テーマ:マイルス・デイヴィス

マイルス・デイヴィス「クールの誕生」

私は大学生の時に、故・中山康樹さんのガイド本を手掛かりにしてマイルス・デイヴィスを聴き始めたのですが、その本の中でこの有名盤「クールの誕生」を酷評していたので(笑)、ずっと敬遠していて、つい最近中古CDで安かったのでようやく入手したのですが・・・ あれ、悪くない(笑)。 マイルスの作品の中では異色な部類に入るかも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイルス・デイヴィス「全部並べるシリーズ」

先日、ディランのCDを並べて写真を撮ったのが面白かったので、 今度はマイルス・デイビスのCDを並べてみました。(←ヒマか) この並びは発売日順ではなくレコーディング順です。 (中山康樹著「マイルスを聴け!」参照) 有名な作品は大体持ってると思うけど、個人的にはロック色が強くなる60年代後半以降の作品に特に興奮します。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイルス・デイヴィス「ビッチェズ・ブリュー」

チック・コリアはマイルス・デイヴィスの伝説的名盤「ビッチェズ・ブリュー」に参加して、サウンド作りに貢献している。 あのセッションに参加しているというだけでも憧れる。 レジェンド中のレジェンド!! 「ファラオズ・ダンス」の冒頭の不穏なエレピ、たまらない! https://youtu.be/ycSAGSO1AI0…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイルス・デイヴィス「オーラ」

今日の寝入りの1枚はマイルス・デイヴィスの「オーラ」。 割と酷評されることの多いアルバムなんだけど、個人的にはかなり好き。 マイルスは作曲・編曲には関与せず、いわゆる「カラオケ」にのせてトランペットを吹いてるだけなんだけど、マーカス・ミラーがオケを作った「TUTU」は名盤と呼ばれているのに、これは北欧の知名度の低い音楽家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイルス・デイヴィス「サムデイ・マイ・プリンス・ウィル・カム」

追悼、ジミー・コブ。ジャズのハード・バップ期を支えた名ドラマーが91歳で亡くなりました。合掌。 マイルス・デイヴィスのバンドにフィリー・ジョー・ジョーンズの後任として加入。 「カインド・オブ・ブルー」があまりにも有名ですが、私のお気に入りはこれ! 「サムデイ・マイ・プリンス・ウィル・カム」。 「白雪姫」の劇中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイルス・デイヴィス「マイルス~ザ・ニュー・マイルス・デイビス・クインテット

たまには50年代のマイルス・デイビスを聴いてみる。 多くの人がジャズと聞いて連想する「ハード・バップ」というスタイル。 聴きやすいのでジャズ初心者にもオススメ。 このアルバムは代表作ではないけど、50年代黄金クインテットが初めて揃った記念すべき作品。 全体的にあまり緊張感はなくユルい演奏だけど、マイル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライフタイム・ベストアルバム23枚目 マイルス・デイヴィス「ビッチェズ・ブリュー」

ライフタイム・ベストアルバム23枚目。 マイルス・デイヴィスのエレクトリック期の歴史的名盤「ビッチェズ・ブリュー」です。 マイルスの1940年代から1990年代までの全オリジナル・アルバムからどれか1作入れたい、全部聴いたわけではないけども、主要なものはほとんど持ってる、そんな中から、個人的にはアコースティックよりエレク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイルス・デイヴィス「マイルス・イン・ベルリン」

今日の寝入りの1枚。 最近またマイルスにハマってるなあ。 これは多分最初に買ったマイルスのCD「イン・ベルリン」。 なぜこれだったのかは覚えてないけどね~。 大学3年の頃かな。 当時はジャケのマイルスに憧れて煙草バンバン吸ってたのでプラケースが黄ばんでる。 もうやめて15年以上になるけども。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイルス・デイヴィス「TUTU」

今日の寝入りの1枚。 帝王マイルス・デイヴィスの晩年の傑作「TUTU」。 ベーシストのマーカス・ミラーが1人で作ったバックトラック(いわばカラオケ)にのって、マイルスがただひたすらトランペットにすべての感情を乗せて吹くことだけに専念した作品。 後にヒップホップのトラックをバックに吹いた「ドゥー・バップ」なんて凄まじ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「マイルス&モンク・アット・ニューポート」

今日の寝入りの1枚。 ジャケットを見て、マイルス・デイヴィスとセロニアス・モンクの競演盤かと思ったらさにあらず。 同じジャズフェスでのマイルスの1958年の演奏とモンクの1963年の演奏をカップリングした謎の作品。 しかしこのマイルスバンドの演奏は凄い。 なんせメンバーがジョン・コルトレーン、ビル・エヴァンス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイルス・デイヴィス「イン・コンサート」

マイルスデイビスのアルバム、特に60年代後半以降のエレクトリック作品は何度聴いても新しい発見があり全く飽きることがないのですが、その中でも特に凄いのが「オン・ザ・コーナー」。 もうジャズでもロックでもファンクでもなく、マイルス・ミュージックとしか言いようがない。 これを72年の時点で理解できた人はほぼいないと思う。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シリーズ「マイルスを聴く?」最凶のロック・アルバム「ライヴ・イヴル」。

今夜のBGM・・・ MILES DAVIS / LIVE EVIL 久々にシリーズ「マイルスを聴く?」。「聴け!」ではなく「聴く?」ですので。あの、無理にとは言いません。もし・・・お時間があるようでしたら、聴いてってください(←弱腰)。 マイルスの全アルバム中・・・・といっても全アルバム聴いたわけではないのだが、少なくと…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

