テーマ:ブルーズ

ロック名盤・定番 補完計画「ザ・ベスト・オブ・リトル・ウォルター」

「ロック名盤・定番 補完計画」今日の1枚はリトル・ウォルターの「ザ・ベスト・オブ・リトル・ウォルター」です。 ロック名盤というよりブルースの名盤であり大定番ですね。 でも後のロックに与えた影響は多大なものがある。 特に大きく影響を受けたのは若きストーンズのメンバー。 キースは彼の大ファンを公言しているし、ミッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ハウンド・ドッグ・テイラー&ザ・ハウスロッカーズ」

今日の1枚は、「ハウンド・ドッグ・テイラー&ザ・ハウスロッカーズ」。 ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョンにも多大な影響を与えた、 歪んだスライド・ギターが唸りをあげる爆裂ブルース! そしてカッコええジャケ。 このギターのペグから無造作に弦が飛び出してる感じがいいんだよね。 https://yo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロバート・ジョンソン「KING OF THE DELTA BLUES SINGERS」

大学2年の次女が突然彼氏を家に連れてきた! 「挨拶する?」と聞いたが「いい」というので会ってない(笑)。 長女もがんばれ! 心のBGMはロバート・ジョンソン。 追記:あとで知ったがなんとこの日は偶然にもロバート・ジョンソンの命日だった! https://youtu.be/tpQveYHX-rc
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーティス・ラッシュ「ダブル・トラブル」

今日はブルース・モードですね。 ロバート・クレイの大先輩オーティス・ラッシュ、全盛期にあたる1956~58年のコブラ録音です。 モダン・ブルース界では3大キングに並ぶ重要人物。 英米のブルース・ロック勢に与えた影響も甚大で、ツェッペリンやクラプトンなど多数のアーティストに楽曲をカヴァーされています。 「ダブル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルバート・キング「キング・オブ・ザ・ブルース・ギター」

フレディ、BB、ときたら、アルバートも紹介せねばなりますまい。 ブルース界の3大キングの中でも、大男で重厚かつ豪放なイメージ。 サウスポーで、右利きの用のフライングVを弦を張り替えずそのままひっくり返して弾いているのも凄い。 つまり一番上が1弦で一番下が6弦。 だからほとんどがチョーク・ダウンになる(笑)。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

B.B.キング「WHY I SING THE BLUES」

昨日に引き続き、おうちでブルース。 昨日はフレディ・キングだったので、今日はBB。 2人のスタイルの違いを聴き比べるのも楽しい。 代表曲「スリル・イズ・ゴーン」収録のスタジオ盤。 しかし、いいジャケだなあ・・・。 https://youtu.be/kpC69qIe02E
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フレディ・キング「GETTING READY...」

先日ブルースのアナログ盤が聴ける飲み屋に連れてってもらう予定だったのですが叶わなかったので、おうちでブルース。 フレディ・キングって実は3大キングの中でエリック・クラプトンに一番影響を与えている。 例えばBBのギターはホーンみたいなファットで温かい音がするんだけど、フレディのギターの音色は乾いた「カッキーン」って音がする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーティス・ラッシュ「ライト・プレイス、ロング・タイム」

今日もブルースで攻めます。 シカゴ・ブルース三羽烏といえば、 マジック・サム、バディ・ガイ、そしてオーティス・ラッシュ! この「ライト・プレイス、ロング・タイム」は、ジャケットがまるで映画のポスターのようにキマってる。 ラッシュは歌もいいけどやはりギターの人という印象。 クラプトンもジェフ・ベックも憧れた伸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライトニン・ホプキンス「テキサス・ブルース・マン」

今夜の1枚もブルースで攻めます。 ライトニン・ホプキンスの「テキサス・ブルース・マン」。 南部のブルースマンでは一番好きな人。 ジャケもいいですね~。 後ろの子供もいい! 自分も30過ぎまで部屋で煙草プカプカ吸ってたので、CDのケースがちょっと黄ばんでますね(笑)。 https://youtu.be/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハウリン・ウルフ「ザ・ロンドン・ハウリン・ウルフ・セッションズ」

今夜の1枚は久々にブルースを。 ハウリン・ウルフのロンドン・セッション。 バックバンドが、エリック・クラプトン、スティーヴ・ウィンウッド、ビル・ワイマン、チャーリー・ワッツという、 ウルフを慕うスーパー・バンドなので、泥臭ブルースというより洗練されたブルース・ロックかな。 ジャケもずいぶんとお洒落なイメージ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロバート・ジョンソン「キング・オブ・ザ・デルタ・ブルース・シンガーズ」

今日のウィスキーのお供はロバート・ジョンソンの「キング・オブ・ザ・デルタ・ブルース・シンガーズ」。 このギター・テクが手に入るなら、クロスロードで悪魔と取引しても構わないと思わせる、鬼気迫る録音が満載。 他のブルース・アルバムのようにリラックスして聴けません。 聴き手に緊張感を強いるので万人受けはしないけど、まさに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エルモア・ジェイムス「The Sky Is Crying : The History of Elmore Jame…

調子に乗ってブルースもう1枚。 さらにエグいエルモア・ジェイムス。 「ウガガ、ウガガ、ウガガッ」という3連のボトルネック・スタイルで押しまくる。 初期フリートウッド・マックに在籍したジェレミー・スペンサーは、まるでエルモアが憑依したような狂気の完コピ・プレイで有名。 https://youtu.be/F8Gw…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

