テーマ:米ロック

追悼グレン・フライ・・・「TRUE LOVE」

今夜のBGM・・・ GLENN FREY / SOUL SEARCHIN’ イーグルスでは、ドン・ヘンリーの「どや、俺ええ声してるやろ?」(←何故か関西弁)と言わんばかりの過剰に哀愁なハスキー・ボイスより、さりげなく優しいグレン・フライの歌声の方が好きだったりします。 ちなみにドンを歌えるドラマーとしてイーグルスに誘…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

70年代デッドのお気に入り作品。

今夜のBGM・・・ GRATEFUL DEAD / BLUES FOR ALLAH 基本的に日本人でグレイトフル・デッドが苦手な人ってカントリーが苦手な人だと思っている。そういう人にはこの『ブルース・フォー・アラー』をオススメしたい。70年代のデッドのアルバムの中では比較的カントリー臭が薄い(と思う)。これか『テラピン・ステイ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ディランのライヴ盤、何が代表作か?

今夜のBGM・・・ BOB DYLAN / AT BUDOKAN ディランのライヴ盤で一番好きなのは76年の『激しい雨』なんだけど、それはジャケットの感じとか、パンク的なあのローリング・サンダー・レビューでのバンドの勢いがそのままパッケージングされている1枚の作品として好きなのであって、あれがディランのライヴ盤の代表作だとは思…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

サマソニ2013大阪レポ④・・・アースからメタリカまでまとめて。

今夜のBGM・・・ CHEAP TRIC / GREATEST HITS なんと2ヶ月ぶりの更新。2ヶ月放置してました、色々あってね。って、まだサマソニのレポ初日も終わってない!どーいうこと?来月にはもうポール・マッカートニーの来日レポ書かなきゃいけないってのに。 というわけですみません、駆け足でその後の足跡とセット…
トラックバック:1
コメント:19

続きを読むread more

内宇宙でなく外宇宙へ向かう最良のポップ・ロック。ボストン。

今夜のBGM・・・ BOSTON / BOSTON 以前、「宇宙ジャケに外れなし!」って記事を書いた時にチラッと触れたけど、単体ではまだ取り上げたことがなかったことに気づいたボストンのファースト。実は大好きです。 TOTOとかジャーニーと並んでひとくくりに「産業ロック」と呼ばれ、自称「コアなロックファン」からはソッポを向…
トラックバック:2
コメント:15

続きを読むread more

あと30年、ありがとう。ボブ・ディラン新作「テンペスト」。

今夜のBGM・・・ BOB DYLAN / TEMPEST カナ「さて、目下、絶賛へヴィーローテーション中のディラン新作『テンペスト』ですが。」 タク「もう最高だね。」 カナ「ここ最近のディランの新作はどれもいいんだけど、その中でも特にいい!曲も粒ぞろいだし。」 タク「なんだろーねー、この感じ。古くて懐か…
トラックバック:1
コメント:11

続きを読むread more

8月19日(日)、ビーチ・ボーイズ名古屋公演ライヴ・レポ!

今夜のBGM・・・ THE BEACH BOYS / WILD HONEY 遅ればせながら、8月19日(日)、名古屋 日本ガイシホールでのビーチ・ボーイズ日本公演最終日、行ってまいりました&ご報告です。 結論。よかった。死ぬほどよかった。今まで観た全てのライヴの中でも5本の指、いや3本の指に入るかも・・・。そんなにメ…
トラックバック:3
コメント:20

続きを読むread more

これからは本当に好きな音楽しか聴きません(多分)。ビーチ・ボーイズ「神の創りしラジオ」

今夜のBGM・・・ THE BEACH BOYS / THAT’S WHY GOD MADE THE RADIO 部屋の移動もようやく一段落し、新しく据え付けた天井のラックにCDを収納した。(←経緯については3つ前の記事を参照下さい) やはり約2,500枚あったCDが全量収まることはなく、今後も死ぬまで聴き続けるであ…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

最近はこういうのが落ち着く。「エルヴィス56」

今夜のBGM・・・ ELVIS PRESLEY / ELVIS 56 前回の続き・・・ではないが、部屋の引越しもいよいよ佳境に入っている。 といっても私が仕事に行っている間に部屋のCDやら本やらが奥さんと娘の手によって勝手にダンボール箱に詰め込まれているという状況なのだが。50音順に順番に並べてたCDもみんなバラバラ…
トラックバック:1
コメント:15

続きを読むread more

アップル・レコードから出たジェイムス・テイラーの1st。

今夜のBGM・・・ JAMES TAYLOR / JAMES TAYLOR 70年代のSSW(シンガー・ソング・ライガー)ブームの中心的人物、ジェイムス・テイラーが若干20歳の時にイギリスに渡ってアップル・レコードから出した1968年発表のデビュー・アルバム。 実はジェイムス・テイラーのアルバムの中で一番売れてないアルバ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

