ボズ・スキャッグス「スロウ・ダンサー」

28795647_1593145454134412_7610147428162863104_n.jpg
休日はアナログレコード。

ブルー・アイド・ソウルってのはつまり黒人音楽に憧れた白人さんがやってるソウル・ミュージックのことです。

その代表格の1人、ボズ・スキャッグス。

ボズもこの後だんだん洗練されて(=チャラくなって)いきますが、この頃はまだ南部の香りがプンプンします。

ちょうど過渡期ぐらいかな?

洗練一歩手前のイナたいサウンドとボズのねちっこい歌声が最高です。

https://youtu.be/2NP7-wLgxJM

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント