テーマ:フランク・ザッパ

フランク・ザッパ「全部並べるシリーズ」

久々に、所有しているCDを全部並べるシリーズ。 これをやったらシリーズ最終回にしようと思っていた、フランク・ザッパです。 重要作はおさえているつもりですが、これでもザッパが発表した全作品のほんの一部です。 しかも未だに未発表作品がバンバン出るから、手が付けられない。 これだけ集めたのに今やサブスクで全部聴けて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランク・ザッパ「ホット・ラッツ」

ザッパのギターが聴きたくなったので「ホット・ラッツ」を聴いてます。 ザッパには色んな側面があるけど、ブルースっぽいロック・ギタリストとしてのザッパならこのアルバム収録の「ウィリー・ザ・ピンプ」が最高峰だと思う。 長い長いアドリブのギターソロだけど、全くダレることのない構成力の凄さ! 冒頭だけ登場するキャプテン・ビー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザ・マザーズ・オブ・インベンション「アブソリュートリー・フリー」

フランク・ザッパのドキュメンタリー映画が11月に全米公開するとのニュース。 日本での公開も熱望! ジョン・レノンにしても、ザッパにしても、忌野清志郎にしても、 今のコロナ時代に生きてたらどんな言葉を発するのか、すごく興味がある。 そのヒントが、このザッパの2nd「アブソリュートリー・フリー」にちょっとある気がする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランク・ザッパ「ワカ/ジャワカ」

今年はフランク・ザッパ生誕80年ということで、 生きてりゃ80歳のザッパはジョン・レノンと同い年。 ポール・マッカートニーは2コ下、ミック&キースは3コ下だ。 記念に発売されたTシャツをポチしてしまったので、届いたら画像UPします。 ということで、久しぶりに今日のフランク・ザッパCD。 歌なしのジャズ・ロッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランク・ザッパ「黙ってギターを弾いてくれ」

久々に今日のフランク・ザッパCD。 「黙ってギターを弾いてくれ(Shut Up 'n Play Yer Guitar)」 CD3枚組。 しかも全曲が、ライヴ音源からザッパのギター・ソロ・パートだけ抜き取ったもの、という狂気の沙汰。 通して聴くと頭おかしくなります。 しかしギター・ソロだけでこんなにバリエ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランク・ザッパ「イエロー・シャーク」

いつになったら終わる、今日のフランク・ザッパCD。 今日は「イエロー・シャーク」。 ザッパの存命中に発売された最後の作品。 つまり遺作です。 それがドイツの管弦楽団アンサンブル・モデルンのために書き下ろされたクラッシック作品というのも、いかにもザッパらしい。 不思議なことに、ロックだろうがジャズだろうが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランク・ザッパ「いたち野郎」

今日のフランク・ザッパCDは、「いたち野郎」。 邦題とジャケットは超有名ですね。 まさに「いたち野郎」としか呼びようがないこのジャケット、リトル・フィートでおなじみ、頭がおかしいイラストを描かせたらナンバー1のネオン・パーク作品です。 ザッパの中では有名な作品の一つに数えられると思いますが、内容は全く初心者向けでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランク・ザッパ「ジョーのガレージ」

今日のフランク・ザッパCDは、「ジョーのガレージ」です。79年作品。 歌モノ中心のロック・オペラで、音楽的にはファンクやレゲエなどブラック・ミュージックの要素が強い。 ストーリーは難解ですが、中央監視官が権力を握る仮想の統制社会を皮肉った、ザッパらしい反体制・反権力作品です。 今の時代にこそ聴きたい。 ジャケ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランク・ザッパ「ザ・ベスト・バンド」

今日のフランク・ザッパCDは、「ザ・ベスト・バンド」。 ザッパ晩年の1991年に、突如発売された総決算ライヴ・アルバム。 まさにこれまでのザッパ・ライヴの集大成的内容の2枚組です。 必聴はレッド・ツェッペリンのカヴァー。 あの「天国への階段」の有名なギター・ソロを、ホーン・セクションのユニゾンで豪快にスイング…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランク・ザッパ「ザ・パーフェクト・ストレンジャー」

今日のフランク・ザッパCDは「ザ・パーフェクト・ストレンジャー」。 ストラヴィンスキーを敬愛していたザッパは、フルオーケストラによるクラシック作品を何枚も残しています。 これもその1つ。 フランスの巨匠ピエール・ブーレーズを指揮に迎え、自ら作曲したクラシック作品を30人編成のオーケストラで演奏した内容。 タイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランク・ザッパ「バーント・ウィーニー・サンドウィッチ」

