ピンク・フロイドのデビュー盤は、意外に乙女チック?

今夜のBGM・・・ PINK FLOYD / PINK FLOYD


秋深し となりはプログレ 聴く人ぞ  (字余り・・・)


食欲の秋、スポーツの秋、そしてプログレの秋ですね。

秋なのでプログレのアルバム比率を高くします、と宣言して、アモン・デュール、キース・ティペット、クラスターなんかを取り上げているうちに、なんだか寂しくなってしまい(笑:クラスターがいかんかった)、その反動で?「おねえちゃん祭り」に突入し、そして引越しによる休止・・・と、ちっともプログレのアルバム取り上げてないじゃないか!夜響さんも怒るで、しかし!

ということで、今日は久々に、ピンク・フロイドの登場です。

なんでも御三家、もしくは四天王にしてしまうのが好きなわたしですが、一般的に言えばプログレ御三家といえばやはり、ピンク・フロイドキング・クリムゾン、そしてイエスでしょーかね?四天王ならそこにジェネシスが入るのか?ELPか?
わたし個人的には、フロイドクリムゾンソフト・マシーン、そしてカンで四天王です。

そんなピンク・フロイドのアルバム、以前取り上げたのはベスト盤だったのですが、オリジナル・アルバムで人気が高いのはやはり「狂気」でしょうね。曲がいいし、比較的わかりやすいし。わたしも好きです。「」もデイヴ・ギルモアのスペイシー&ブルージーなギターがたっぷり楽しめるので好きです。オーケストラが入ってスケールの大きい「原子心母」は、昔うし年の年賀状用にデザインをパクったら誰も解ってくれませんでした。

しかし、今フロイドのアルバムで断然好きなのは、なんといってもこのデビュー・アルバム「夜明けの口笛吹き」です。ポップだし。短い曲多いし(笑)。しかし、このアルバムはプログレというよりはサイケデリックだし、収録曲は「狂ったダイヤモンド」ことシド・バレットの作品がほとんどですが、バレットがいるのはこのデビュー盤だけなので、純粋にフロイドのアルバムと言えるかというと相当怪しい。実質、シド・バレット&ヒズ・バンドといった感じでしょうか。

1曲目、「ASTRONOMY DOMINE(天の支配)」からバレット・ワールドに一気に引き込まれます。2曲目「LUCIFER SAM」でのギター・ポップ的展開は後のフロイドには見られないもの。この曲はもう、普通にカッコイイです。それでも相当変ですけどね(笑)。

そして、なんといってもトドメを刺されるのが、B面1曲目(CD7曲目)「INTERSTELLAR OVERDRIVE(星空のドライヴ)」。なんてロマンティックなタイトルなんだろう。うっとり。しかし演奏は恐ろしい。ほんとにこの曲かけて女の子とドライヴしたら、どうなることやら。ああ怖い。
このアルバム唯一の長尺曲ですが、この曲でのバレットのギターのカッコよさ!このフリーキーさといったら!ヘッドフォンで聴くと最後は脳みそグルグル。う~ん、本物の天才と狂人は紙一重というのはまさにこのことか。

必聴!必聴!です。

それからB面2曲目以降はバレットの歌モノ小品が続きます。彼と同じボヘミアンであるケヴィン・エアーズにも通じるちょっと乙女チックな?可愛らしい世界。(かといってこのアルバムを聴き込んでいる乙女というのもちょっと嫌だが。)

ということで、好きなアルバムですが、これ以上書くとボロが出るのでこの辺で。(もう出てるかも。)
なにしろ、フロイドにしろツェッペリンにしろ、めちゃくちゃ詳しく研究されてる方がいるので、中途半端なことを書くと後で恐ろしいことになりそうで怖いです。それでは。スチャッ!(と手を挙げてそそくさと逃げる。)




