エリック・クラプトンの「クロスローズ」変遷の歴史。

画像
今夜のBGM・・・ ROBERT JOHNSON / THE COMPLETE RECORDINGS

なんで今、ロバート・ジョンソンかというと、10月に来日するトッド・ラングレンがロバート・ジョンソンをカヴァーしてギター弾きまくる・・・という情報が入っているので。トッドには似合わないけど、まあトッド好きとしては観にいこうと思っているので、久々に聴いてみるか・・・という軽い感じで聴き始めたのですが、いやーやっぱりちょっと簡単に聴き流すことはできないですね、ハードです(笑)。


塩辛い録音の奥に渦巻く情念・・・ギターのテクも凄いのですが、それよりもまず歌声にガツンとやられます。ロバート・ジョンソンのカヴァーをしてるアーティストは数多いですが、この声まで完コピしてるアーティストはまずいないよ。まあ声を完コピするのに意味があるかわからないけど(笑)。少なくともこの変な声(爆)に潜む情念だけはカヴァーして欲しいなあ、山崎まさよしみたいにサラッと歌わないでさ。



んで、ロバート・ジョンソン=カヴァーする人が多いってことで、ローリング・ストーンズの「ラヴ・イン・ベイン」や「ストップ・ブレイキング・ダウン・ブルース」も有名ですが、なんといってもロバート・ジョンソンといえばズバリ、エリック・クラプトンでしょう!

ブルース・ブレイカーズ時代から大事にプレイしている「ランブリング・オン・マイ・マインド」もいいですが、やはりクラプトンの代名詞といえばクリーム時代の代表曲「クロスローズ」。上の曲がこんな激しくなってしまうのだからこのアレンジは大発明です。後半のインタープレイが凄すぎ。



近年になってロバート・ジョンソンの曲だけでカヴァーアルバムまで作っているクラプトン。しかし個人的な意見を言わせてもらえばあのカヴァー集はいただけない。歌も演奏も余裕がありすぎる。上で言ったような情念の部分が足りないから。まだ「フロム・ザ・クレイドル」のが気合入ってたぞ。90年代のクラプトンはオリジナル曲はAORとして好きだけどブルースのカヴァーはいまいちね。いい時もあるけど。70年代の酒とドラッグでボロボロの頃のブルース・カヴァーの方がよかったなあ。

というわけで90年代の「クロスローズ」はこんな余裕のアレンジに変化しました。




ところが最近ではまたクリーム時代のアレンジに近いカタチで演奏してるみたいね。これは「現代の3大ギタリスト」の1人、ジョン・メイヤーと競演したときの「クロスローズ」。イキるメイヤーもよいが貫禄で受け流すギターおじさん、クラプトンのスケールの大きい余裕のプレイに安心感を覚えます。




というわけでクラプトンと「クロスローズ」の変遷の歴史でした。You Tubeって便利だね。


コンプリート・レコーディングスコンプリート・レコーディングス
ロバート・ジョンソン

Sony Music Direct 2004-03-24
売り上げランキング : 38586
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


クリームの素晴らしき世界クリームの素晴らしき世界
クリーム

USMジャパン 2006-06-21
売り上げランキング : 11640
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Ec Was HereEc Was Here
Eric Clapton

Polydor / Umgd 1996-08-20
売り上げランキング : 68540
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


フロム・ザ・クレイドルフロム・ザ・クレイドル
エリック・クラプトン

ダブリューイーエー・ジャパン 1994-09-23
売り上げランキング : 74255
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ミー&Mr.ジョンソンミー&Mr.ジョンソン
エリック・クラプトン

ワーナーミュージックジャパン 2004-03-24
売り上げランキング : 61012
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


"エリック・クラプトンの「クロスローズ」変遷の歴史。" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
ホームページアドレス
コメント[必須入力]