「マイルス&モンク・アット・ニューポート」

49769551_1989393851176235_7897727413121974272_n.jpg
今日の寝入りの1枚。

ジャケットを見て、マイルス・デイヴィスとセロニアス・モンクの競演盤かと思ったらさにあらず。

同じジャズフェスでのマイルスの1958年の演奏とモンクの1963年の演奏をカップリングした謎の作品。

しかしこのマイルスバンドの演奏は凄い。

なんせメンバーがジョン・コルトレーン、ビル・エヴァンス、キャノンボール・アダレイ、ポール・チェンバース、ジミー・コブ。

つまりあの名盤「カインド・オブ・ブルー」の録音メンバー。

しかもクールな「カインド・オブ・ブルー」と違い、オープニングから猛スピードでビバップをぶちかます。

その後も野外フェスならではの開放的な演奏が続き、実に気持ちいい。

知能が高い人たちが荒ぶると恐ろしいことになるという好例。

アコースティック時代のマイルスのライブ盤では一番好きな演奏です。

モンクもいいけど、マイルスバンドの演奏が凄すぎて霞んでしまう。

https://youtu.be/ZSmyK_GGs5k


"「マイルス&モンク・アット・ニューポート」" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
ホームページアドレス
コメント[必須入力]