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2005年11月08日 21:15
こんばんは。

昔「原子心母」を聴いたときに「これつまんないわ」とバッサリ自分の中でフロイドは『ナシ』になったもののこの作品は別。
シドバレットがいるいないで全然違うバンドですね。たしかにフロイドらしくないポップさです。

とはいえやはりこれも異性に聴かせづらい作品ではアリマスね(笑)。

シドバレットの記事、TBさせていただきました。
カナ
2005年11月09日 02:10
>ヨーさん

そういえば、ヨーさんはシド・バレット好きだったんですよね。以前記事読ませていただいてました。

>異性に聴かせづらい作品ではアリマスね(笑)。

「キ○ガイ音楽」(by夜響さん)呼ばわりされるのがオチでしょうね。


ぷくちゃん
2005年11月09日 19:52
ああ、やっぱりシンプルに戻っていくカナさん。じつは私より年上・・・でもこのアルバム、本当に良いですよね。ポップでシンプルで、とっても好きです。今のこのブログの配色も好きです。
V.J.
2005年11月10日 00:49
カナさん、こんばんは。
プログレ嫌いを公言して憚らないV.J.です。
プログレ嫌いが好きなプログレBest1がこのアルバムです!(これは、サイケであり、プログレデハナイですか?)

今回の記事を拝見して、うぁ、ツボが近いなぁ~と思いました。
SOFTSの1stも大好きです。
クリムゾンも曲によっては好き。

P.S.会社で後輩の女史が会社のPCでAMON DUULのCDを聴いていたのを見た時、負けたと思いました…
カナ
2005年11月10日 02:43
>ぷくさん

じつはぷくさんより・・・というのは嘘で、ホントに年下です。
ブログの配色は、昔の自分の記事を読んでて「目が痛てえ」と思い、人にやさしくしてみました。読みやすいのが一番ですね。
カナ
2005年11月10日 02:50
>V.J.さん

プログレ嫌いというその気持ち、わかります。わたしも、様式化したプログレプログレした音(シンセが飛び交い、メロトロンの音がどうのこうの、というような)は嫌いです。
聴いて、「何?これ・・・」と絶句するような、こちらの理解の範囲を超越しているようなわけのわからない音楽(笑)こそ、本当のプログレッシヴな音楽と思ってます。ただメチャクチャやりゃいいってもんでもないんですが・・・。
yoiko
2006年02月02日 23:13
このジャケの記事どっかで見たと思ってTBしたかったんですけど、やっぱカナさんだったか…(笑)あぁぁ乙女チックとは!ちょっとその辺の解釈に無理やり救われました。シド・バレットにしてもケヴィン・エアーズにしても、やっぱりちょっと放っておけない魅力みたいなのはあるかも(やべー)原子心母年賀状なんてもらったら大感動ですけどねぇ…。
2006年02月03日 01:29
>yoikoさん

あ、まだありますよ、原子心母年賀状(笑)。確か余ったのがファイルに挟んであったような。良かったら出しましょうか?(←いらん)
丑年って今から何年前だっけ?もう10年近く前か・・・。まだパソコンが無かったのでプリントゴッコで作ったんですよ。懐かしいなあ。

乙女チックと書きながら、このアルバムを聴きこんでいる乙女はちょっといやだ、なんて書いてますね、わたし(汗)。失礼しました。本当は、そんな女子がいたらいいなという深層心理の願望の表れです。
t・s
2006年03月30日 02:34
はじめまして。

まだ美少年だったころのシドバレットですね。
脱退してソロでやってた頃もかっこいい!
しかし、その後隠遁してからは体重が100キロぐらいになってたそうです。
シドの演奏シーンを、とあるDVDで見たんですが100円ライターを弦に押し付けてスライドギターみたいにして演奏していました。