追悼オーティス・ラッシュ

朝から追悼でオーティス・ラッシュ三昧。 これは50年代の全盛期、コブラというレーベルに残した録音を、イギリスのチャーリーというレコード会社がライセンス取って出したCD。 日本だとPヴァインからコブラ録音が出てます。 「オール・ユア・ラヴ」「ダブル・トラブル」「アイ・キャント・クイット・ユー」など、後の英ブルース・ロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マディ・ウォーターズ「ベスト・オブ・マディ・ウォーターズ」

ヤバイぐらい暑かった今年の夏も過ぎ去り、音楽をじっくり楽しむにはよい季節になってきましたね。 今日はシカゴ・ブルースの重鎮、マディ・ウォーターズのアルバムを聴いてます。 直訳すると泥水。 ちなみに東京がNY、大阪がLAなら名古屋はシカゴだと思ってます(笑)。 https://youtu.be/OuWNbEtV…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルバート・キング「キング・オブ・ザ・ブルース・ギター」

今日の寝入りの1枚はアルバート・キングのスタックス時代のベスト盤。 ブッカーT&MGズとメンフィス・ホーンズの安定したバッキングに支えられ、 豪腕でチョーキングしまくる姿はまさに突き押しのみで頂点まで登り詰めた西の正横綱。 ちなみに多彩な技を持つ東の正横綱はBBキングか。 歌声も奔放かつソウルフル。 ブルー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バディ・ガイ「 I Was Walking Through The Woods」

今日7月30日はブルース・ギタリスト、バディ・ガイの81歳の誕生日だそうな。 バディおめ 未だ現役バリバリ、まさにレジェンド。 若い頃のこのアルバムは名曲名演めじろ押しでカッコいいです! https://youtu.be/rcPlvhIodMI
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バディ・ガイ「ストーン・クレイジー」

オザケンの「流動体」、買ってからもう30回ぐらい聴いてる。 さすがにひと休み。 でも興奮して寝れないので、またブルースのCD聴いて落ち着こうと思ったら、チョイスを間違えた。 これはアカンやつや。 暴走し過ぎでめっちゃ危なっかしい。 よけい眠れん! https://youtu.be/0fnkHqq2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仕事する男の顔です。フレディ・キング「ゲッティング・レディ」

今夜のBGM・・・FREDDIE KING / GETTING READY… ブラリ入ったアスナル金山のバナナレコードの中古CD新入荷コーナーで、ジャケットに惹かれて購入。いきなり名古屋限定ネタですみません。ちなみに最近金山駅から電車通勤なので仕事帰りはここかサウンドベイ金山店あたりをウロウロしたり、金山界隈のバーで一人酔っ払…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真夏の昼間っからジョニー・ウィンター関連を2連発。

今夜のBGM・・・ JOHNNY WINTER / NOTHIN’ BUT THE BLUES 日曜の朝っぱらから暑苦しいの聴いてます。だって暑いんだもん! なんだこの暑さは。関東って梅雨明けしたの?東海は?まだなの?いやこれ明けてるでしょ、絶対。家の中ぐるっと掃除機かけただけで汗だくになってしまったぞ。 下の…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

エリック・クラプトンの「クロスローズ」変遷の歴史。

今夜のBGM・・・ ROBERT JOHNSON / THE COMPLETE RECORDINGS なんで今、ロバート・ジョンソンかというと、10月に来日するトッド・ラングレンがロバート・ジョンソンをカヴァーしてギター弾きまくる・・・という情報が入っているので。トッドには似合わないけど、まあトッド好きとしては観にいこうと思っ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

シカゴ・ブルース入門編にして一生モン、サニー・ボーイの「ダウン・アンド・アウト・ブルース」

今夜のBGM・・・ SONNY BOY WILLIAMSON / DOWN AND OUT BLUES 若い頃は、このジャケのような生活だけはしたくないと思ったものですが、最近ではこうなっちゃったらいっそ楽かも・・・という気持ちがふと頭をもたげてくる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。 なにしろ、ブルースという言葉…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジョニー・ウィンターの熱血ブルース・コンピレーション。

今夜のBGM・・・ JOHNNY WINTER / DELUXE EDITION 酒も飲まずに水飲んで、バカみたいにビリーズ・ブートキャンプばっかりやってる健康オタク、カナと申します。水道橋博士か! ・・・さて、健康的生活とは対極にあるロケンローな世界においても、ガリガリなのにあえて上半身裸になって、アルビノの白い肌…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ブルース入門にも最適な、最強コンビの最高傑作。

今夜のBGM・・・ JUNIOR WELLS / HOODOO MAN BLUES たまにはブルースのアルバムをとりあげよう。 ハープのジュニア・ウェルズとギターのバディ・ガイのコンビは、シカゴの生んだ世界最強タッグチームの1つだ。 ソロ作品やライブでのバディ・ガイは、ジミヘンにも影響を与えたという派手なステー…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

カラッと明るいオーティス・ラッシュってどうなん?

今夜のBGM・・・ OTIS RUSH / RIGHT PLACE, WRONG TIME 「♪きょ~おも元気にドカンを決めたらヨ~ラン背負ってリーゼントッあそれっ・・・・」 つーわけで、銀蝿も真っ青なリーゼント姿がえらくカッチョイイ、オーティス・ラッシュの「ライト・プレイス、ロング・タイム」の登場であり…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

もしブルースマンになれるなら、エルモアになりたい。

今夜のBGM・・・ ELMORE JAMES / THE SKY IS CRYING:The History Of Elmore James 年明け早々からブルース・モードにとちゅにゅう・・・、間違えた、突入しているわたくしカナでございます!別にブルース・ブラザーズを観たからってわけでもないのさ。おいらの心の中の深い悲しみ…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more