マイルス、アコースティックからエレクトリックへの移行期の佳作「キリマン娘」。

画像
今夜のBGM・・・ MILES DAVIS / FILLES DE KILIMANJARO

マイルス・デイビスキリマンジャロの娘」、略して「キリマン娘」聴いてます。(←そんな略し方はしない)


60年代中半、黄金のクインテット(マイルス、ウェイン・ショーター、ハービー・ハンコック、ロン・カーター、トニー・ウィリアムス)で演奏のスピード、緻密さ、美しさ、全ての面で王道ジャズを極め、もうこれ以上アコースティック・ジャズでやることがなくなってしまったマイルス。あとはフリー・ジャズぐらいだが、フリーなんかやるわけがないマイルスが次に狙いを定めたのがロック/ファンクでした。


アコースティック期の名作「ソーサラー」「ネフェルティティ」と、エレクトリック・マイルスの幕開けを告げる「イン・ア・サイレント・ウェイ」「ビッチェズ・ブリュー」をつなぐ移行期の作品ともいえる2枚、「マイルス・イン・ザ・スカイ」とこの「キリマンジャロの娘」は、マイルスのアルバムの中では比較的スポットの当たらない地味な作品ですが、個人的にはその移行期の「何かが起こっている予感」がなんともスリリングで興味深く、愛聴しています。


ここでは①「Frelon Brun」を集中的に聴く。この曲では、それまで黄金クインテットの屋台骨を支えてきたベースのロン・カーターに代えて、若いイギリス白人のデイヴ・ホランドを抜擢。ビートルズ世代のホランドは、老舗のジャズ・バンドの中にいきなりロック・バンドのベーシスト連れてきたような異質な手触りをバンドにもたらした。弾いているのはアコースティック・ベースだが、リズムが確実に新しい。さらにピアノもハービー・ハンコックからチック・コリアにチェンジしてピアノとエレピを併用。トニー・ウィリアムスのイントロのドラミングもロックを意識しているようで実にカッコいい。





②③④と旧クインテットの演奏が続くのだが、⑤で再び新バンドが登場。この演奏は半分ジャズ、半分R&Bのような変な曲で、マイルスのソロもそれまででは考えられないほどソウルフルかつブルージーな演奏を意識している。で、それでもベタなR&Bになり切れていないところがまたフレッシュ。そしてこの後マイルスは怒涛のエレクトリック期に突入していくことになります。


キリマンジャロの娘 + 1キリマンジャロの娘 + 1
マイルス・デイビス

ソニーミュージックエンタテインメント 2005-09-21
売り上げランキング : 141885
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


マイルス・イン・ザ・スカイ + 2マイルス・イン・ザ・スカイ + 2
マイルス・デイビス

ソニーミュージックエンタテインメント 2005-09-21
売り上げランキング : 43256
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



"マイルス、アコースティックからエレクトリックへの移行期の佳作「キリマン娘」。" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
ホームページアドレス
コメント[必須入力]