイムですが全然記憶にありません(汗)。でも、テンダネスはいい曲ですね!これからもよろしくお願いします。
2017年05月07日 21:15
Good post. I learn something new and challenging on sites I stumbleupon on a daily basis.
It will always be interesting to read through content from other writers and practice something from their web sites.
2017年07月03日 16:24
You can definitely see your expertise in the paintings you write.
The world hopes for even more passionate writers such as you
who aren't afraid to say how they believe. Always go after your heart.
2017年07月05日 03:24
For the reason that the admin of this web site is working, no doubt
very rapidly it will be renowned, due to its quality contents.
2019年05月08日 19:01
This site really has all of the information I wanted about this subject and didn't know
who to ask.
2019年05月11日 07:10
We're a group of volunteers and opening a new scheme in our community.
Your web site offered us with valuable information to work on. You've done an impressive job and our whole community will be grateful to you.
2019年05月30日 13:10
It's going to be finish of mine day, however before finish I am reading this fantastic piece of writing
to improve my know-how.
2019年05月30日 23:22
Remarkable! Its in fact awesome piece of writing, I have
got much clear idea concerning from this paragraph.
2019年06月02日 03:07
I like the helpful information you supply to
your articles. I'll bookmark your weblog and test
again right here regularly. I am rather sure I'll learn many new stuff right here!
Good luck for the next!
2019年06月03日 18:57
I think that everything composed was actually very reasonable.
However, think on this, what if you were
to write a killer headline? I mean, I don't want to tell you how
to run your website, but what if you added a headline to maybe grab a person's attention? I mean CM_X_AI[Z_eBbN_XJEo_hBuUEr[gv _y_@since 2005/EFu_u_O is kinda plain. You could peek at Yahoo's home page and watch how they create post titles to grab viewers to click. You might add a video or a related picture or two to get people excited about what you've got to say. Just my opinion, it might make your blog a little bit more interesting.

この記事へのトラックバック