結成20年目の大傑作!スピッツ「さざなみCD」

画像
今夜のBGM・・・ スピッツ / さざなみCD

基本的に、スピッツが好きって人は信頼できると思ってます。多分、やさしくて純粋な心の持ち主。あるいは、かつて純粋な心を持っていた人、とかね。


それにしても、スピッツのニュー・アルバム「さざなみCD」はほんとにいい。ちょっとビックリするぐらいいいなあ。手に入れて以来、もう何度も繰り返し聴いてます。



なんか・・・海に向かって走り出したくなる(笑)。



とにかくメロディがいい。全曲シングルカットできそうなレベルの高さ。ギターの音もリズムも骨太で芯のある男らしい仕上がりになってるし。パワーポップやね。


それに、草野マサムネの描く詩の世界。この人は本当に不思議です。今年でスピッツ結成20年、もう40歳のはずですが、デビュー当時と全く変わらない、キラキラと輝く、甘くてホロ苦い青春時代の1ページを切り取ったような情景や心情。よく書けるよなあ。今でも普段からこんなトキメク恋愛をしてるんでしょうか(笑)。


普通ならこの年になると、かつて純粋だった心にも色んな老廃物が溜まって(笑)、もう照れくさくて、あるいはヒネくれて、素直に受け入れられないような世界かもしれないけど、あの声で歌われるとスッと入ってくるんですよね。心が浄化されるというか、素直な気持ちに戻るんです。このCDを聴いている時間だけでもね。


オススメは「桃」「群青」「Na・de・Na・deボーイ」「ルキンフォー」「魔法のコトバ」「トビウオ」「漣」「砂漠の花」・・・でも全曲いいです。スピッツには50歳になってもこのままでいてもらって、オジサンでも青春できるんだぞ!ということを証明して欲しいですね(笑)。


さざなみCDさざなみCD
スピッツ 亀田誠治 草野正宗

ユニバーサルJ 2007-10-10
売り上げランキング : 21
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

日本の宝です。


"結成20年目の大傑作!スピッツ「さざなみCD」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント