ライフタイム・ベストアルバム40枚目 ザ・ビートルズ「リボルバー」

56269989_2117098111739141_1150809789446488064_n.jpg
ライフタイム・ベストアルバム。

最後の40枚目は、敬意を表してザ・ビートルズ「リボルバー」です。

ビートルズは「ホワイト・アルバム」とどっちにするか迷いましたが、2枚組のボリュームよりコンパクトなこちらを選びました。

このアルバムを好きな理由は色々ありますが、一番の理由はジョンとポールの実力が拮抗しているバランス感覚。

前作の「ラバーソウル」で急激な成長を見せたポールが、この「リボルバー」ではいよいよジョンを超えてイニシアティヴを握ろうとしている。

「エリナー・リグビー」や

https://youtu.be/wbxTlxuECJA

「ヒア・ゼア・アンド・エブリホエア」

https://youtu.be/xdcSFVXd3MU

「フォー・ノー・ワン」

https://youtu.be/ELlLIwhvknk

といった有無を言わせぬ名曲の数々。

対してジョンは個人的に大好きな

「アイム・オンリー・スリーピング」

https://youtu.be/BT5j9OQ7Sh0

パワー・ポップのルーツと言われる「アンド・ユア・バード・キャン・シング」

https://youtu.be/Uq0aeEYLkIE

サイケデリックな「トゥモロー・ネバー・ノウズ」

https://youtu.be/pHNbHn3i9S4

など、まったくジョンらしい楽曲で存在感を示しています。

次作以降はいよいよポールがアルバムのコンセプトまで支配するようになり、ジョンとしては勝手にすれば?と言わんばかりにヨーコと自分のワールドに逃避していった気がしますが、この「リボルバー」までは純粋に音楽的にジョンとポールの双頭体制でアルバムの秩序が保たれていたように思います。

その2人に割って入るようなジョージのソングライターとしての躍進も素晴らしい。

「タックスマン」でアルバム冒頭を飾り、「ラヴ・ユー・トゥー」ではインド音楽の導入。

特に「タックスマン」は大好きな曲で、この曲ではベーシストとしてのポールの恐ろしいまでの実力が確認できます。

0分55秒からのベースのフレーズ!!人力でやってるとは思えません。

https://youtu.be/l0zaebtU-CA


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント