音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS カントリー・ロックへの道を開いたバーズの異色作

<<   作成日時 : 2005/08/08 04:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 8 / コメント 30

画像
今夜のBGM・・・ THE BYRDS / SWEETHEART OF THE RODEO

こんばんは。ここ名古屋は今夜も熱帯夜です。

この暑さの中で、よく万博のパビリオン前で何時間も並んでられるなー、とニュースを見て感心?しつつ、こちらは昼からビール飲んで、こんなアルバムを聴きながら1日ダラダラ過ごしました。

はい、それがザ・バーズ「ロデオの恋人」です。これはわたしの中ではとっても大切なアルバムなのです。それまでなんとなく「保守的なアメリカ白人」のイメージがあって敬遠していたカントリー音楽が、このアルバムによってOKなジャンルになったんですから。

もともと、ストーンズが好きだったわたしは、例えば「スティッキー・フィンガーズ」収録の「ワイルド・ホーシズ」や、「デッド・フラワーズ」、「メインストリートのならず者」収録の「スウィート・ヴァージニア」が大好きだったので、カントリーが好きになる要素は十分あったのだと思います。

かといってバーズの音楽自体は、「ミスター・タンブリン・マン」や「ターン!ターン!ターン!」などの数曲を除いて、それほど大好きというわけではありませんでした。この「ロデオ」のCDも、たまたま中古で破格値で売ってるのを見つけて、軽い気持ちで買ったのですが、聴いてみてびっくり。

カントリーに影響されたサウンドになっている、というのは何となく知識として知っていたのですが、これカントリーそのものじゃないですか!まあGやJなどにそれまでのバーズらしさは残っているのですが、あとは曲、演奏ともすべて「どカントリー」。

最初はさすがに「ゲッ」と思ったのですが、聴き進んでいくと意外に違和感がなく、それどころかどんどん心地よくなってくるではありませんか。

やはりストーンズの曲によって免疫が付いてて、下地は出来上がってたんでしょうね。

もっとも、バーズのロジャー・マッギンにとっては、ひょいっと入ってきたグラム・パーソンズに結果的にバンドを乗っ取られてしまったという、情けないアルバムだったことでしょう。しかもグラムはこのアルバムで好き放題やった後、わずか5ヶ月で脱退、しかもメンバーのクリス・ヒルマンまで引き抜いて、すぐにフライング・ブリトー・ブラザーズを結成。カントリー・ロックの先駆者として名を馳せます。

残されたマッギン/バーズの方も、その後カントリー・ギターの名手クラレンス・ホワイトを正式加入させて、ずるずるとカントリー・ロック路線を引きずり、「(タイトルのないアルバム)」などの名盤を残しているので、どっちもどっちといったところでしょうか。

わたしといえば、「ロデオ」を聴いて以降、グラム関連のアルバムを追いかけて、今では彼はわたしにとってのアイドルの1人になってしまいました。また、カントリーと呼ばれる音楽にも、ホントに保守的なものからオルタナティヴなものまでいろいろあることや、エミルー・ハリスのような素晴らしいシンガー、ルシンダ・ウィリアムスやマリア・マッキー、ウィルコ、ジェイホークスなどの音楽を知ることができて、ほんとうにこの「ロデオの恋人」には感謝しています。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
THE BYRDS:MR.TAMBOURINE MAN
この60年代決定版アルバムとも言うべき作 ...続きを見る
美響乱
2005/08/08 20:19
http://ap.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb.do?newsid=0931...
いいのか悪いのかわかりませんが、引越しをしました。すこし反応が悪いというのと、別 ...続きを見る
eclipse的な独り言
2005/08/10 00:30
ザ・バーズはのたうち回っていた
グレイトフル・デッドやらオールマン・ブラザーズ・バンドやらにぶっ倒れるのと並行して、ザ・バーズの歩みが急速に気になっちゃったりしてる洋楽初心者の私を見て、ぜんさんが助言をくれました、「そういうことであればレコード・コレクターズ増刊の『アメリカン・ロックVOL2』を手に入れ、ザ・バーズの項を熟読するがよい」と。というわけで、中古で購入した該当図書をひもときつつ(従順だ)、アメリカン・ロック方面への旅を続けております。もー楽しくてやめられない〜ッ! ...続きを見る
月夜のドライブ
2005/08/11 10:06
ザ・バーズ [The Byrds]
バーズは、ディランに似た思索的な世界(=ロジャー・マッギンの世界)とロック、フォーク、カントリーの融合。これによってバーズは独自の世界観を形作っていったのでした。 ...続きを見る
聴いておきたいロック音楽の名盤BEST3...
2006/02/10 16:47
The Byrds / Sweetheart of The Rodeo
予定通りに、車の往来に支障を来たすような年度末の行事が多すぎで、いちいちかけられるストップの号令に心穏やかじゃない。 そんなときに(というかいつもだけどね)心を癒してくれるのは、ロック雑談でありんす。朝からカントリーロックで盛り上がること、少々。ただあ... ...続きを見る
season -the diary of...
2006/07/02 18:36
You Tube カントリー&西海岸ロック特集
マナサス 「Hide It So Deep」1972年か ...続きを見る
「好きになった」
2006/11/20 22:48
The Byrds 「Sweetheart of the Rodeo」(1968)
カントリーロックの源流となるアルバム ...続きを見る
音楽の杜
2007/12/09 15:27
フェラガモ 靴
カントリー・ロックへの道を開いたバーズの異色作 音楽酒場 since 2005/ウェブリブログ ...続きを見る
フェラガモ 靴
2013/07/04 04:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(30件)

