テーマ:ザ・フー

ザ・フー「全部並べるシリーズ」

所有しているCDを全部並べるシリーズ。今日はザ・フーです。 メンバー各々の我が強すぎて、バンドのアンサンブルはあまり感じられないけど(笑)、結果として誰にもマネできないハッチャけたサウンドを叩き出す。 ロックやなあ。 要となるのはやはりドラムのキース・ムーン。 リズム・キープすら無視したバタバタで手数の多いド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザ・フー「セル・アウト」

今日の1枚はザ・フーの「セル・アウト」。 ジャケがロック! アルバムの内容はロック・オペラ的で英語がわからないとちと難解。 (もちろんわからないw 歌詞カード付をぜひ) https://youtu.be/yTOngJ5moD0
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザ・フー「フーズ・ネクスト」

今日、8月14日は、ザ・フーの問答無用の最高傑作、「フーズ・ネクスト」が発売された日。 1971年生まれの同い年です(笑)。 「WON'T GET FOOLED AGAIN(無法の世界)」の、長い間奏の後、 7分45秒からのロジャー・ダルトリーの「イエーッ」は、ロック史上最もカッコいい「イエーッ」です。 http…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザ・フー「フー・アー・ユー」

今日の1枚はザ・フーの「フー・アー・ユー」。78年作品。 オリジナル・メンバーが揃ってのラスト作。 (このアルバム発表後、ドラムのキース・ムーンが死去。) 正直、全盛期の輝きはないけれど、80年代ロックのメインストリームを予見したシンセ・サウンドは独創的だし、曲も意外に粒ぞろい。 なにより、メンバー4人が揃った素…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザ・フー「WHO」

ザ・フーの新作、ずっと聴いてる。 サブスクで聴けるけどやっぱり円盤も買ってしまった。 だって結成55年のバンドが初めてバンド名をタイトルにしたアルバムを出したんだよ。 その自信たるや。 見よ、この悪そうな爺さん達を。 ほんまカッコいいな。 彼らがまだこれだけのものを作れるのだから、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザ・フー「トミー」

今日の寝入りの1枚はザ・フーの「トミー」です。 フーなんてやかましくて寝れないんじゃない? いやいや、この「トミー」だけはグッスリと眠れるんだな。 多分10分くらいで寝落ちします、いい意味で。 おやすみなさい。 https://youtu.be/MKdusyjiuvY
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月9日はロックの日(笑)

今夜のBGM・・・ THE WHO / QUADROPHENIA ・・・・・なんだって。さっきラジオで聞いて初めて知った。ロックの日つーからにはロックの記事書いとかなきゃマズいでしょ、やっぱ。 で、ロックの日と聞いて真っ先に思い出したのがザ・フー。ロックンロールといえばストーンズだしロックギタリストといえばジ…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

ザ・フー来日記念「ライヴ・アット・リーズ」・・・フーは怖いでござる?の巻

今夜のBGM・・・ THE WHO / LIVE AT LEEDS カナ「ザ・フーが来ますね。」 タク「来るね。」 カナ「武道館公演はほぼ即日完売で、追加公演も決まってるそうです。」 タク「凄いね。そもそも、日本人ってそんなにフーが好きだったっけ?」 カナ「(笑)まあ、少なくともビートルズ、ストーンズに…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

最初から4人のキャラが立ってるザ・フーの、黒いデビュー盤。

今夜のBGM・・・ THE WHO / MY GENERATION 意外にも「音楽酒場」史上・・・いまは「音楽酒場R」ですが(笑)、初登場なのが、ザ・フー。 ところで、どーでもいい話ですが、この間仕事してたら、店から電話がかかってきて、「ザ・バック・ホーン」という日本のバンドのバーコードラベル(店で出力してCDに貼り…
トラックバック:8
コメント:14

続きを読むread more