今日のフランク・ザッパCDは「バーント・ウィーニー・サンドウィッチ」。 まずジャケが最高。 内容は、最初と最後にドゥーワップ・コーラスの曲が配置され、間にインスト曲が7曲サンドウィッチされている。 目玉は18分以上の大作「俺が住んでいた小さな家」。 シンフォニックなジャズ・ロック・インストで、特に5分15秒か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランク・ザッパ「チャンガの復讐」

今日のフランク・ザッパCDは、1970年「チャンガの復讐」。 タートルズからヴォーカルのフロー&エディーを引き抜き、ヴォーカルパートを強化した作品。 その成果がキャッチーな「テル・ミー・ユー・ラヴ・ミー」で出ています。 https://youtu.be/oTyrcCuB55Q そしてタイトル曲「チャンガの復讐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランクザッパ「たどり着くのが遅すぎて溺れる魔女を救えなかった船」

今日のフランク・ザッパCDは、タイトル長い。 「たどり着くのが遅すぎて溺れる魔女を救えなかった船」。 ジャケットそう見えますか? 目玉は、ザッパの愛娘ムーン・ザッパがコギャル言葉でラップするメタル・ファンク「ヴァリー・ガール」。 この時ムーン13歳! https://youtu.be/p-LArv-sE…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランク・ザッパ「ホット・ラッツ」

今日のフランク・ザッパCDは、「ホット・ラッツ」。 今日は本命ですよ! 私がザッパで一番好きな作品。 ロック界における2大作曲家は、ポール・マッカートニーとフランク・ザッパだと思っています。 そのザッパの作曲・編曲能力が全開のインスト・ナンバー「ピーチズ・エン・レガリア」。 もう余裕で100回以上は聴い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランク・ザッパ「ウィー・アー・オンリー・イン・イット・フォー・ザ・マニー」

今日のフランク・ザッパCDは、「ウィー・アー・オンリー・イン・イット・フォー・ザ・マニー」。 ごらんの通り、ビートルズの「サージェント・ペパーズ」に喧嘩売ってます(笑)。 「サージェント~」の翌年、68年に発売。 ロックはもはや芸術の域まで達した、という当時の風潮に対し、 「俺たちは金のためだけにやってる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランク・ザッパ「シーク・ヤブーティ」

今夜のフランク・ザッパCDは、「シーク・ヤブーティ」。 多分ザッパのアルバムで一番売れた作品。 ジャケも有名ですね。 内容はとにかくバラエティ豊か。 歌モノ中心でポップで売れるのもわかる。 ディスコを意識した(というかおちょくっている)「ダンシング・フール」。 https://youtu.be/Q…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランク・ザッパ「ボンゴ・フューリー」

今夜のフランク・ザッパCDは、キャプテン・ビーフハートとの共同名義の「ボンゴ・フューリー」。 ザッパとビーフハートは高校時代のバンド仲間で、ザッパはビーフハートという芸名の名付け親なんだよね。 しかしいいジャケだなあ。 ビーフハートが絡んでいるので、内容はかなりアヴァンギャルド。 初心者向けではありません。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランク・ザッパ「ザッパ・イン・ニューヨーク」

今日のフランク・ザッパCDは、「ザッパ・イン・ニューヨーク」。 ザッパはライヴ・アルバムが多い・・・というか、ライヴ・アルバムとスタジオ・アルバムの区別があまりないんですが、純粋なライヴ・アルバムではこれが1番人気あるんじゃないかな? 「ティティーズ・アンド・ビール」(おっぱいとビール)は、もう1人の主役がドラムのテリー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランク・ザッパ「グランド・ワズー」

今日のフランク・ザッパCDは、「グランド・ワズー」。 これは個人的には最高傑作だと思ってます! ロックかと言われると、いわゆるロックではない。 あえて言うならジャズ・ロック・オーケストラ。 全曲インストです。 ザッパの作曲能力が全開。 ギターもよい。 それにこんなスケールの大きな音楽を作る人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランク・ザッパ「フリーク・アウト!」

今日のフランク・ザッパCDは、記念すべきデビュー作「フリーク・アウト!」。 ザッパのアルバムでは1番目か2番目に有名な作品だけど、内容はけっこう手ごわい(笑)。 手ごわさの要因は ・66年発売のくぐもった音質 ・オリジナルは2枚組で結構長い ・ディランやストーンズやビーチボーイズをおちょくった曲あり …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランク・ザッパ「ワン・サイズ・フィッツ・オール」

今日のフランク・ザッパCDは「ワン・サイズ・フィッツ・オール」 邦題は「万物同サイズの法則」。 これはオススメ! フォーマットはオーソドックスなロックだけど、ザッパ独自のブルース&ジャズ感覚が満載で、初心者からベテランまで大満足の1枚。 まずはちょうど10分間のディープな旅、「インカ・ローズ」を、摩訶不思議な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランク・ザッパ「オーヴァーナイト・センセーション」

今日のフランク・ザッパCDは、「オーヴァーナイト・センセーション」。 CDだとジャケットが四つ折りになってて伝わりにくいけど広げるとこんな感じ(^^; これもザッパ入門編といえる1枚。 ザッパのアルバムの中で一番普通にロックしてるかも。 1曲目の「カマリロ・ブリロ」は拍子抜けするぐらい普通のロックで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランク・ザッパ「アンクル・リーマス」

今日から1枚ずつ、私のフランク・ザッパ・CDコレクションを紹介していきたいと思います。 今日の1枚は「アポストロフィー」。 ザッパ入門編ともいえる作品です。 なぜ入門編かというと、普通にロックしてるから(笑)。 特にタイトル曲は、ザッパのギターと元クリームのジャック・ブルースのベースがバトルを繰り広げる白熱の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マザーズ・オブ・インヴェンション「いたち野郎」

今日の寝入りの1枚は、確実に悪夢を見るマザーズ・オブ・インベンションの「いたち野郎」。 変態フリー・ジャズ・ロック。アルバム通して聴くのはよほど怖いもの知らずの好きモノ以外にはオススメしません。 ただし⑧⑨⑩と続くカッコよさは異常。 (YouTubeでは32分20秒から) https://youtu.be/s…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライフタイム・ベストアルバム35枚目 フランク・ザッパ「ホット・ラッツ」

ライフタイム・ベストアルバム35枚目! フランク・ザッパの1969年作、「ホット・ラッツ」です。 ロック界における2大作曲家は、ポール・マッカートニーとフランク・ザッパ、個人的にはそう思ってます。 ザッパは優れた作曲家である上に、スコア(総譜)も書ける編曲家であり指揮者、低音が魅力の個性的なヴォーカリストであり、素…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランク・ザッパとストラヴィンスキー。

今夜のBGM・・・ FRANK ZAPPA / THE PERFECT STRANGER フランク・ザッパという人にとって作曲家ストラヴィンスキーは憧れの人物でした。 ザッパのアルバムには大ザッパに分けて4つのタイプがあって、 ① 割とオーソドックスな(といっても十分ヘンな)ヴォーカルもののロック作品 ② ジャズ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

生誕70周年記念!ザッパのギター・ソロを黙って聴いてくれ。

今夜のBGM・・・ FRANK ZAPPA / SHUT UP ’N PLAY YER GUITAR 12月21日で生誕70周年を迎えたフランク・ザッパさん。出たっ!ザッパのギター・ソロだけ集めた恐怖の3枚組、邦題は「黙ってギターを弾いてくれ」。ザッパの場合は邦題がオモロイので全部邦題でいきます。 恐怖といっても実際には…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

ギターが素晴らしすぎるザッパ流ロックン・ロール!!

今夜のBGM・・・ FRANK ZAPPA AND THE MOTHERS OF INVENTION / ONE SIZE FITS ALL ギブソンSGを使ってるギタリストといえば、AC/DCのアンガス・ヤング、ブラック・サバスのトニー・アイオミ、人間椅子の和嶋さん(この人はトニー・アイオミの影響だろな)、最近ではオール…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

たどり着くのが遅すぎて、溺れる男を救えなかった俺。

今夜のBGM・・・ FRANK ZAPPA / SHIPS ARRIVING TOO LATE TO SAVE A DROWING WITCH 表題のような、いや~な夢見ました。まあ、いいか、夢だし。 さて、音楽を愛する全てのボーイズ&ガールズに捧げるこの「音楽酒場」。今日ご紹介するのは、フランク・ザッパの「たどり着…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ザッパとジャック・ブルースのガチンコバトルなのだ!

今夜のBGM・・・ FRANK ZAPPA / APOSTROPHE(’) フランク・ザッパはシリアスなミュージシャンである。 ザッパがどれほど真剣に社会的問題意識を作品に投影させていたかということは、「ダイナ・モー・ハム」の歌詞を読めばわかる。 フランク・ザッパ「ダイナ・モー・ハム」のライヴ映像(対訳…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more