内 容 ニックネーム/日時
わーいわーい、ブログ引越ししたら、カナさんのブログにトラックバックできました!はっ!でも知っている音楽が何もない・・・・
ぷくちゃん
2005/08/10 00:32
>ぷくさん
お引越し、おめでとうございます!
ぷくさん好みの音楽を取り上げて、いっぱいTBしてもらえるよう頑張ります(笑)。
リンク先のアドレスも変更しておきます。
カナ
2005/08/10 02:04
カナさん、はじめまして。moonlightdriveと申します。yoikoさんの「良い子の手紙」でお名前をお見かけして以来、ときどきこちらを覗かせていただいてました(同じウェブリブログという親近感もあり…)。すごくいろいろな音楽の広くて深いお話があって、楽しいBLOGですねー。私はずっと洋楽に疎い人生送ってきて今ごろになって開眼しつつあるところなので(笑)、またこちらでいろいろ勉強させてください。いきなりで恐縮ですが私がBYRDSにハマリかけてる状態の記事をTBさせていただきました。(「ロデオ」は未聴ですが、この記事でさらに聴くのが楽しみになりました。)またお邪魔いたします!
moonlightdrive
2005/08/11 10:18
>moonlightdriveさんへ
はじめまして。こんばんは。
いつもありがとうございます。
バーズやデッド、オールマン方面からハマっておられるようで、いきなりディープですね(笑)。
ブリティッシュ・ロックに詳しい方は多いですが、アメリカン・ロックの話を書くとガクッと反響が減ってしまうので、そっち方面に詳しい方が増えるのは嬉しい限りです。
また遊びに行かせてもらいますので、これからもよろしくお願いします。
カナ
2005/08/12 00:50
THE BYRDSのアルバムは音楽雑誌でどれほど酷評されようとも全て素晴らしいと思います。中でもこの『ロデオの恋人』はとりわけ好きで、レコード、CD、ボーナストラック入りCD、挙げ句の果てはレガシー・エディションまで購入してしまうほど魅了された作品です。グラム・パーソンズの少々不安定にも感じる歌い方も渋くて良いのですが、やはりロジャー・マッギンの個性と存在感が光っています。私は1979年にマッギン、クラーク&ヒルマンの大阪公演を見たのですが、ロジャーの勇姿は今でもよく憶えています。
バックストリート
2008/01/20 19:55
>バックストリートさんへ

ブログをやっていていつも思うのですが、後追い世代なりの視点で60年代、70年代のロックの良さを語ってるつもりですが、実際に体験してるリアルタイム派の方々の一言、一言の重みにくらべると説得力がぜんぜんないなあ、と思います。

でもこの音楽の素晴らしさは時代を超えて伝えていかなきゃと思ってます。
カナ
2008/01/22 04:35
カントリーやR&Rはアメリカ発祥です、イギリスにはありません。

2008/11/08 01:25
ラスト・ワルツも良いアルバムです(o^_^o)
まる
2009/05/01 23:07
>まるさん

こんばんは!
ラスト・ワルツも大好きですよ!特にヴァン・モリソンの登場シーンは素晴らしいと思います。
カナ
2009/05/02 03:04
はじめましてカナさん、おはようございます(^-^) まると言います、宜しくお願いしますm(_ _)m
バーズとバンド勘違いして、すみませんm(_ _)m
バーズのチェストナット・メアはクラレンス・ホワイトの12弦ギターが最高ですね(^-^)
まる
2009/05/02 07:52
カナさんへ
ストーンズの「スィート・バージニア」が好きなんでしたら、ロバート・ジョンソンなんかも良いですよ(古過ぎかなィ)
まる
2009/05/02 08:06
>まるさん

こちらこそヨロシクお願いします!
「チェスナット・メア」!「タイトルのないアルバム」は大好きですよ。最近聴いてないですが、久々に聴きたくなりました。
ロバート・ジョンソンの「コンプリート・レコーディングス」も持ってますが、ほとんど教養としてです(笑)。もう何年も聴いてませんね〜。あれ、黒人ブルースのアルバムとしては日本で一番売れたんじゃないでしょうか。
カナ
2009/05/03 02:56
一番売れたアルバムだったんですかゥ
知りませんでした(^^;)ストーンズも「ラブ・イン・ブェイン」をクレジットしていますよね(^-^)
まる
2009/05/03 06:32
>まるさん

多分、ストーンズとクラプトンのファンが皆買ったので売れたんでしょうね〜。
カナ
2009/05/04 06:45
そうゆう私も買いました(^^;)
まる
2009/05/04 09:03
バンドのアウト・オブ・ザ・ブルース最高です
歌詞がシブいです
まる
2009/06/16 21:48
>まるさん

バンド?ザ・バンドですか?すみません、その曲知りません(汗)。
カナ
2009/06/17 02:44
ザ・バンドの曲ですよ(^-^)
まる
2009/06/17 19:46
Wonderful blog! I found it while searching on Yahoo News.
Do you have any tips on how to get listed in Yahoo News?
I've been trying for a while but I never seem to get there!
Appreciate it
Leah
URL
2017/05/11 00:36
I am very happy to read this. This is the kind of manual that needs to be given and
not the random misinformation that's at the other blogs.
Appreciate your sharing this greatest doc.
Veola
URL
2017/06/24 20:42
Hey there, You have done an incredible job. I will definitely digg it and in my view
suggest to my friends. I am sure they will be benefited from this site.
Cole
URL
2017/06/27 05:29
For the reason that the admin of this website is working, no
doubt very quickly it will be well-known, due to
its quality contents.
Hannah
URL
2017/06/30 21:01
Hi, i read your blog occasionally and i own a similar
one and i was just curious if you get a lot of spam remarks?
If so how do you stop it, any plugin or anything you can recommend?
I get so much lately it's driving me insane so any help is
very much appreciated.
Ruth
URL
2017/07/15 20:12
I am extremely impressed with your writing skills and also
with the layout on your blog. Is this a paid theme or did you customize it yourself?
Either way keep up the nice quality writing, it is rare to see a nice blog like this one
nowadays.
Martin
URL
2019/05/03 19:39
I am not sure where you are getting your information, but
great topic. I needs to spend some time learning more or understanding more.

Thanks for fantastic info I was looking for this information for my
mission.
Shelton
URL
2019/05/07 16:46
Everything is very open with a very clear clarification of the challenges.
It was definitely informative. Your site is very useful.

Thanks for sharing!
Angie
URL
2019/05/08 09:57
Way cool! Some very valid points! I appreciate you writing this article and
the rest of the site is also very good.
Jody
URL
2019/05/31 07:38
That is very interesting, You are an excessively professional blogger.
I have joined your feed and sit up for in quest of extra of
your magnificent post. Additionally, I have shared your web site in my social networks
Darci
URL
2019/06/02 17:13
Post writing is also a excitement, if you know after that you can write otherwise it is difficult
to write.
Mohamed
URL
2019/06/06 19:22
Hi there, I read your blog daily. Your writing style is witty,
keep doing what you're doing!
Ciara
URL
2019/06/07 19:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
カントリー・ロックへの道を開いたバーズの異色作 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる