テーマ:英ロック

ジェフ・ベック・グループ「トゥルース」

今日のアナログ・レコードは、ジェフ・ベック・グループの「トゥルース」です。 実はロッド・スチュワートのヴォーカルがあまり得意ではないのですが(汗)、まだこの頃は嫌味がないというか、主役はベックなのでそこまで気にならない。 あとジェフ・ベックのアルバムはジャケットのデザインが「ん?」と思うものが多いのですが、これはシンプル…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

1月10日は・・・

1月10日はデヴィッド・ボウイの命日で、 https://youtu.be/4BgF7Y3q-as ドナルド・フェイゲンと https://youtu.be/Sv6daGTR45Y ロッド・スチュワートと https://youtu.be/EOl7dh7a-6g マイケル・シェンカーの誕生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

作業BGMにエリック・クラプトン「ロックダウン・セッションズ」

世間の3連休中も仕事してます。 今日は午前に来客があったきり電話もかかってこない。 なので、事務所のBluetoothスピーカーにクラプトンの「ロックダウン・セッションズ」を飛ばして、BGMにして書類作成。 はかどる! https://youtu.be/SgOntDrgHV4 https://youtu…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「エリック・クラプトン ロックダウン・セッションズ」

映画「エリック・クラプトン ロックダウン・セッションズ」観てきました。 ドルビー・アトモスの音響が素晴らしい。 あまりの心地よさに何度かウトウト(笑)。 そして音楽とともに、ドローンによる空撮を多用した映像にも心惹かれる。 イギリスの田舎町の自然と古い建築物の息を飲む美しさ。 しかしこのギターの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロキシー・ミュージック「全部並べるシリーズ」

所有しているCDを全部並べるシリーズ、今日は予告どおりロキシー・ミュージックです。 こうやって並べるとジャケが全部よい。 そしてイーノのいたファーストとラストの「アヴァロン」では音楽性が全く違う!! ここまで変化したバンドも珍しいのでは。 どっちも好きだけど酒飲みながら聴くならやっぱ「アヴァロン」かな。 (…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザ・フー「全部並べるシリーズ」

所有しているCDを全部並べるシリーズ。今日はザ・フーです。 メンバー各々の我が強すぎて、バンドのアンサンブルはあまり感じられないけど(笑)、結果として誰にもマネできないハッチャけたサウンドを叩き出す。 ロックやなあ。 要となるのはやはりドラムのキース・ムーン。 リズム・キープすら無視したバタバタで手数の多いド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クイーン「ボヘミアン・ラプソディ(サントラ)」

映画館で5回観て、ブルーレイも持ってるのに、テレビでやってるとまた観るヤツ。 やっぱり金曜ロードショーの地上波初放送は燃えた。 吹き替えで観たことなかったので新鮮。 字幕で見たかったという声もあるようだけど、テレビで放映する吹き替え版は映画の入り口としてとても重要だと思う。 自分も、ジャッキー・チェンの石丸博…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エリック・クラプトン「全部並べるシリーズ」

所有しているCDを全部並べるシリーズ。今日はエリック・クラプトンです。 数年前に何枚か売ったので今はこんなもん。 クラプトンに対しては、大好きというのは恥ずかしい、 でも悪口を言われると腹が立つ(笑)、 そんな愛憎入り乱れる複雑な感情を持っています。 まあそれも愛の一つの形なんだろうな。 この中で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジェフ・ベック「ワイアード」

今日のアナログレコード(3回目)は、ジェフ・ベック特集! アナログ盤は4枚しか持ってないのでCDも並べてみました💦 曲はやはりテンション上がる「ワイアード」から「レッド・ブーツ」!! https://youtu.be/BQIdjHcS4m4
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クイーン「世界に捧ぐ」

