慈愛に溢れた1年を!ジョージ・ハリスン「慈愛の輝き」

IMG_3806.jpg
お正月三が日も今日で最後。

今日のアナログ・レコードは、ジョージ・ハリスンの「GEORGE HARRISON(邦題:慈愛の輝き)」です。

パンク/ニュー・ウェイヴの嵐が吹き荒れる1979年の発売ですが、ジョージはパンク・ロックのことを「クズだ」と言い放った。

そんな頑固親父ジョージですが、ジャケットの写真は穏やかで優しい。

自信に満ち溢れているようにも見える。

パンクが流行ろうがニュー・ウェイヴがどうだろうが、いつの時代も自分の好きな音楽を一貫してやり続ける。

そんな不器用で一徹なところもジョージの魅力の1つ。

後にエリック・クラプトンもほぼそのままのアレンジでカヴァーした1曲目「LOVE COMES TO EVERYONE」は、ジョージらしいフワッとした優しいメロディーに癒される。

私のジョージのフェイヴァリット・ソングです。

慈愛に溢れた1年を!

https://youtu.be/lg78Yy7iCTk


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2022年01月05日 14:43
やや出遅れましたが、あけましておめでとうございます。オミクロン株の不安も拭えませんが今年こそ明るい年になることを願うばかりです。ジョージ・ハリスンは58歳の若さで亡くなってから昨年11月に20年の節目を迎えましたね。2ケ月前に「オール・シングス・マスト・パス」をじっくり聴き「マイ・スウィート・ロード」「美しき人生」を懐かしみましたが、今度は「慈愛の輝き」を楽しもうと思います。2022年もブログ交流お付き合いよろしくお願いいたします。
カナ
2022年01月09日 13:42
>ローリングウェストさん

こちらこそ遅くなりましたが明けましておめでとうございます。
オミクロン株の感染力の高さは恐ろしいですね。重症化はしにくいようですが・・・。
一刻も早く以前のような日常が戻ってくるとよいですね。本年もよろしくお願いいたします。