変なアルバムですが「はまったら最後」という感じですかな。

2006年04月02日 03:12
>t・sさん

こちらこそ、はじめまして。

100キロぐらいのシド・バレット、噂には聞いたことあります(笑)。

>まだ美少年だったころのシドバレット

確かに美しいですよね。このルックスの裏に狂気が潜んでいるというところにグッとくるファンがいまだに多いんでしょうね。

よろしければまた遊びに来てください。

evergreen
2006年07月15日 00:02
シド訃報から2日たち、最初そっか~と思ってたら、何だか、とっても気分が淋しくなり・・・
でも、有難う!って思えるようになりました。
フロイドの中でも、これは別物フロイド、すばらしいですよね!
おとめっちっくわかるな~・・・私は言うなら少年そのままだな~おとめちっくなのはウォーターズだとおもってるのですが・・
2006年07月15日 01:11
>evergreenさん

エヴァ姉どうも!

>おとめちっくなのはウォーターズ

なるほど~。その感覚は聴きこみの浅いわたしにはまだよくわかりませんが、もう一度フロイドの諸作を聴き込んでみたくなりました。
nonkey37
2006年09月25日 12:18
はじめまして。
TBさせていただきました。
このアルバムは聴く人によって好き嫌いがハッキリ分かれそうなアルバムですよね~
時代を超越したような世界観にハマると気持ちいいのですが、これを家で聴いていると家族から決まってクレームが来ます。特に「INTERSTELLAR OVERDRIVE」のあたりで・・・(笑)
2006年09月25日 23:08
>nonkey37さん

こちらこそはじめまして!

いきなり何の予備知識もなしにこのアルバム聴いて「いい!」って言う人がいたらちょっと危ないですよね(笑)。やっぱりあるていど修行を積んでからでないと。いくら修行を積んでもわからない人はわからないでしょうけど・・・。
家族からクレームが来るというのはよくわかります!わたしも同じくです。家じゃ肩身狭いですよね。


Namonaip
2010年01月15日 17:38
初めまして。

個人的には初期からAnimals辺りまでが僕のテイストです。
Atom Heart Mother だいぶ好きです。初めて聞いたときは衝撃でした。サイケクラシック的ロックとでも言いましょうか。ああいうのいつか描こうと決めています。まだ、やるには少し若いかな笑

Sydの曲は耳だけじゃなくて妄想とともに楽しめますよね。そこには映像がある。創られた曲って言うより心の叫びって感じもいい。訴えてきますよね。
彼から曲作りへのアイデアを得た他のメンバー達は、才能は十二分にあったので、後の作品にうまく活用できたんだろうと思っています。
INTERSTELLAR OVERDRIVEは、イントロのリフが頭に焼き付いて笑 最後にまたそこに戻ってくるのがまた、そそるんですよね。あの危ない香りがムンムンな感じがまた。。
音楽や芸術って期待を裏切られたときにこそ、一種の感動がありますよね。あー、こうきたかと。笑
こういう星空のドライブもあるよなって言う。
彼の演奏って妙な心地よさですよね。あー、わかるその気持ち、っていうかなんていうか。。



2010年01月17日 03:49
>Namonaipさん

はじめまして!はるばる海外からありがとうございます。アート方面の勉強をされているのですか?

>音楽や芸術って期待を裏切られたときにこそ、一種の感動がありますよね。

おっしゃるとおりです。予定調和的なものには安心感はありますけど新たな感動は得られにくいです。だから常に新しい未知のものをおっかけてるのだと思います。古い物でも自分が未見未聴のものなら未知の物ですからね。古いヴィンテージなロックには今のロックよりもそういうセンスオブワンダーがたくさん隠されているように思います。
Namonaip
2010年01月20日 17:08
>カナさん

メッセージありがとうございます。

大学で音楽を専攻してるのですが、そろそろ辞めようと思ってます。作曲、レコーディング真剣に始めたいと思ってまして。

ちなみに、ビートルズ抜きで選ぶとしたら、In the Court of the Crimson King が今までで一番の快感だったと思います。
2010年01月22日 04:07
>Namonaipさん

