テーマ:ビル・エヴァンス

ビル・エヴァンス・トリオ「Moon Beams」

秋の夜長にビル・エヴァンス。昔のジャズのアルバム・ジャケットには白人女性のモデルを起用したものが結構多い。まあムサいオッサンをジャケにしてもセールス伸びないだろうという当時のレコード会社の配慮だろうが、個人的にはあまり好きではない。どんなにムサかろうが演奏しているオッサンの熱い雄姿をジャケットにしてもらった方が圧倒的に燃える。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザ・トニー・ベネット/ビル・エヴァンス・アルバム

私の中で何度目かのビル・エヴァンス・ブームが来ています。 これは1975年のトニー・ベネットとの共演盤。この時エヴァンス45歳でベネット48歳、ベネットのが年上というのが意外。 エヴァンスはこの5年後に他界するけど、ベネットは最近までアルバム出したりして元気だから、そのイメージのせいでもある。ジャケットもベネットの方が若…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビル・エヴァンス/ジム・ホール「アンダーカレント」

Eテレの「クラシックTV」でビル・エヴァンス特集やってた!面白かった。 私も最初に買ったジャズ・ピアノのアルバムは「ワルツ・フォー・デビー」です。 でも一番よく聴いたのはこのジム・ホールとのデュオ盤かな。息が止まりそうなくらいに美しい。 https://youtu.be/w6t2SnKJgqg
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビル・エヴァンス・トリオ「サンデイ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード」

だいぶ秋らしい夜になってきたので、今晩はピアノジャズでも。 ビル・エヴァンス、スコット・ラファロ、ポール・モチアンの黄金トリオによる、ヴィレッジヴァンガードでのライヴ盤。 有名な「ワルツ・フォー・デビー」と同日・同場所でのライヴだ。 知名度は「ワルツ~」のが上だけど内容は甲乙つけがたい。 そりゃ同じ日のライヴ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビル・エヴァンス「フロム・レフト・トゥ・ライト」

たまにはジャズ。 ビル・エヴァンスといえば「ワルツ・フォー・デビー」とか、アコースティック・ピアノが人気ですが、 このアルバムは珍しくエレピとの両刀使い。 わかりやすいジャケット笑。 エレピはフェンダーローズを弾いてると思うんですが、この揺らぎのある音色が好きで、 これがまたエヴァンスの哀愁にピッタリはまってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『坂道のアポロン』アニメ化でジャズ・ブームは巻き起こるのか?

今夜のBGM・・・ BILL EVANS TRIO / PORTRAIT IN JAZZ 今さらながら、漫画『坂道のアポロン』を読んでいる。 「このマンガがすごい! 2009」オンナ編で1位を獲得した作品。2011年度の小学館漫画賞・一般向け部門も受賞した。この4月からはアニメ化も決まっている。 単行本は現在8巻まで出…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

真夜中に聴くビル・エヴァンス その深遠なる世界

今夜のBGM・・・ Bill Evans / Undecurrent 月刊プレイボーイの今月号に、ビル・エヴァンスの特集が載っていたので、立ち読みしてたら(買えよ!)、妙に聴きたくなってきて、久しぶりに引っ張り出してきました。 ジャズには詳しいってほどでもないんだけど、所有CDを数えてみたら150枚ほどあって(うち30 …
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more