冬の陽だまりのように暖かい、ケヴィン・エアーズ15年ぶりの新作。

画像
今夜のBGM・・・ KEVIN AYERS / THE UNFAIRGROUND

なんとケヴィン・エアーズ、15年ぶりの新作「UNFAIRGROUND」が届きました!


日曜日に届いて、それからずっと聴いてますが・・・・










いい




ああ~優雅に和む。15年ぶりってのに何の気負いもないような普通っぽさがいい。普通っていってもそこはエアーズ印だからどっか歪んでるんだけど、いびつじゃなくて丸く穏やか。


冬の日の昼下がり、気温は低いんだけど、お日様が出てて陽だまりにいるとポカポカと暖かい。そんな懐かしい感覚があるのです。


リンク先のyoikoさんが言ってるように、2007年の新譜とは到底思えないようなアナログな音質もたまりません。(yoikoさんのアルバムレビューはホント、いつもながら感動と愛情に溢れてて素晴らしいです!)

古き良き仲間たち・・・ロバート・ワイアットヒュー・ホッパーといったソフト・マシーン~カンタベリー人脈から、ベテランのフィル・マンザネラ(元ロキシー・ミュージック)やロビー・マッキントッシュ、そしてティーンエイジ・ファンクラブといった彼を慕う若手?まで、いつもながら多彩なゲストに支えられつつ、でも醸しだす雰囲気は相変わらず、歌声も飄々として・・・ちなみに以前書いた記事の中で、彼のボヘミアン人生についてサラッと触れてますが・・・なんか②の間奏聴いてたら涙が出てきた。


ロックって時代と共に激しく変化していく音楽だと思うけど、一方でこんな時間が止まったようにいつまでも変わらない音楽もあり続けて欲しいと思いました。



UnfairgroundUnfairground
Kevin Ayers

Lo-Max 2007-09-10
売り上げランキング : 36781
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ちなみにこの遊園地を描いたジャケットも美しいです。おんなじ遊園地っぽいジャケでも、今日発売された小田和正「自己ベスト2」とえらい違いだ。(←このタイトルも勘弁して欲しい)


"冬の陽だまりのように暖かい、ケヴィン・エアーズ15年ぶりの新作。" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
ホームページアドレス
コメント[必須入力]