追悼、リヴォン・ヘルム。

今夜のBGM・・・ LEVON HELM / LEVON HELM ザ・バンドのリヴォン・ヘルムが亡くなった。 ザ・バンドを聴き始めた頃、3人のヴォーカリストの声の判別がいまいちつかなかった。リチャードとリックの声の違いがわかるまでにはかなりの時間を要したのだが、今にも泣きそうな哀愁を漂わせた2人の声質と違い、リヴォンの…
トラックバック:2
コメント:14

続きを読むread more

おっさんが密かに祝うクリスマス。ザ・バンド「アイランズ」。

今夜のBGM・・・ THE BAND / ISLANDS 「Xmasデートは恥だと思え!」カップルだらけの渋谷で"非モテ"がデモ という記事を見つけて、うーん・・・つくづく日本平和だな、と思ってしまった。 http://news.nicovideo.jp/watch/nw168644 まあこれは多分ネ…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

ジェイムス・テイラーの作る楽曲に漂う、そこはかとないソウル感覚。

今夜のBGM・・・ JAMES TAYLOR / ONE MAN DOG 小船に乗った、男が1人と、犬1匹。 ワン、マン、ドッグ・・・。 という、身もふたもないタイトルの、ジェイムス・テイラー1972年の作品。 多分、「ワン・マン・パレード」と「チリ・ドッグ」という曲が入っているので、 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

秋に聴くビーチ・ボーイズ、切ないB面が最高な「トゥデイ」。

今夜のBGM・・・ THE BEACH BOYS / TODAY!  みなさん「スマイル」聴いてますか~? やはり聴けば聴くほど素晴らしいアルバムです。この幻の作品を2011年の今、聴けるという感動がじわじわと広がっていきます。 というわけで、ビーチ・ボーイズ・モードにギアが入ったこの1週間でした。もちろん…
トラックバック:1
コメント:16

続きを読むread more

ビーチ・ボーイズ、幻のアルバム『スマイル』がついに正式リリース。

今夜のBGM・・・ THE BEACH BOYS / SMILE  ついに出た!というか、ようやく出た!というべきか。ロック史上最も有名な未完成アルバム、ビーチ・ボーイズの「スマイル」が、公式にリリースされました。 80年代にブートレグで出回ったりしてましたが、ブライアン・ウィルソン本人がこのアルバムの幻影に落とし前をつ…
トラックバック:0
コメント:19

続きを読むread more

グレイトフル・デッドの好きなライヴ盤とスタジオ盤。

今夜のBGM・・・ GRATEFUL DEAD / RECKONING 何か忙しくて全然ブログ更新するテンションになりません。決して仕事が忙しいというわけでもないのだが、色々と。更新を楽しみにされている方もいると聞くので、申し訳ない。本格的な再開まで今しばらくお待ち下さい。 あんまり期間が開いてしまうのもアレなので、…
トラックバック:1
コメント:12

続きを読むread more

廉価BOXでドアーズ聴き倒しの日々。

今夜のBGM・・・ THE DOORS / L.A.WOMAN ドアーズのBOXを衝動買い。 BOXといっても、オリジナル・アルバム6枚がセットになってるだけ。ボーナス・トラックや特典ディスクは無し。それぞれのアルバムが薄い紙ジャケ(というよりスリーブケース)に入ってる。これで2,468円(購入時価格)。 …
トラックバック:2
コメント:29

続きを読むread more

ミルクのように安全です!?キャプテン・ビーフハート「セイフ・アズ・ミルク」。

今朝のBGM・・・ CAPTAIN BEEFHEART & HIS MAGIC BAND よく晴れた休日の朝。目覚めにコーヒーを一杯入れました。ミルクは入れません。代わりにBGMはキャプテン・ビーフハート&ヒズ・マジック・バンドの「セイフ・アズ・ミルク」を。 コーヒーの薫りとともに、ビーフハートのさわやかな歌声に包ま…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

ホール&オーツの思い出深いベストアルバム「フロム・A・トゥ・ワン」。

今夜のBGM・・・DARYL HALL & JOHN OATES / ROCK’N SOUL PART Ⅰ 2月24日(木)Zepp Nagoya にチャゲ&飛鳥・・・もとい、ホール&オーツ観に行ってきます。 ホール&オーツといえば1980年代前半に大ヒット曲を連発し、「世界で最も成功したポップ・デュオ」とも呼ばれて…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

ジャケは酷いが中身はよい。ニール・ヤング「ズマ」。

今夜のBGM・・・ NEIL YOUNG & CRAZY HORSE / ZUMA 音楽の話をしていても、いつの間にかジャケの話にすり替わっているという噂の「ジャケブログ」、音楽酒場のマスター、カナでございます。 さて、ニール・ヤングのアルバムの中でも割りと取り上げられることの少ない75年のアルバム「ズマ」、内容的に…
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