まとめてこちらに返信しますね。

>大学で音楽を専攻してるのですが、そろそろ辞めようと思ってます。作曲、レコーディング真剣に始めたいと思ってまして。

そうなんですか!?やっぱり大学は卒業するよりドロップアウトしてデビュー、という方がハクが付くのでしょうか。せっかくなので卒業した方が、と素人考えで思ってしまうのですが。しかしそれは是非、頑張って下さい!
「クリムゾン・キングの宮殿」は大好きですが、真面目に書くとマニアの方から細かいツッコミが入りそうなので、ちょっとオチャラケた感じで記事にしてます。
カナさん
2010年02月01日 04:02
大学は、卒業しようと思って通っていたんですが、あるときを境に、音楽にいくらでも打ち込めるようになったんです。三大欲求超えました。(おそらく)
好きでやってるっていう感覚から、音楽が人生っていう。真剣に没頭できるものが見つかったのがはじめてだったので、むしろ嬉しかったです。他のことやってても、音楽のこと考えちゃって集中できないんですよね笑

音楽を評価するのって難しいですよね。芸術の世界に「正しい」っていう概念は通用しないと思っています。評価する側の意見が食い違う作品ほど素晴らしいんじゃないでしょうか。素人の戯言ですかねこれって。苦 

あのおじさんが21世紀の精神異常者っていう読みは、いいとこついていると思います。いろんな憶測が飛び交うから面白いし、音楽の以前に、あのおじさんだけでも話題になっちゃう。巧みですね。
つちふまず
2012年03月20日 02:08
カナさん、こんばんわ。
初めてピンクフロイドを聴いてみましたが、これはどうも・・・。
何というかドアーズの1stとかアイアムザウォルラスの方がいいと思うんですよね。
確かに、プログレというよりはサイケなので僕の好きな線なんだけどなー。
あと一緒に借りたコーラルのバタフライハウスが良すぎて、それと比較してしまうのかも。

2012年03月21日 05:46
>つちふまずさん

こんばんは!確かに聴いてすぐにいいと思う音楽ではないかも知れません。個人的な経験でいうと、聴いてよくないと思う音楽にも2種類あって、これははっきりここが嫌いと自分で説明できる音楽と、何だかよくわからないけどイマイチ良さがわからないという音楽と2種あって、これがもし前者だったら早く売ってしまった方が傷が浅いと思うんです(笑)。でももし後者だったら、少なくともすぐには売らずに1年に1回でもいいから取り出して試しに聴いてみて下さい。音楽って年齢を重ねて経験を積んでくとまったく違って聴こえることがありますからね。ちなみにわたしはペットサウンズやザッパの良さがわかるまで10年ぐらいかかりました(笑)。

あと、こういったサイケ音楽ってできるだけ当時の環境を再現して聴くといいと思うんですが、ドラッグをキメることはできないと思うので(爆)、もしお酒が飲めるなら酩酊状態で大音量で聴くとか、お酒がダメなら例えば夜の高速道路で爆音で聴くとか。いつもと違った聴き方をしてみるというのもオススメです。ヘッドフォンで一生懸命細かくリスニングするのにはあまり向いてません。大音量の中に体を投げ出すように聴くのがポイントです。
2019年05月07日 22:24
If some one needs to be updated with newest technologies afterward he must be pay
a quick visit this web site and be up to date all the time.
2019年06月05日 09:20
For most up-to-date information you have to pay a
visit web and on world-wide-web I found this
site as a most excellent website for most up-to-date updates.
2019年06月07日 08:27
I just like the helpful information you provide for your articles.
I will bookmark your weblog and take a look at once more
right here regularly. I am rather sure I will be told
many new stuff right right here! Good luck
for the next!
2019年06月12日 12:40
We are a bunch of volunteers and starting a new scheme in our community.

Your website offered us with useful info to work on. You've performed
a formidable activity and our whole group will be thankful to you.
2019年06月23日 15:49
I'm really loving the theme/design of your website. Do you ever run into
any web browser compatibility problems? A number of my blog readers have complained about my site
not working correctly in Explorer but looks great in Opera.
Do you have any suggestions to help fix this issue?

