テーマ:チェット・ベイカー

チェット・ベイカー&アート・ペッパー「プレイボーイズ」

今日の1枚は、1950年代を代表するウェストコースト・ジャズのハンサムボーイ、 チェット・ベイカー&アート・ペッパーの競演盤「プレイボーイズ」。 ウェストコースらしい明るく軽やかで親しみやすいジャズ。 2人とも後に重度のジャンキーとなり、落ちぶれて晩年に復活するところもよく似てる。 ジャケは時代が時代なのでまあ許…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セックス、ドラッグ&ジャズ!イケメンジャンキー兄さん2人で「プレイボーイズ」。

今夜のBGM・・・ CHET BAKER & ART PEPPER / PLAYBOYS 2月に入ってからジャズとブラジルものしか聴いてない気がする。癒しを求めているのか?いや、結構プログレッシヴなのも聴いてるからなあ。多分、体調とコード感の関係だと思うんだけど。弱ってくるとストレートなロックよりも複雑なテンションコードを体が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

切ない夜に、胸を掻きむしるようなチェット・ベイカーの歌声。

今夜のBGM・・・ CHET BAKER / CHET BAKER SINGS なんだか、とっても切ない夜だ。胸が痛い。 「ぼくカナちゃん、もうすぐ35歳、チョー!」だの、「エロを科学する」だの、普段はアホなことを言ってはしゃいでいても、時にはこういう夜だってあるのさ。 あ、理由は聞かないで。(←誰も聞…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more