生誕70周年記念!ザッパのギター・ソロを黙って聴いてくれ。

今夜のBGM・・・ FRANK ZAPPA / SHUT UP ’N PLAY YER GUITAR 12月21日で生誕70周年を迎えたフランク・ザッパさん。出たっ!ザッパのギター・ソロだけ集めた恐怖の3枚組、邦題は「黙ってギターを弾いてくれ」。ザッパの場合は邦題がオモロイので全部邦題でいきます。 恐怖といっても実際には…
トラックバック:1
コメント:9

続きを読むread more

ディランのモノBOXのお試し盤。

今夜のBGM・・・ BOB DYLAN / THE BEST OF THE ORIGINAL MONO RECORDINGS ディランが青い~。アバターか! という軽い突っ込みは置いといて・・・。 先日、夜中にもうろうとしていて、ディランのMONOボックスの注文ボタンを思わずポチしそうになった。危ない危ない。 …
トラックバック:1
コメント:16

続きを読むread more

デッドのファーストはフワフワとしたブルース・ロック。

今夜のBGM・・・GREATFUL DEAD / THE GREATFUL DEAD いろいろとあってブログの更新が滞っている。やる気ねえ。更新サボっている間はフランク・ザッパばかり聴いていたのだが、ザッパの記事書いたところで誰も読んでくれないしなあ、などとか思いながら。そういう時ってあるよね。(←象さんのポット風に) …
トラックバック:1
コメント:14

続きを読むread more

今夜はトッドが名古屋にいる・・・というわけで「サム/エニ?」。

今夜のBGM・・・ TODD RUNDGREN / SOMETHING/ANITHING? 今夜はトッド・ラングレンが名古屋クアトロで演ったはず・・・結局、行かなかったんだけど。伝説のブルースマン、ロバート・ジョンソンのカヴァー大会ということを事前に聞いていて、なんかトッドのイメージに合わんなーと思って直前まで迷ってたんだけど…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

永遠の名曲「ソング・フォー・ユー」と、ピアノがグリグリのロックン・ロール、レオン・ラッセル。

今夜のBGM・・・ LEON RUSSEL / LEON RUSSEL レオン・ラッセルの素晴らしすぎるデビュー・アルバム。デビュー・アルバムとはいってもレオンはペーペーの新人などではなく、この時すでにスタジオ・ミュージシャンとしてのキャリア十分、デラニー&ボニーとの活動やジョー・コッカーのプロデュースなどもしており、「スワン…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

おやじ、ノイジーなエレキ弾き語りで猛る!ニール・ヤング「ル・ノイズ」。

今夜のBGM・・・ NEIL YOUNG / LE NOISE 今日、届いたばかりのニール・ヤングの新譜を聴いてます。情報が少ないので感想をざっと走り書き。 プロデューサーはU2の「ヨシュア・トゥリー」やボブ・ディランの「オー、マーシー」のダニエル・ラノワ。ニールもラノワもカナダ人だけどこれが初コンビ。バンド演奏はなく、…
トラックバック:1
コメント:36

続きを読むread more

涼しい声で「こんにちは~」。ディランのナッシュビル・スカイライン。

今夜のBGM・・・ BOB DYLAN / NASHVILLE SKYLINE ボブつながりで涼しげなアルバムをもう1枚。 ボブ・ディランの「ナッシュビル・スカイライン」。ディランのアルバムの中では知名度は抜群ではないけど、そこそこの有名盤だと思う。 ところが、これがかなり異色のアルバムである。まず、ディラ…
トラックバック:1
コメント:16

続きを読むread more

現代の3大ギタリストって誰やねん!②・・・デレク・トラックス

今夜のBGM・・・ THE DEREK TRUCKS BAND / ALREADY LIVE EP さて、強引な流れで始まった「現代の3大ギタリスト」シリーズ。今回はデレク坊ことデレク・トラックス君です。デレク&ザ・ドミノスから名付けられた、生まれながらにしてギタリストになるという運命を義務付けられた永遠のスライド少年。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

現代の3大ギタリストって誰やねん!①・・・ジョン・メイヤー

今夜のBGM・・・ JOHN MAYER TRIO / TRY! 先回の記事でエリック・クラプトンとジョン・メイヤーの競演映像を載せたので、そのつながりから。 現代の3大ギタリスト、という言葉を初めて知ったのは、「ギター・マガジン」の2009年5月号の表紙特集を立ち読みした時。(←買えよ) 3大ギタリス…
トラックバック:0
コメント:29

続きを読むread more

トッド来日、原点回帰より「未来への回帰」希望。

今夜のBGM・・・ TODD RUNDGREN / BACK TO THE BARS 今日は6月9日、ロックの日でしたね。みなさん、ロック聴いてましたか?イエーイ!!(←馬鹿) さて、トッド・ラングレン大先生が来日するということですね、10月。 しかし今回のライブではオリジナル曲はほとんどやらずに、ロバ…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more