今日のアナログレコード(2回目)は、クイーン特集! 以外に少なくアナログ盤はこれだけしか持ってません。 寂しいのでフレディのソロも入れちゃいましたw 6月4日に金曜ロードショーで映画「ボヘミアン・ラプソディ」が地上波初放送ですね! 何回観たんだってぐらい観てますがやはり地上波初放送は楽しみです。 曲はア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリーム「DISRAELI GEARS」

今日の1枚は、小学生ドラマーよよかちゃんに刺激されて、クリームの2ndです。 邦題は、「カラフル・クリーム」。 大学生の時、部屋で「Sunshine of Your Love」のギターを必死こいてコピーしてました(笑)。 人前で演奏する機会はありませんでしたが。 懐かしい。 https://youtu.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エリック・クラプトン「安息の地を求めて」

今日3月30日はエリック・クラプトン76歳の誕生日です! 個人的に愛憎入り乱れる複雑なクラプトンへの感情(笑)。 よくクラプトンの音楽を表現するワードとして「レイドバック」という言葉が使われますが、 私の解釈だとレイドバック=ゆるい、という意味。 その意味でクラプトンの全アルバム中最もゆるいのがコレ「安息の地を求…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エルトン・ジョン「ELTON JOHN」

3月25日はアレサ・フランクリンとエルトン・ジョンの誕生日でした! なんとビッグな2人。 エルトンの方が5歳年下です。 アレサはエルトンのゴスペル調の名曲「ボーダー・ソング」をカヴァーしています。 それぞれこのアルバムに入っているので聴き比べてみて下さいね! https://youtu.be/L…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フリー「ライヴ!」

今日のアナログレコードはフリーの「ライヴ!」です。 ロックのライヴアルバム名盤ベスト10みたいなランキングで必ず上位に入ってくるヤツですね。 ポール・ロジャースの渋すぎるヴォーカル、 ポール・コゾフのむせび泣くギター、 サイモン・カークのシンコペートするドラミング、 そして何よりアンディ・フレイザーのう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザ・フー「セル・アウト」

今日の1枚はザ・フーの「セル・アウト」。 ジャケがロック! アルバムの内容はロック・オペラ的で英語がわからないとちと難解。 (もちろんわからないw 歌詞カード付をぜひ) https://youtu.be/yTOngJ5moD0
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロイ・ウッド「ボールダーズ」「マスタード」

今日のアナログレコードは、ザ・ムーヴ→ELO→ウィザードとバンドを渡り歩いた 英国ポップ界の鬼才、ロイ・ウッドの1stソロアルバム「ボールダーズ」。 少しマニアックですが大好きなアーティストです。 ホーンまで含めてすべての楽器を一人で演奏し、ジャケのイラストまで手掛ける元祖マルチプレイヤー。 いかにも英国らしい紅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エレクトリック・ライト・オーケストラ「アウト・オブ・ザ・ブルー」

ELO全盛期のストリング・アレンジを担当していたルイス・クラーク氏が死去したとのニュースを聴いて、「アウト・オブ・ザ・ブルー」のアナログ盤を引っ張り出してきました。 ELOといえば甘美なメロディと流麗なストリングスがキモだったので、ジェフ・リンにとってもさぞ心強い存在だったかと思います。 特にバキバキに弦のアレンジが決ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エリック・クラプトン「スローハンド・アット・70 - エリック・クラプトン・ライヴ・アット・ザ・ロイヤル・アルバー…

今日の1枚は珍しく映像作品。 ギターのうまい爺さん・エリック・クラプトンの(←大ファンです)、 70歳の誕生日の記念に行われた2015年のロイヤル・アルバート・ホールでのライヴです。 ブルーレイ1枚、CD2枚、おまけDVDが1枚ついた豪華版ですよ。 後ろに亡霊のように映るのはドラムのスティーヴ・ガッド(←彼も大フ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロッド・スチュワート「明日へのキック・オフ」

アナログレコードも1枚。 ロッド・スチュワートの「明日へのキック・オフ」。 ロッドってそれほど好きではなくて、ソロアルバムは1枚もCD持ってない。 (ジェフ・ベック・グループとフェイセズは全部持ってるけど) しかしこのアルバムの「ホット・レッグス」のカーマイン・アピスのドラムが好き過ぎて、これだけはレコードで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロキシー・ミュージック「サイレン」

