あなたのブログの第1回目に登場したアーティストは誰ですか?

画像
今夜のBGM・・・ ERIC CLAPTON / UNPLUGGED



功罪あわせ持つアルバム、エリック・クラプトンの「アンプラグド」。

「功」は爆発的に売れたことでクラプトンに自信とやる気をもたらし、90年代以降の精力的な活動を続けるモチベーションの源泉となったこと。

「罪」はその後の安易なアンプラグド・ブームを生み出し、ミーハーなにわかクラプトン・ファンを大量生産し、クラプトン自身にも富をもたらして日本で吉田カバンを買い漁るブランド大好きオジサンにしてしまったこと。



・・・・・なーんてね。



個人的には罪だなんてまったく思ってません。ええ、これっぽっちも。功しかないじゃん。このアルバムが売れなきゃ90年代以降のクラプトンの活動はもっとショボイ、しょぼーいものになってました。ええ絶対。ひょっとしたら今頃はもう第一線を退いて隠居してしまってたかも知れない。デブ化してピーター・グリーンのようになってたかも知れないぞ!(←それはないか)・・・まったくもって内容も素晴らしいしセールスもそれに付いて来たという理想的なアルバムです。


だいたいメロウでセンチメンタルなクラプトンの持ち味ってのは「レイラ」の頃から全然変わってなくて、このアルバムはその側面にスポットを当ててクローズアップしただけで魂を売ってしまったわけでもなんでもない。これがあったからこそ、後にあの世紀の大名曲「チェンジ・ザ・ワールド」が生まれたのだし、その後ブルースと真正面に向き合っていく足がかりとなったのだ。ああ、それなのにそれなのに・・・。


レコード・コレクターズ3月号の「エリック・クラプトンvsジェフ・ベック特集」を読んで愕然!クラプトンのベスト50曲に「アンプラグド」からの曲が1曲も入ってないじゃん!なんで?なんで?みんなあんなに「ティアーズ・イン・へヴン」好きだったじゃん。アコギでコピーしまくってたじゃん。上位の方なんてレイラとクリームばっかし。アンプラグドは90年代のレイラじゃ~!おまけに「チェンジ・ザ・ワールド」が入ってないなんて!おお神よ!この神曲がクリームの「政治家」より下なんてあり得ない、あり得ないよ・・・ガクガクブルブル・・・・みんな何カッコつけてるの?ゼエゼエ・・・まあ恐らく対ジェフ・ベックということで、「クラプトンだってこんなにギターが上手いんだぞ!」という観点から選んだんだろうけど・・・子供のケンカじゃないんだし。やっぱベックと違ってクラプトンは歌とギターと曲が三位一体だと思うので。ギターだけじゃどう考えてもベックに勝てんでしょ。


レココレにも書いてあったけど、「ベックに名演奏あって名曲なし」。・・・なしとまでは怖くて言い切れないけど(笑)。やっぱどこまでもギタリストだと思うのですベックは。名演と言われてる曲はほとんどカヴァーだし。まあ、ただの名ギタリストじゃなくて超絶ギタリストだけどね。それに対してクラプトンは名ギタリストで名ヴォーカリストで名コンポーザー。そういう観点から言うと80年代90年代の曲もベスト50曲のうちせめて5曲ぐらいは入ってもいいと思うんだけどなあ。「オールド・ラヴ」とか何で入らないかなあ。ダメ?


・・・・・どうもクラプトンについて語るといつも感情的になり過ぎます。なんせECおじさんはこの「音楽酒場」の記念すべき第1回登場アーティストですから。ウルトラマンで言えばベムラー、仮面ライダーで言えばクモ男みたいなもんすから。思い入れの強さが違います。登場回数も今回で10回目と、古今東西の音楽を幅広く取り上げるのがモットーのウチのブログの中ではトップクラスの登場回数を誇ってます。それこそバルタン星人並みの登場回数ですエリック・クラプトンについての過去記事はコチラ


だいたい、ブログやろうと思って最初に取り上げるなんて、絶対にその人にとって特に思いの強いアーティストのはずなんですよ。やっぱ記念すべき1回目だし。よくファーストアルバムにはそのアーティストの全ての要素が凝縮されてるって言いますが、ブログの第1回目の記事にもそのブロガーさんの特徴の大部分が詰まっているのではないでしょうか。


というわけで、記念すべき「音楽酒場」第1回目の記事がコチラ!アルバムはクラプトンの「安息の地を求めて」。記事タイトルは「ダメ犬」。・・・・うっ、なんてやる気のないタイトル。1回目なのに。しかもこのだるそうな文章、その上、短っ!・・・・ゴホッ、ゲホッ・・・・・こ、こんないいかげんな文章にウチのブログの特徴の大部分が詰まっているとでも言うのか!ニョ~~~!!あ、自分で言ったのか、しょぼん。



・・・というわけで自ら墓穴を掘る結果になってしまいましたが、音楽ブログを書いてる皆様、第1回目の登場アーティストは誰ですか?それはきっとあなたにとって特に大切なアーティストのはず!(ビシィッ)




アンプラクド~アコースティック・クラプトンアンプラクド~アコースティック・クラプトン
エリック・クラプトン

ワーナーミュージック・ジャパン 1992-09-10
売り上げランキング : 4227
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



"あなたのブログの第1回目に登場したアーティストは誰ですか?" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
ホームページアドレス
コメント[必須入力]