マイルスの超弩級ライヴ盤「アガルタ」「パンゲア」で今日の体調を計る。

B00004VUJP.09.LZZZZZZZ.jpg
今夜のBGM・・・ Miles Davis / AGHART

このアルバムを聴いているということは、体調がいい証拠だ。

そんな聴くものの体調を問うほどのヴォリューム、そしてカロリーたっぷり。
キーワードはジミヘン、ファンカデリック、サンタナのサード・アルバム・・・。これらが好きな人なら必ずはまる、マイルス・デイヴィスの必殺ライヴ盤「アガルタ」と「パンゲア」。

今日はたまたま「アガルタ」を聴いていますが、「アガルタ」と「パンゲア」は同日のライヴの昼の部と夜の部。それぞれが2枚組アルバムなので、あわせて4枚組みライヴ・アルバム!と考えることができます。オエー。

「アガルタ」のオープニングは、ファンカデリックも真っ青のどす黒いファンク・ナンバー。一方の「パンゲア」は、レッド・ツェッペリンにもどうだ!といわんばかりのハードロック・ナンバーで始まるので、そのときの気分によってどちらを聴くか決めてます。

この時のマイルス・バンドの肝となるのが、巨漢ギタリスト、ピート・コージー。ドラムのアル・フォスターとベースのマイケル・ヘンダーソンが作り出す黒いビートにのって、ジミヘンがのりうつったかのように延々と垂れ流す、強烈に歪んだギターソロが始まると、周りに異様なオーラが漂ってきます。

「アガルタ」では、ディスク1の前半、30分以上続く怒涛のファンク攻撃「プレリュード」が終わり、「マイシャ」が始まる瞬間の美しさが最高です。マイルスは美しいトランペット・ソロだけでなく、要所要所で弾くオルガンでもいい雰囲気を出してます。J.B.もたまにオルガンを弾きますが、オルガンにはバンドに指示を与えるコントローラーのような働きがあるのだとか。

一番でかい音で聴ける場所、ということで、以前はよく車の中でヴォリュームを思い切り上げて聴いていましたが、いま思うととっても危険。よく事故らなかったなあ。いまではもっぱらヘッドフォンです。

とにかく1曲が長い(というか、繋ぎ目が無いのでどこまでが1曲だかよくわからない)ので、一度聴きだすと途中で止めにくい。それゆえ体調の優れたときでないとついていけません。そのかわり、無事聴き終えた時の充実感は最高。マラソン完走した感じってこんなんでしょうか?(ランナーの方に怒られそう)

聴いててこれだけ疲れるので、やる方はもっと疲れるだろうなあ。実際この後マイルスは長い休養期間に入ってしまうわけだし。それも納得のこの密度の濃さ。70年代エレクトリック・マイルスの集大成にして、ロック/ファンク/ジャズを含むポピュラー・ミュージックが一番遠いところまで行った瞬間の記録。

"マイルスの超弩級ライヴ盤「アガルタ」「パンゲア」で今日の体調を計る。" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
ホームページアドレス
コメント[必須入力]