ブルーな気分をブッ飛ばせ!!

B00000117M.01.LZZZZZZZ.jpg
今朝のBGM・・・ Nick Lowe / Labour Of Lust


今朝は朝から雨ですな。
今夜は店の棚卸が深夜12時からある。終了予定は明日の朝9時。徹夜だぜ。
しかも明日は昼2時から親知らずの抜歯のオペ。巨大な親知らずを分割し、細かくして取り出すのだ。オエー。

こーいうブルーな気分の時は、テッテ的にブルーな気分を煽る音楽を聴いて、堕ちるとこまで堕ちてしまう、後は昇るだけだから・・・というのも一つの手だが(わたしはよくやる)、今日はひとつスカッとこのジメジメした天気と気分をブッ飛ばすとするか!

というわけで、ニック・ロウの「レイバー・オブ・ラスト」。ニック兄貴のパブロック・スタイルの名盤といえば「ジーザス・オブ・クール」、パワーポップの名盤といえばこれ、と相場が決まっている。というか、今決めた!

まず、ジャケがいかす。兄貴もなんだか若々しい。(実際若いけど)
しかし内容はもっといかす。いきなりの超名曲、「恋するふたり(クルエル・トゥー・ビー・カインド)」のイントロ、アコギがジャカジャカ鳴り始めた瞬間、フワーッとニックのポップ・ワールドが広がり、空は晴れ渡る。

演奏が骨太だからこそ、ポップなメロディーが際立つというもの。やっぱパワーポップはこうでなきゃ!

渋い2曲目、パーカッシブでカッコいい3曲目と続き、4曲目「アメリカン・スクワーム」がまた名曲。「チャラリラリ~」というツイン・ギターのハモリで涙。サビは一緒に歌ってしまえ!

ちなみにニックのパワー・ポップ名盤といえば、デイブ・エドモンズ兄貴とやってた幻のバンド、ロックパイルの「セカンズ・オブ・プレジャー」も必聴。

"ブルーな気分をブッ飛ばせ!!" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
ホームページアドレス
コメント[必須入力]