ラリー・カールトン「夜の彷徨」 名演「ルーム335」はスティーリー・ダン「ペグ」の双子の弟。

IMG_3444.jpg
今日の1枚はラリー・カールトン「夜の彷徨」、アナログレコードです。

この時代のフュージョンのアルバムはレコードで聴くとめっちゃ音がよい。

1曲目はカールトンの代名詞と言える名演「ルーム335」。

私は世界一掃除がはかどる音楽と呼んでいます(笑)。

https://youtu.be/KN6AV-NsGVA

曲自体はスティーリー・ダンの「ペグ」そっくりです。

それもそのはず、カールトンは「ペグ」のセッションに呼ばれてギターソロを弾きました。

結局そのテイクはボツになり、ジェイ・グレイドンのソロが使われたのですが、カールトンは「ペグ」がいたく気に入り、スティーリー・ダンの許可をとってイントロのリフを引用したのです。

ちなみに「ペグ」でドラムを叩いていたのはリック・マロッタ。

「ルーム335」でドラムを叩いているのはジェフ・ポーカロ。

そのジェフ・ポーカロもスティーリー・ダンのセッションではおなじみで、同じく「ペグ」のマロッタのドラムが凄く気に入り、いつもカーステレオの中で聴いていたそうです。

みんなどんだけ「ペグ」が好きなんだ!

https://youtu.be/MXupeS9hv70

なので「ルーム335」のポーカロのドラムはマロッタを意識していると思われますが、マロッタよりキレキレなのが笑える。

ポーカロを聴いてしまうと、マロッタのがややモッサリして聴こえる。

いやマロッタも凄いドラマーなのだけど。

ちなみにカールトンはスティーリー・ダンの「キッド・シャールメイン」でもギター・ソロを弾いていますが、こちらは見事に採用され、しかもロック・ギター・ソロ史上に燦然と輝く名演となっております。

https://youtu.be/jJ9Xk-VoGqo

それについては、むか~し書いた記事があるのでよろしけばご参照下さい。

https://ongakusakaba.at.webry.info/200602/article_11.html


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント