ディアンジェロはプリンスの正統後継者か?

画像
今夜のBGM・・・  D’ANGELO / BROWN SUGAR

プリンスのニューアルバム「3121」、まだ買ってません。

タワーレコードでじっくり試聴したんだけど、今ひとつ「ビビビ」(←古い)と来なくてね~。困りました。

プリちゃんの新作と言えば、今までは3食抜いてでも真っ先に入手していたというのに・・・。(ちと大げさかな?)オイラもついにヤキが回ったか・・・。

ちなみに、このアルバム、どの音楽誌見ても絶賛されてます。ピンと来なかったのは、聴き込みが足りないせいか、単にその時の精神状態が「プリンス・モード」ではなかったからかも知れない。いずれにせよ、殿下のオリジナル・アルバムは全部揃ってるので、穴開けるわけにはいかないし、いずれ買うと思いますけどね。(ネガティヴな理由だなあ)


最近よくディアンジェロの1st「ブラウン・シュガー」をよく聴いている。(試聴はコチラ!

プリンスの一番かっこいい頃のスロー・ファンクを、さらにトロリとするまで煮詰めて、ネッチョリンと糸引くようなタイトル曲①「ブラウン・シュガー」
ジャジーなのにポップかつ美しい⑧「ホエン・ウィ・ゲット・バイ」。只者ではない。

しかし、実は最初に聴いたのは2nd「ヴードゥー」の方が先だ。(試聴はコチラ!

こいつにはブッ飛びました!タイトルからして危ないが、内容はもっと危険。このリズム、黒魔術の儀式の後に乱交する男女のBGMか?実際、裏ジャケには白目向いて今にもニワトリを引き裂こうとしている黒人女性の写真が。あぶねーよ。特に②「デヴィルズ・パイ」、こんなゾクゾクするほとオソロシカッコイイ曲を作れてしまうディアンジェロの才能は、異端だけどスケールがでっかく、プリンス後に出てきた数多の男性ブラックシンガーの中でも群を抜いている。

画像


願わくば、プリンスの後継者になって欲しいと思っていたが、10年間でアルバムたった2枚という超寡作ぶり(笑)。そんな所にまで大物感漂わせてどーする!?

プリンスなみのペースで新作を発表して欲しい!というのはちょっと無理かな(笑)。やっぱプリンスの創作ペースというのはちょっと異常ですね。ワーカホリックなのか、真の天才だからなせる業なのか、狂ってるのか(笑)、そうやって考えると、やっぱ凄いわ、プリンス。



"ディアンジェロはプリンスの正統後継者か?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント