テーマ:エリック・クラプトン

映画「エリック・クラプトン ロックダウン・セッションズ」

映画「エリック・クラプトン ロックダウン・セッションズ」観てきました。 ドルビー・アトモスの音響が素晴らしい。 あまりの心地よさに何度かウトウト(笑)。 そして音楽とともに、ドローンによる空撮を多用した映像にも心惹かれる。 イギリスの田舎町の自然と古い建築物の息を飲む美しさ。 しかしこのギターの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エリック・クラプトン「全部並べるシリーズ」

所有しているCDを全部並べるシリーズ。今日はエリック・クラプトンです。 数年前に何枚か売ったので今はこんなもん。 クラプトンに対しては、大好きというのは恥ずかしい、 でも悪口を言われると腹が立つ(笑)、 そんな愛憎入り乱れる複雑な感情を持っています。 まあそれも愛の一つの形なんだろうな。 この中で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリーム「DISRAELI GEARS」

今日の1枚は、小学生ドラマーよよかちゃんに刺激されて、クリームの2ndです。 邦題は、「カラフル・クリーム」。 大学生の時、部屋で「Sunshine of Your Love」のギターを必死こいてコピーしてました(笑)。 人前で演奏する機会はありませんでしたが。 懐かしい。 https://youtu.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エリック・クラプトン「安息の地を求めて」

今日3月30日はエリック・クラプトン76歳の誕生日です! 個人的に愛憎入り乱れる複雑なクラプトンへの感情(笑)。 よくクラプトンの音楽を表現するワードとして「レイドバック」という言葉が使われますが、 私の解釈だとレイドバック=ゆるい、という意味。 その意味でクラプトンの全アルバム中最もゆるいのがコレ「安息の地を求…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エリック・クラプトン「スローハンド・アット・70 - エリック・クラプトン・ライヴ・アット・ザ・ロイヤル・アルバー…

今日の1枚は珍しく映像作品。 ギターのうまい爺さん・エリック・クラプトンの(←大ファンです)、 70歳の誕生日の記念に行われた2015年のロイヤル・アルバート・ホールでのライヴです。 ブルーレイ1枚、CD2枚、おまけDVDが1枚ついた豪華版ですよ。 後ろに亡霊のように映るのはドラムのスティーヴ・ガッド(←彼も大フ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エリック・クラプトン「ピルグリム」

今日の寝入りの1枚はエリック・クラプトンの「ピルグリム」。 貞本義行デザインのジャケットは当時「なんか違う」と思ったけど、今ではこれもアリと思ってます。 このアルバムが出た1998年当時、岐阜県恵那市に単身赴任しており(新婚なのに)、下宿の部屋で寂しく聴いていたのを思い出す笑。 あと、このアルバムは催眠効果が凄い。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デレク&ザ・ドミノス「いとしのレイラ」

1970年11月9日、デレク&ザ・ドミノスの、この狂おしいまでに切ない名盤が世に出されました。 今年で50歳。私より1年先輩です(笑)。 何十回、もしかしたら100回以上聴いたかも知れない作品ですが、今日もまた聴いています。 いいものはいつまで経ってもいい。 https://youtu.be/PMlmoLvR…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

追悼 ジンジャー・ベイカー

ジンジャー・ベイカー追悼で、クリームの「グッバイ・クリーム」を聴いています。 特に前半のライヴが凄い。 歌が終わった瞬間3人が殴り合いの喧嘩のように突っ走る! ジャケット中央のクラプトンの両脇を支えるジャック・ブルースとジンジャー・ベイカーが共に逝ってしまった。 クラプトンはまだまだ元気そうだけど100まで生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ジョーカー」

「ジョーカー」観てきた! なんか凄まじかった。 2時間しんどい話なのに引き込まれたのは演技力と映像の美しさ。 ラストは痛快感さえあるので、米国で警備が過剰になるのも頷ける。 感情移入が強すぎるとメンタルをやられる可能性もあるけど、全人類が1度は観た方がいいヤツだな。 音楽もよかった。 いい所で使わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エリック・クラプトン「ジャスト・ワン・ナイト~エリック・クラプトン・ライヴ・アット武道館」

エリック・クラプトンが武道館5DAYSで来日中ですね。 昨日の公演ではジョン・メイヤーが飛び入りして盛り上がったようです。 ちなみに今回の「レイラ」はエレキセット。 「令和~」の合唱は起こらなかった模様です(笑) クラプトンの武道館ライヴといえば80年リリースの「ジャスト・ワン・ナイト」。 私は参加でき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライフタイム・ベストアルバム34枚目 デレク&ザ・ドミノス「いとしのレイラ」

ライフタイム・ベストアルバム34枚目は、デレク&ザ・ドミノスの「いとしのレイラ」です。 これも死ぬほど思い出深いアルバム。 1990年の夏から年末まではこれしか聴いてなかったというぐらい。 原題は、「Layla And Other Assorted Love Songs」。 直訳すると「レイラと、その他、愛の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「エリック・クラプトン-12小節の人生ー」

明日、11月23日(祝)より、映画「エリック・クラプトン-12小節の人生ー」公開です! すでに「ボヘミアン・ラプソディ」を3回観て金欠状態ですが、これは借金してでも観に行きます! クラプトンのよさって言葉では説明しづらい。 ギタリストとしては物凄い天才なんですが、 ジミヘンほど神がかっているわけじゃな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリーム「Cream Classic Album Selection」

クリームの名盤4作品がサイケなBOXに入って2800円ちょいとはいい時代だ。 クリームのオリジナルはカセットテープで聴いてたのでCDはベスト盤しか持ってなかったのだ。 紙ジャケがキチンとダブルジャケット仕様。 願わくばWHEELS OF FIREのジャケが銀パク押しだったならば…。 内容はもちろん、音…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MTVロック検定受けます。

今夜のBGM・・・ERIC CLAPTON / 24 NIGHTS  ども、ご無沙汰しております。音楽酒場のマスター、カナです。 約2ヶ月半ぶりの更新です。こんなに長い間放置しておいたのは、ブログ開設して7年間で初めて。 今年の夏に職場の部署が変わって、直接音楽ソフトを扱う仕事とは関係なくなったのと、出張が増え…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

ジャズはジャズでもディキシーランド。マルサリスとクラプトンの共演盤。

今夜のBGM・・・ WYNTON MARSALIS & ERIC CLAPTON / PLAY THE BLUES 秋の夜長にシッポリとジャズでも・・・と思って聴くとイスから転げ落ちます。(実際に転げ落ちました。) ジャズといってもディキシーランド・ジャズです。都会的でアーバンでオサレでろまんちっくなジャズを想像して…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

エリック・クラプトンの「クロスローズ」変遷の歴史。

今夜のBGM・・・ ROBERT JOHNSON / THE COMPLETE RECORDINGS なんで今、ロバート・ジョンソンかというと、10月に来日するトッド・ラングレンがロバート・ジョンソンをカヴァーしてギター弾きまくる・・・という情報が入っているので。トッドには似合わないけど、まあトッド好きとしては観にいこうと思っ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

クラプトンのアンソロジーをドラムで聴く。

今夜のBGM・・・ ERIC CLAPTON / CROSSROADS ひさしぶりに、長期間「書けない」モードに入ってます。音楽聴いてないわけじゃないのに、ネタが思い浮かばない、またはネタを思いついても文章にできない。そもそも書きたいという欲求が湧き上がってこない。もしかしてこれがスランプってヤツですか?テンプルが撃てない矢吹…
トラックバック:1
コメント:14

続きを読むread more

名盤ではないけど、等身大の愛聴盤。クラプトン「レプタイル」。

今夜のBGM・・・ ERIC CLAPTON / REPTILE 名古屋の某中古CDショップのバーゲンコーナーを物色してたら、エリック・クラプトンの「レプタイル」を500円で発見。救出してあげました。って、自分持ってるやん!あのコーナーに並んでるのが可哀想で、見るに忍びなくて。日本盤で歌詞カードもキレイなのに500円ってこ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あなたのブログの第1回目に登場したアーティストは誰ですか?

今夜のBGM・・・ ERIC CLAPTON / UNPLUGGED 功罪あわせ持つアルバム、エリック・クラプトンの「アンプラグド」。 「功」は爆発的に売れたことでクラプトンに自信とやる気をもたらし、90年代以降の精力的な活動を続けるモチベーションの源泉となったこと。 「罪」はその後の安易なアンプラグド・ブ…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

来年3月に出るクラプトン自叙伝のサウンドトラックとして。

今夜のBGM・・・ ERIC CLAPTON / COMPLETE CLAPTON またベスト盤か・・・と正直思います。が、今回のは英米で10月に発売された、クラプトン初の自叙伝のサウンドトラックとして、それなりに意味はあるのかと思います。キャリアを通して年代順に収録されたベストは初めてだしね。 ちなみに自叙伝の日本…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

来日公演直前!ライヴでのクラプトン本命盤。

今夜のBGM・・・ ERIC CLAPTON / E.C. WAS HERE いよいよ今週の土曜日に迫ってきたE.C.のライヴ。実は今回、JTさんのご好意に甘えまして、チケット取ってもらいました。JTさん、改めてありがとうございます。 さて、クリーム時代に文句をつけ、挙句の果てに「ピルグリム」なんていう中庸なアルバム…
トラックバック:1
コメント:12

続きを読むread more

貞本ジャケにどひゃー!クラプトン近年の大傑作。

今夜のBGM・・・ ERIC CLAPTON / PILGRIM 先回のクリームからガラッと変わって、わりと最近のクラプトンのオリジナル・アルバムから、わたしの大好きな「ピルグリム」を今日は取り上げましょう。試聴はコチラ! いやーでもクリーム好きじゃないって言っといて、これ好きだなんて言ったらコアなクラプトンファンの…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

わたしとクリームの微妙な関係?

今夜のBGM・・・ CREAM / THE VERY BEST OF CREAM 「くりいむ」とひらがなで書くとなんか可愛い。「くりいむしちゅー」より「くりいむれもん」を思い出すわたしは断じてロリではない。 というわけで(どういうわけ?)、音楽酒場、初登場!クリームのアルバムだ・・・・と思ったら、あちゃ~ベスト盤だよ…
トラックバック:6
コメント:14

続きを読むread more

祝301回!「音楽酒場」好きなバックナンバー、ベスト10!

今夜のBGM・・・ ERIC CLAPTON / 461 OCEAN BOULEVARD 皆さん、こんばんは。蒸し暑い夜ですね。わたしの部屋にはエアコンはありませんので、さっき押入れから扇風機を出して、かなり快適になりました。 さて、過去に101回目、201回目の記事の時は、記事ごとのアクセス数が表示されるウェブリブ…
トラックバック:2
コメント:8

続きを読むread more

EC、還暦にして、パパの喜びを知る。

今夜のBGM・・・ ERIC CLAPTON / BACK HOME うぉー、ストーンズの新譜が今日、入荷したー! しかし、国内盤のCCCDは買わないと心に誓ったわたし。買いたい心をグッと抑えて、週末に輸入盤を買いにいくとします。 ちなみに、試聴機で休憩時間中ずっと聴いていたのですが、今回はイイ!しかしレポートは週…
トラックバック:5
コメント:19

続きを読むread more

「レイラと、その他色とりどりのラヴ・ソング」というタイトルのアルバム。

今夜のBGM・・・ DEREK AND THE DOMINOS / LAYLA and other assorted love songs いまさら、こんな超有名盤の登場でスミマセン。 このアルバム、もう一生分聴いてしまったような気がして、最近はなかなか取り出す機会も少なくなってましたが、ちょっとしたキッカケがあって、今…
トラックバック:8
コメント:20

続きを読むread more