ブリストルの恐るべき子供たち、ザ・ポップ・グループ!

画像
今夜のBGM・・・ THE POP GROUP / Y

ちょっと最近レイドバックし過ぎですね。

今年に入ってから、いろいろと切ない出来事が続いたせいで、音楽に癒しを求めることが多かったのですが、たまにはトンがった音楽も聴かなきゃね。ただ、トンがってはいるけど新しくはない、というところが弱点でありますが・・・。今日はコメント、ゼロでもいいや。


ジャーン!というわけで、ポスト・パンクの恐るべき子供達、ザ・ポップ・グループのデビュー盤「Y」から今日は聴き始めました。試聴はコチラ!


ポスト・パンク~ニュー・ウェイブ勢の中でも、最もオルタナティヴな存在として知られる彼らですが、このデビュー盤は何のことはない、ファンカデリックみたいなファンクがやりたかったのに、演奏力と歌唱力が足りなくて、それを隠すために思いっきりダブを重ね、その結果こんなわけのわからないオリジナル・サウンドが出来上がってしまったという、ただそれだけのことです。

そう思って聴くとあら不思議、実にフツーのロックに聴こえるではありませんか。怖いのはジャケだけです。(ホントか?)


そして、本当に彼らが凄くなるのは、この2ndアルバム「ハウ・マッチ・ロンガー」です。

画像



明らかに、このアルバムでは独特のグルーヴが感じられるようになっています。演奏や歌の攻撃力も前作より格段にUP!
インドっぽいパーカッションとサウンド・コラージュをバックにラップする③や、フィードバックノイズの雨あられをかいくぐりながら、つんのめるように走り抜ける疾走ファンク④のカッコよさ!
全編、激烈なメッセージを叩きつけるシャウトと、リズムの実験が織り成す、ファンク&フリー・ジャズの地獄絵巻です。こりゃ凄いよ。


さらに、解散後ソロに転向したリーダーのマーク・スチュワートは、NYで生まれたばかりのヒップ・ホップの手法まで取り入れて、2ndソロ・アルバム「As The Venner Of Democracy Starts To Fade」を発表。

画像



ほとんどアフリカ・バンバータみたいな強靭なリズム・トラックをバックに、これまた過激なノイズ/ダブ/サウンド・コラージュをやりたい放題にやってます。かっちょえ~。しかしキ○ガイ音楽だなこりゃ。この過剰さがたまらないのです。フフフ。これは確実にサディストのテーマソングです。ちょっとやばい気分になってきたんで、今夜はこのへんで。






"ブリストルの恐るべき子供たち、ザ・ポップ・グループ!" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
ホームページアドレス
コメント[必須入力]