第54回グラミー賞当確!?アデル「21」。

画像
今夜のBGM・・・ ADELE / 21

日本時間の2月13日に開催される第54回グラミー賞の授賞式。そこで最優秀アルバム賞を含む6部門にノミネートされているイギリスのシンガー、アデル。授賞式でのライヴ・パフォーマンスも予定されてます。恐らく賞を総ナメにするでしょう。


なんせ昨年発売されたアルバム『21』は1月の発売以来、全米チャート1位を通算19週獲得、全世界19ヶ国で1位獲得、世界セールス1700万枚突破と、世界中で今だに売れ続けるロングセラーとなっている。(いずれもこれ書いてる時点の数字)


日本でも世界からそういったニュースが伝わるにつれ、ようやく売れ始めました。あいかわらず遅いなあ。日本は洋楽で売れるのはガガとKARAばっかりだかんね(KARAを洋楽と言っていいのかわからんが)。


ちなみに、前作『19』についての記事を書いたのが2008年。『19』『21』とアルバムを製作した時のアデルの年齢がアルバム・タイトルになっているのは、日本の奥田民生のアルバム『29』『30』にインスパイアされたという。(←ウソ)


前作に収録の「チェイシング・ペイヴメンツ」に匹敵するほどの名曲は無いが、全体的にクオリティの高い楽曲が揃っています。中でも突出してるのがやはり「Rolling in the Deep」と「Someone Like You 」。1曲目とラストにとっておきの曲を持ってくるとこが憎い。




とても素晴らしいシンガーが、良い楽曲を良い演奏を伴って録音した、普通にいいアルバム。11曲入りってサイズもチョードイイ!(←ショーン・レノン風に)。いまこういった普通に通して聴けるいいアルバムが少なすぎる。長いし飛ばしたくなる曲多いし。過剰なまでのエレクトロ・ポップ攻撃に耳が食傷気味だし。


別にエレクトロを否定するわけではないけど、右行ったり左行ったりしながら、ゆっくり進化して行くのが文化ではないかと。なのでこういったオーセンティックなアルバムがグラミー受賞するのも体制のゆり戻しとしてはいいのではないでしょうか。つーか保守的なグラミー好みの音だよね。


・・・とかなんとか言って、別にグラミー獲ったとかセールス何百万枚とか、音楽の本質とは関係ないんで本当は全然興味ないんですけどね。おじさん、グラミー賞よりグラマー賞の方がいいなあ、ガハハ!(←どうしようもないオヤジ)


あ、グラミーではポール・マッカートニーもパフォーマンスするみたいなんで、そっちも楽しみですね。


1919
Adele

Xl Recordings UK 2008-01-29
売り上げランキング : 175

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2121
Adele

Sony 2011-02-22
売り上げランキング : 1098

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

パック
2012年02月11日 10:01
初めまして
アデルは「グラミーなんて興味ないぜって」って言うひねくれた野郎にも食いつきがいいきがします
2012年02月12日 22:24
>パックさん

初めまして!
アデルは玄人好みのシンガーですよね。あの若さで相当なヘヴィースモーカーであの声ですからね、やさぐれ具合も素敵です(笑)。
cere
2012年02月14日 16:04
カナさん、こんにちは。
僕は流行に敏感な若者でありながらアデルについてほとんど知らず聴いてなかったのですが、「Rolling in the Deep」がかなり好きになってしまってます。ジャケの写真よりふくよかで衝撃!!(笑)
P.S.
ホイットニー・ヒューストンさんがお亡くなりになったので悲しみにくれてます・・・
P.S.
大人のロック!のストーンズ特集を内容見ずに買いました。カナさんは購入されました?
2012年02月16日 06:23
>cereさん

>ジャケの写真よりふくよかで衝撃!!(笑)

衝撃ですよね(笑)。でもアデルは発言を聞いてても体型についてプライドを持ってるみたいです。

ソウルやゴスペルのシンガーって太ってる女性が多いですよね。アデルもあの体型だからこそあの声だと思いますし、シンガーなのだから体型よりもすべてを歌のために優先させるべきだと思います。痩せたジェニファー・ハドソンには全く魅力を感じません。

大人のロック!、買うと自分がジジイになった気がしてしまうのと(笑)、特集の内容が浅い気がするので買ってません。
ジャム
2012年02月16日 08:50
もう失恋の歌は作らないと言っていたと思ったら活動休止宣言したり、彼氏がアデルは床上手なんだぜとかいろんな情報が入ってきていますが、失恋ソングでなければゴスペルみたいな宗教がかった歌を歌い続けて欲しいですね。
2012年02月18日 01:33
>ジャムさん

アデルは若くして栄光をつかんでしまいましたが、これで自分を見失わずに、今までと同じスタンスで活動していって欲しいです。ホイットニーのように悪い男に引っかかってドラッグに溺れて・・・なんてことにならないで欲しい。まあアデルはいい子ちゃんキャラじゃなくて元々ビッチなキャラがウリなので心配ないとは思いますが。
ルドルフ
2012年02月19日 09:45
グラミーの映像でアデル見ました、つーか知りました。
確かに体型は(笑)
それより、全体的な野暮ったさが逆に新鮮でした。
歌は、エイミー・ワインハウスっぽいと感じましたが、どんなものでしょう。
2012年02月23日 19:31
>ルドルフさん

アデル、ロンドン出身なのに田舎娘っぽい感じが逆に新鮮ですね。エイミーさんはもうちょっと都会のやさぐれた感じがしますが、アデルは田舎の暴れ者といった感じです(←勝手なイメージ)。
いずれにせよ亡くなったエイミーさんの分まで頑張って欲しいと思います。

この記事へのトラックバック

  • 第54回グラミー賞 アデル最多6冠

    Excerpt: Grammy Nominees 2012 [E:note]主要のRecord O Weblog: おねぇ~ちゃんズHi! racked: 2012-02-17 01:52
  • プラダ 財布

    Excerpt: 第54回グラミー賞当確!?アデル「21」。 音楽酒場 since 2005/ウェブリブログ Weblog: プラダ 財布 racked: 2013-07-10 01:08