キング・クリムゾン『MUSIC IS OUR FRIEND JAPAN 2021』名古屋公演に行ってきました!

IMG_3689.jpg
11月30日(火)名古屋市公会堂で行われた、キング・クリムゾン『MUSIC IS OUR FRIEND JAPAN 2021』名古屋公演に行ってきました!

IMG_3563 (1).jpg

セットリストはこちらです!
キング・クリムゾンは公式YouTubeチャンネルを持っているので、せっかくだから全曲リンクを貼っときました!(暴挙)

・第1部
01. Hell Hounds of Krim
https://youtu.be/ni9z-AW8Ux0

02. Larks' Tongues in Aspic, Part One
https://youtu.be/CVb2tnFN5AA

03. Pictures of a City
https://youtu.be/c7QdzDssvqY

04. The Court of the Crimson King
https://youtu.be/ukgraQ-xkp4

05. Peace: An End
https://youtu.be/M65wSib0R4c

06. Red
https://youtu.be/X_pDwv3tpug

07. One More Red Nightmare
https://youtu.be/cLoQADJnGr4

08. Moonchild
https://youtu.be/DnYDqv8-lJE

09. Tony's Cadenza
https://youtu.be/HmYSprkYK_8

10. Discipline
https://youtu.be/en5YRCvppIA

11. Indiscipline
https://youtu.be/tH3phKBbVLs

---Intermission---

・第2部
12. Drumzilla

13. Epitaph
https://youtu.be/vXrpFxHfppI

14. The ConstruKction of Light
https://youtu.be/W7BS95mnpV4

15. Neurotica
https://youtu.be/Guj9DbkzyOU

16. Radical Action II
https://youtu.be/GFO1vAg4ToE

17. Level Five
https://youtu.be/UPVUGZa1h3E

18. Starless
https://youtu.be/OfR6_V91fG8

---encore---

19. 21st Century Schizoid Man
https://youtu.be/7OvW8Z7kiws

IMG_3685.jpg


新旧のアルバムから満遍なく、そして惜しみなく代表曲を披露してくれました。

アルバム「RED」から3曲も聴けたし。

「Islands」が聴けなかったのは残念だったけど。

なのでここに貼っておきます!

https://youtu.be/jY7dbRyoHfE

しかし初めて生で聴いたトリプル・ドラムの音圧は凄かった!

あと、トニー・レヴィンの足長かった!

ロバート・フリップが演奏終わった後も名残惜しそうにステージに残って、会場を見渡した後、ゆっくり去っていったのが印象的だった。

これで最後の来日なのか?

そうでもおかしくないほど豪華なセット・リスト。

しかも今回微妙なタイミングで、オミクロン株の拡大による外国人の入国規制がかかったので、あと10日ほど公演日程が後だったら来日できなかったとのこと。

観れて運がよかった。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2021年12月04日 16:35
初めましてローリングウエストと申します。新潟県柏崎生れ川崎市在住、今月64歳になる中年オヤジ(旅好き・歴史好き・洋楽ロック・サッカー好き)でございます。洋楽興味ある方の関連ブログを検索したら貴殿ブログを見つけて覗かせてもらいました。小生は60年代末~70年代ロックファンです!貴殿の過去掲載記事を見ますと共通点が沢山あったので嬉しく思いました。
キングクリムゾンはここ数年で2回来日していますね。リザードはまだ聴いていなかったかも・・!やはりデビュー盤「クリムゾンキングの宮殿」、70年代黄金期の2名盤「太陽と戦慄」&「レッド」が最高です。「クリムゾン・キングの宮殿」のメロディアスで叙情的な表情、「太陽と戦慄」&「レッド」サックスとギター・炸裂ドラムによる激しい即興演奏の応酬を聴かせる大作が圧倒されました。ロバート・フリップ音楽精神の進化を具現化し続けたクリムゾン。プログレッシブ・ロック=「進歩的なロック」という名前は、まさに彼のためにあったと言っても過言じゃないと思います!
よろしければこちらにもお立ち寄りください。今はジョン・クーガー・メレンキャンプ特集を公開しています。
今回記事公開URL https://rolingwest.exblog.jp/32397015/
過去紹介した記事一覧URL  https://rolingwest.exblog.jp/19166834/
カナ
2021年12月06日 11:19
>ローリングウエスト様

コメントありがとうございます!!

私は1971年生まれですので、人生の大先輩ですね。年上の洋楽ファンの方とやり取りしていていつも思うのは、私の好きな60年代70年代の音楽の多くをリアルタイムで体験されているのが、うらやましくて仕方ない!ということです(笑)。

ブログも拝見させていただきました。すごい数のアーカイヴで、史料価値がとても高いブログですね!参考にさせていただきます。
今後とも是非よろしくお願いいします!!!