クール・テナーの巨人、スタン・ゲッツは元祖ロックンローラー?

画像
今夜のBGM・・・ STAN GETZ / STAN GETZ PLAYS

セックス、ドラッグ、ロックンロール。


といえば、放蕩の限りを尽くすイカれたロックスターの代名詞である。


それこそ、70年代のストーンズやエアロスミスなどに代表されるような。


個人的には、80年代の日本のレッド・ウォリアーズを思い出してしまうのですが(笑)。セックス、ドラッグ、ロックンロールをデフォルメしたようなバンドだったので。


しかし、少なくとも、40~60年代までは


セックス、ドラッグ、ジャズ


だったりした。


後のロックンローラー達も真っ青の超ウルトラジャンキー野郎がその辺にゴロゴロしてる恐るべきジャズ界。しかもジャズの場合、見かけは普通にスーツ着た紳士風だったりするから余計にタチが悪い(笑)。


中でもこのスタン・ゲッツは全盛期は相当なジャンキー野郎で、麻薬欲しさに強盗まがいのことまでしたというツワモノだ!金には相当汚なかったらしいよ。おまけに、日本公演では思いっきり手を抜きまくったというハナシだし。素敵!それでこそジャズマンの鏡だ!(←間違ったイメージ)


しかしスタン・ゲッツがどんな人間だったかなんてことは、はっきりいってどうでもいい。べつに友だちじゃないし。彼の残した素晴らしい音楽があればそれで大満足だからね。


ゲッツといえば、やはり有名なのがジョアン・ジルベルトと組んだボサ・ノヴァもの、「ゲッツ/ジルベルト」だ。確かに素晴らしいし、お洒落だし、これから暑いシーズンにはもってこいだし、女の子にもオススメ。試聴はコチラ!でも、ジャズマンとしてのゲッツの作品とは切り離して、別物として考えた方がいいでしょう。(ボッサは金になる、とわかったゲッツは、この作品の後ますますボッサづいて行きますが。)


ゲッツがバリバリと、しかもクールにテナーを吹きまくるモダン・ジャズの名作といえば、やはりプレスティッジ盤の「スタン・ゲッツ・カルテッツ」、これに限ります。学生の時に入手して以来もう10年以上、時折取り出しては聴いていますが、う~ん、シビれます。この聴き手をちょっと突き放したような孤高な感じがたまらない。別に村上春樹を気取っているわけではないのです。これは是非、試聴していただきたい。試聴はコチラ!


ところが、録音が古いのは別に気にならないんですが、ジャケがどうもねえ。地味すぎる。このジャケをトップ画像に持ってくると、まあ客はこねえわなあ。(←大沢親分風に)


ということで、あざといわたしは、ジャケ写真にヴァーヴ盤「スタン・ゲッツ・プレイズ」をもって来ました。このジャケならOKでしょ?子供にキスさせたりして、やさしいお父さん風で可愛いじゃないですか。でもホントは嫌なヤツなんだよ!(←くどい)。この作品も名作なので、試聴つけときますすね。試聴はコチラ!


というわけで、わたしの好きなテナー奏者の1人、スタン・ゲッツのアルバム、是非一度お試しください!


クールからウォームに移り変わるゲッツ・サウンドの変遷をたどる4枚。

スタン・ゲッツ・クァルテッツ+4スタン・ゲッツ・クァルテッツ+4
スタン・ゲッツ アル・ヘイグ トミー・ポッター

ビクターエンタテインメント 2005-09-22
売り上げランキング : 53451
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1950年発売。音は古いがやっぱりこれが一番好き。クールでスタイリッシュ!

スタン・ゲッツ・プレイズ+1スタン・ゲッツ・プレイズ+1
スタン・ゲッツ デューク・ジョーダン ジミー・レイニー

ユニバーサルクラシック 2003-04-23
売り上げランキング : 31653
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1952年の作品。音は若干ソフト&マイルドに。スタンダード曲がズラリ。これも名盤。

ゲッツ/ジルベルトゲッツ/ジルベルト
スタン・ゲッツ&ジョアン・ジルベルト アストラッド・ジルベルト アントニオ・カルロス・ジョビン

ユニバーサルクラシック 2003-04-23
売り上げランキング : 4912
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1963年の作品。言わずと知れた大ヒット作。ボッサ入門編にも最適。

スウィート・レインスウィート・レイン
スタン・ゲッツ・クァルテット

ユニバーサルクラシック 2003-04-23
売り上げランキング : 4051
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1967年の作品。ゲッツ中期の名作。売り出し中のチック・コリアの新鮮なフレーズも聴き所。





"クール・テナーの巨人、スタン・ゲッツは元祖ロックンローラー?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント