プリンプリン物語、いや石川ひとみが好きだ。

B0002Q2LIG.09.LZZZZZZZ.jpg
今夜のBGM・・・ 石川ひとみ他 / プリンプリン物語ソングブック

・・・ついに書いてしまった。書くまいと心に決めていたのに・・・まあ、いいか。

えー、前にも書いたんですが、わたしの永遠のアイドルは石川ひとみさんです。
すべての始まりはこの「プリンプリン物語」でした。

小学校時代、学校から帰って夕方の楽しみといえばこのNHKの人形劇。主役のプリンプリンの声をやっていたのが石川ひとみでした。ちょうどその頃、「まちぶせ」の大ヒットがあって、「ザ・ベストテン」を毎週欠かさずチェックしていたわたしは、曲のよさ(荒井由美・作、松任谷正隆・編)と同時にその歌唱力とキュートなルックスに幼いながらも大きなショックを受けたのです。恋に堕ちてしまったわけですね(笑)。

しかし番組の放送が終わり、彼女も次第にテレビから姿を消していくにつれ、わたしの彼女への想いも薄れていきました。(そのころ彼女の方は肝炎と闘っていおられたわけですが。)

それから10ウン年、歌のおねえさん的スタイルで地道に活動を続ける彼女の存在を知りました。
昔と変わらぬキュートさを維持しながらも、人生の深みをたたえてさらに磨きのかかった歌声。
たまたま近所で彼女の生の歌を聴けるイベントがあることを知り、いてもたってもいられなくなって、会社を抜け出して観に行きましたとも(笑)。それ以来彼女への恋心が再燃してしまったのでした・・・

そんなことは皆さんどーでもいいでしょうが、それを抜きにしてもこのアルバムは凄い!当時から歌のインパクトには凄いものがあり、よく口ずさんでいたものですが、今聴くとこれはほとんどサイケですね。頭クラクラします。特に当時番組を見ていた人にはぜひ聴いてもらいたいですね。

「アクタ共和国国家」(軍歌)、「バルンバ帝国国家」(サンバ)、「世界お金持ちクラブの歌」(タンゴ)といったおなじみの?歌はもちろん、「名付けうた」のめくるめくワールドミュージック的展開、「はべれけれ」で炸裂するつぼイノリオのブルーズ魂、「宇宙人てどんな人」はテクノポップ。そして「わたしのそこく」は石川ひとみの持ち歌のなかでも泣きのメロディーが秀逸な屈指の名曲。

ほーら聴きたくなってきたでしょ?

石川ひとみオフィシャルサイト







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

JT
2006年06月29日 23:00
当時、高校生でしたが、たまーに見てました。あるとこ中央テレビ、略して「ある中テレビ」のアナウンサー役の声でつボイノリオさんが出ていましたね。

世代的にはNHKの人形劇では「ネコじゃら市の11人」がはまっていました。

この記事へのトラックバック

  • カナダからの手紙

    Excerpt: らぶれたーふろむかなだー、ハイぷくちゃんです。カナさんからの疑問を記事にしました Weblog: eclipse的な独り言 racked: 2005-08-26 18:43
  • 石川ひとみ-まちぶせ

    Excerpt: 今回も古いお話なので30代以上じゃないと 話についてこれないかも。。。 朝いつものごとく起きてシャワーを浴びていたら、 どこからともなく懐かしいメロディーが・・・ ♪夕暮れの街角 のぞ.. Weblog: 気になる人。気になること。 racked: 2005-09-02 00:58
  • プリンプリン物語 ソング・ブック

    Excerpt:  1979年4月2日から1982年3月19日までNHK総合テレビで放送された人形劇で、これは番組で使われた主題歌・劇中歌を収めたアルバム。 Weblog: 君らしく 僕らしく・・・そして、私らしく racked: 2008-07-13 22:07