Kさんとロキシー・ミュージックの話題で盛り上がってしまったので、今日の1枚はロキシー。 残念ながら「アヴァロン」のアナログ盤は持ってないので「サイレン」です。 ジャケットはミック・ジャガーの元妻でスーパーモデルのジェリー・ホール。美しい・・・。 収録曲では「恋はドラッグ」が有名ですが、私は「シー・セルズ」が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エレクトリック・ライト・オーケストラ「オーロラの救世主」

今日もアナログレコード。 ELOの「A NEW WORLD RECORD」 邦題は「オーロラの救世主」。 これも凄い邦題。 代表曲「テレフォン・ライン」、「哀愁のロッカリア」収録。 美メロが渋滞を起こしている名作アルバムです! https://youtu.be/77R1Wp6Y_5Y htt…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デヴィッド・ボウイ「ヤング・アメリカン」

ボウイをリアルタイムで聴いたのは83年の「レッツ・ダンス」以降ですが、 90年代に入ってボウイの旧譜カタログがCDで再発開始した時、 最初に買ったのがこの「ヤング・アメリカン」なので特に思い出深いアルバムです。 当時聴きまくったなあ。 宮沢りえが「Fame」を「Game」としてカヴァーしてたの覚えてます?(笑) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デヴィッド・ボウイ「アラジン・セイン」

あれから5年、早いなあ。 今日はデヴィッド・ボウイの命日。 ボウイしか聴いてはいけない日です(笑)。 せっかくなのでアナログレコードで。 この「アラジン・セイン」は、「ジギー・スターダスト」に続いて発売されたグラム・ロック期を代表する73年作品。 こんなメイクが似合うのはボウイぐらいです。 「ジー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デヴィッド・ボウイ「ステージ」

昨日はボウイの誕生日で、明日はボウイの命日。 今日の1枚はデヴィッド・ボウイの「ステージ」。 ベルリン時代の「ロウ」「ヒーローズ」を出した後の1978年のライヴ。 選曲がすこぶる良い! https://youtu.be/2OYMpfVS0MQ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10cc「オリジナル・サウンドトラック」

今年初の中古レコード堀りに行ってきました。 5枚ぐらい買った中の1枚、10ccの「オリジナル・サウンドトラック」。 もちろんCDは持ってますが、レコードでこそ際立つサウンドだよなあと前から思っていたので買っちゃった。 やっぱり最高! https://youtu.be/q9MQYdqbWD8
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴァン・モリソン「ムーンダンス」

今夜は満月ですね。 11月の満月はアメリカで「ビーバー・ムーン」と呼ばれるそうです。 以前、9月の満月「ハーヴェスト・ムーン」の日にニール・ヤングの同名曲を紹介したので、 今日も「月」にちなんだお気に入りの3曲をご紹介。 まずは、ヴァン・モリソンの「ムーンダンス」。 ジャジーなフォービートにのってヴァンの静…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クイーン「シアー・ハート・アタック」

11月24日、フレディの命日には必ずクイーンを聴く。 今年はサード・アルバム、「シアー・ハート・アタック」から「リロイ・ブラウン」をチョイス。 すっごくフレディらしい曲なんだよな~。 https://youtu.be/NRh-mn3Dnt8 これがライヴだとコーラスワークが再現できないのでブライアンのギターが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エリック・クラプトン「ピルグリム」

今日の寝入りの1枚はエリック・クラプトンの「ピルグリム」。 貞本義行デザインのジャケットは当時「なんか違う」と思ったけど、今ではこれもアリと思ってます。 このアルバムが出た1998年当時、岐阜県恵那市に単身赴任しており(新婚なのに)、下宿の部屋で寂しく聴いていたのを思い出す笑。 あと、このアルバムは催眠効果が凄い。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more