マイルス、アコースティックからエレクトリックへの移行期の佳作「キリマン娘」。

今夜のBGM・・・ MILES DAVIS / FILLES DE KILIMANJARO マイルス・デイビス「キリマンジャロの娘」、略して「キリマン娘」聴いてます。(←そんな略し方はしない) 60年代中半、黄金のクインテット(マイルス、ウェイン・ショーター、ハービー・ハンコック、ロン・カーター、トニー・ウィリアムス…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

シリーズ「マイルスを聴く?」・・・お前は逮捕されている。

今夜のBGM・・・ MILES DAVIS / YOU'RE UNDER ARREST マイルスのアルバムを集め始めたのは大学1年生の時からだけど、この「ユア・アンダー・アレスト」はかなり最初の頃に買ったアルバム。まだマイルスは存命中でした。でも買った当時は良さがあんまりよくわからなかった。 いかにも80年代のペラい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「マイルスを聴く?」⑧・・・ ギクシャク・ファンクで脳みそグルグル

今夜のBGM・・・ MILES DAVIS / ON THE CORNER 忘れた頃にやってくる!連載企画「マイルスを聴く?」、半年ぶりの登場です(汗)。 そういや最近、NHKで菊地成孔が4回シリーズでマイルスの番組やってたのご覧になりました?「私のこだわり人物伝」だっけ?わたしゃ1回だけ見ました。というわけなので、東大…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

「マイルスを聴く?」⑦・・・ 久々の再開はこの超大作から!

今夜のBGM・・・ MILES DAVIS / BITCHES BREW 先日、マスターぷっきーから、 「マイルス祭りはどうなったんですか?」という厳しいツッコミがありました。 ・・・すみません、すっかり忘れてました。 前回から既に半年経ってしまいました(汗)。しかもアコースティック時代のマイルスは前回で…
トラックバック:1
コメント:14

続きを読むread more

「マイルスを聴く?」⑥・・・ ジャズ史上最強ドラマー、トニー・ウィリアムスの疾走感!

今夜のBGM・・・ MILES DAVIS / ’FOUR’ & MORE あー、びっくりした。 何故か唐突に再開される「マイルス祭り」なのだ! アコースティック時代のマイルス最強ライヴ盤、それがこれ「フォー&モア」だ!試聴はコチラ! あの「カインド・オブ・ブルー」収録の名曲①「ソー・ホワット」が…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「マイルスを聴く?」⑤・・・ モーダルなマイルスの最高峰、ミュートで死亡。

今夜のBGM・・・ MILES DAVIS / KIND OF BLUE リバティーンズ・ショック!!! ミック・ジョーンズの頭髪の衝撃から、いまだ立ち直れないわたし、カナです。 (くわしくは前回の記事のコメントを御覧下さい。) 明日から3泊4日の合宿研修に出かけるので、今週は更新できません。 ちょうどブルーな…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

「マイルスを聴く?」④・・・ 黄金メンバーによる「マイ・ファニー・バレンタイン」にむせび泣く。

今夜のBGM・・・ THE MILES DAVIS QUINTET / COOKIN’ ハード・バップ期のマイルスの活動を支えた黄金のメンバーといえば、レッド・ガーランド(p)、ポール・チェンバース(b)、フィリー・ジョー・ジョーンズ(ds)、そしてジョン・コルトレーン(ts)。 60年代の第2期黄金クインテット(ハービー・…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「マイルスを聴く?」③・・・ハード・バップの夜明けを告げる名作。

今夜のBGM・・・ MILES DAVIS / DIG 年代順にマイルスのオススメアルバムを紹介していくこの企画、第3回は、「クールの誕生」・・・はすっ飛ばして(笑)、ハード・バップの誕生を告げる名盤「ディグ」の登場です。試聴はコチラ! ハード・バップというのは、「ハードなビ・バップ」という意味ではなく「洗練されたビ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「マイルスを聴く?」②・・・マイルスの歴史をザクッと眺めてみる。

今夜のBGM・・・ CHARLIE PARKER / THE SAVOY RECORDINGS -MASTER TAKES- さて、「マイルスを聴く?」2回目にして、いきなりマイルスではなくチャーリー・パーカーのアルバムが出てきたのでズッコけた人もいるかと思います。 この企画では、マイルスの歴史をアルバムを通して辿ってい…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

「マイルスを聴く?」①・・・マイルスとの出会い編

今夜のBGM・・・ MILES DAVIS / STAR BOX 一番たくさん持っているCDは、フランク・ザッパだったかな?それともマイルスかな? フッとそう思って数えてみたら、タッチの差でマイルスの勝ちでした。 そうは言っても、膨大なマイルスのディスコグラフィーを、コンプリートしているわけでは全くあり…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

マイルスの超弩級ライヴ盤「アガルタ」「パンゲア」で今日の体調を計る。

今夜のBGM・・・ Miles Davis / AGHARTA このアルバムを聴いているということは、体調がいい証拠だ。 そんな聴くものの体調を問うほどのヴォリューム、そしてカロリーたっぷり。 キーワードはジミヘン、ファンカデリック、サンタナのサード・アルバム・・・。これらが好きな人なら必ずはまる、マイルス・デイヴィス…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

歯に響かないハード・ロック

今朝のBGM・・・ Miles Davis / A Tribute To Jack Johnson 昨日左下親知らずを抜歯。1時間以上診察台上で苦悶。先生に「今年一番の大物」と言われてしまった。さすがに昨日は酒抜き、おかげでこんなに早起きしちまったぜ。 今朝起きたら痛みはそれほどなく、思ったほど頬も腫れていない。調子試…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more