この記事へのトラックバック

  • ピンク・フロイドでまったり通勤

    Excerpt: 今夜のBGM・・・ Pink Floyd / Echoes The Best Of Pink Floyd Weblog: 音楽酒場 racked: 2005-11-08 03:49
  • Syd Barrett 「The Madcap Laughs」(1970)

    Excerpt: 何もやる気のおきない気だるい夏の日。 Weblog: BLOGってハニー racked: 2005-11-08 21:09
  • Pink Floyd - The Piper At The Gates Of Dawn

    Excerpt:  ファーストアルバム論がちょっと気に入ってしまったので、もうちょっと続けたいなぁってトコロで、ピンクフロイドなんかも一つの方向性を明確にしたバンドとして語れるでしょう� Weblog: ロック好きの行き着く先は… racked: 2005-12-18 00:01
  • 炎 [Wish You Were Here] (アーティスト:Pink Floyd)

    Excerpt: あなたは誰? 炎~あなたがここにいてほしい~posted with amazlet on 06.01.13ピンク・フロ... Weblog: 聴いておきたいロック音楽の名盤BEST350 racked: 2006-01-14 20:00
  • その名は・・・

    Excerpt: フロイドは猛烈にハマりもせず、と言っても嫌いなワケでもなく。定番だから「夜明けの口笛吹き」と「原子心母」「狂気」くらいは持っておいても悪い気はしないってくらい。よって、全然詳しくないんですけどね。シド.. Weblog: 君が待つのは世界の良い子の手紙 racked: 2006-02-02 23:03
  • 追悼SYD・BARRETPINK FLOYD"The Piper At The Gates Of Dawn"

    Excerpt: PINK FLOYD "The Piper at the Gates of Dawn"1967年 私が、ピンク・フロイドを聞き始めたとき、彼はすでにそこにはいなかった.. Weblog: Iron Rosary racked: 2006-07-15 00:03
  • 【サンドバック企画】「曲がり角」な2枚

    Excerpt: V.J.はこのBlogの中で、「プログレ嫌い」、「フュージョン嫌い」を公言している。 そんなプログレ、フュージョンバンドになっちまった2グループを今日は【サンドバック】コメント覚悟でご紹介♪ あくまで.. Weblog: ヴァイナル☆ヂャンキーの趣味地獄篇 racked: 2006-07-15 08:46
  • ピンク・フロイド

    Excerpt: NO.00146 ピンク・フロイドの2枚組ベストアルバム『エコーズ~啓示』 まい・ふぇいばりっと・ミュージシャンは数え切れない程いるのですが、その中でも特にこのピンク・フロイドは別格ですね.. Weblog: まい・ふぇいばりっと・あるばむ racked: 2006-08-16 03:46
  • ピンク・フロイド 3

    Excerpt: NO.00345 ピンク・フロイドのデビューアルバム『夜明けの口笛吹き』 何と表現すれば良いのでしょうか。 このロック界のモンスター・バンドのデビューアルバムを。 “サイケ”“不思議”.. Weblog: まい・ふぇいばりっと・あるばむ racked: 2006-08-24 13:46
  • 夜明けの口笛吹き/Pink Floyd

    Excerpt: 夜明けの口笛吹き/Pink Floyd 久々の音楽ネタです(笑) LastFMには自分が聴いている音楽を集計してくれるAudio Scrobblerというプラグインがあるのですが、たまに自分の.. Weblog: Paradise City racked: 2006-09-25 11:28
  • ピンク・フロイド 4

    Excerpt: NO.00559 ピンク・フロイドの2枚組ライヴアルバム『光~PERFECT LIVE』 推薦しません。 このアルバムは、“プログレ”と言うジャンルを生み出した怪物バンド:ピンク・フロイ.. Weblog: まい・ふぇいばりっと・あるばむ racked: 2006-11-05 05:32