テーマ:リトル・フィート

リトル・フィート「全部並べるシリーズ」

所有しているCDを全部並べるシリーズ。今日はリトル・フィートです。 アメリカのロックバンドではザ・バンドとリトル・フィートが断トツに好きなのです。 (スティーリー・ダンは別格だけどバンドというよりユニットなので) フィートはジャケットからもわかるようにちょっと変態チックな所がいい。 すごく正統派なアメリカ南部サウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライフタイム・ベストアルバム22枚目。ライフタイム・ベストアルバム22枚目 リトル・フィート「ディキシー・チキン」

ライフタイム・ベストアルバム22枚目。 リトル・フィートの「ディキシー・チキン」。 これもメチャクチャよく聴いたアルバムだなあ。 ニューオーリンズ産の強烈にシンコペートするセカンドラインのリズム。 ローウェル・ジョージのキレッキレのスライド・ギターと味のあるヴォーカル。 そしてドラッギーな香りがするイカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ラスト・レコード・アルバム」といってもラストではない。

今夜のBGM・・・ LITTLE FEAT / THE LAST RECORD ALBUM リトル・フィートのアルバム・ジャケットは基本的に全部イカれてるけど、中でもこの「ラスト・レコード・アルバム」の豪快なイカレぽんち加減は群を抜く。間抜けっぷりが突き抜けてて爽快感すら覚える。なんでも、ネオン・パーク(ザッパの「いたち野郎」…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

鶏肉さえあれば生きてゆける。

今夜のBGM・・・ LITTLE FEAT / DIXIE CHICKEN タク「マスター、今日、アレある?」 カナ「アレ?ああ、今日はありますよ。」 タク「じゃあアレひとつ頂戴。」 カナ「はいよ。鶏手羽元のガンボ風煮込み、通称『ディキシー・チキン』ね。」 タク「コレコレ。ピリッとしてビールに会うんだよ…
トラックバック:2
コメント:10

続きを読むread more

70年代ロックに燦然と輝く巨星、リトル・フィート&ローウェル・ジョージ

今夜のBGM・・・ LOWELL GEORGE / THANKS I’LL EAT IT HERE リトル・フィートのCDを聴きながら、雑誌「LOST and FOUND vol.1 スライド・エリア!」(写真。リットー・ミュージック・ムック、1999年1月刊)を、パラパラと眺めていました。 ロック界で、スライド・ギター…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more