追悼ミートローフ。「地獄のロック・ライダー」

追悼、ミートローフ。 彼の代表作「地獄のロック・ライダー」は、映画「ストリート・オブ・ファイヤー」の音楽を手掛けたジム・スタインマンが作曲し、トッド・ラングレンがプロデュースしたミュージカル・メタル! アメリカでバカ売れしたが、日本では売れなかった。 それもわかるけど、大甘で美しい。 アメリカ大衆になったつも…
コメント:0

続きを読むread more

ジェフ・ベック・グループ「トゥルース」

今日のアナログ・レコードは、ジェフ・ベック・グループの「トゥルース」です。 実はロッド・スチュワートのヴォーカルがあまり得意ではないのですが(汗)、まだこの頃は嫌味がないというか、主役はベックなのでそこまで気にならない。 あとジェフ・ベックのアルバムはジャケットのデザインが「ん?」と思うものが多いのですが、これはシンプル…
コメント:3

続きを読むread more

追悼・水島新司先生。

追悼・水島新司先生。 「ドカベン」や「大甲子園」を貪り読んだ少年時代。 まさに巨匠でした。 私は普段ロックの記事ばかり書いていますが、少年時代はマンガ家になりたかった。 そんな少年時代に熱中した、レジェンド漫画家の先生方は、自分にとって好きなロック・スターと同等か、それ以上にリスペクトしています。 これ…
コメント:0

続きを読むread more

ギター・ポップ好きのバイブル、マシュー・スウィート「ガールフレンド」(※2007年の過去記事の再編集版)

今日のBGMは、ギター・ポップ好きのバイブル、マシュー・スウィートの「ガールフレンド」です。 ロック名盤大豊作の年、1991年発売。 いろいろ書こうと思っていたら、2007年にかなり気合の入ったレビューを書いていたのを発見。 すっかり忘れていた。 同じことを書くのもアレなので、その過去記事を加筆修正して再掲します…
コメント:0

続きを読むread more

追悼、ロニー・スペクター。

追悼、ロニー・スペクター。 ウチのステレオは通常5.1ch疑似サラウンド・モードになっているのですが、今夜はモノラル・モードに切り替えて、ロネッツのベストを大音量で聴きます。 ロネッツで一番有名な曲は、言うまでもなく「BE MY BABY」なのですが、 https://youtu.be/jSPpbOGnFgk 意…
コメント:2

続きを読むread more

永田レイナさん、ロックTシャツ、ソニック・ユース「ダーティ」

今夜のBGMはソニック・ユースの「ダーティ」です。 なぜ突然ソニック・ユースかというと、先日、名古屋のZIP-FMで朝の番組のナビゲーターをしている永田レイナさんのインスタライヴをなんとなく観ていたら(笑)、彼女がこのTシャツを着ていたので、聴きたくなってCDを引っ張り出してきただけです。 最近、若い子が…
コメント:0

続きを読むread more

作業BGMにエリック・クラプトン「ロックダウン・セッションズ」

世間の3連休中も仕事してます。 今日は午前に来客があったきり電話もかかってこない。 なので、事務所のBluetoothスピーカーにクラプトンの「ロックダウン・セッションズ」を飛ばして、BGMにして書類作成。 はかどる! https://youtu.be/SgOntDrgHV4 https://youtu…
コメント:0

続きを読むread more

カヴァー集を聴くと、その人のルーツがわかる。藤井風「HELP EVER HURT COVER」

今日の1枚は、藤井風のカヴァー集「HELP EVER HURT COVER」です(サブスクですが)。 世の多くの人と同じく、紅白歌合戦を観て、改めてその才能に気付かされた一人です(笑)。 で、よくよく調べると、カヴァー・ソング集を出しているではないですか! しかもオール洋楽! 私はアーティストのカヴァー集とい…
コメント:0

続きを読むread more

慈愛に溢れた1年を!ジョージ・ハリスン「慈愛の輝き」

お正月三が日も今日で最後。 今日のアナログ・レコードは、ジョージ・ハリスンの「GEORGE HARRISON(邦題:慈愛の輝き)」です。 パンク/ニュー・ウェイヴの嵐が吹き荒れる1979年の発売ですが、ジョージはパンク・ロックのことを「クズだ」と言い放った。 そんな頑固親父ジョージですが、ジャケットの写真は穏やかで…
コメント:2

続きを読むread more

新年あけましておめでとうございます。ザ・ビートルズ「ア・ハード・デイズ・ナイト」

あけましておめでとうございます。 新年ということで、レコード針を新しいものに交換し、さっそく今年1枚目のアナログ・レコードです。 ビートルズ「ア・ハード・デイズ・ナイト」。 とてもいい音で聴けています。 初期ではこれが一番好き。 ちょっとした思い出のある1曲「恋におちたら」を聴くと、いつもノ…
コメント:0

続きを読むread more